タイで有名な物語『ラーマキエン』

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!5

2019年8月9日

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーやワットプラケオに描かれている壁画ってどういう意味があるのだろう?何やらストーリー仕立てな感じだけど、一体、どんな話なの?そういえば、タイの古典舞踊演劇でも壁画に描かれていたような、お面をかぶっていた気がするけど、何か関係があるのかな?

 

こんな疑問に答えます♪

 

 ※ラーマキエンシリーズを読むのが初めての方はこちらのまとめ記事からご覧ください。

ラーマキエンシリーズまとめ記事

【ラーマキエン】知ってるとタイ人と仲良くなれる物語【まとめ】

全17記事にわたって詳細に「ラーマキエン」についてまとめてあります。

ラーマキエンについて知りたい方は必見です!

 

記事の内容

・タイ旅行前に知っておきたい壁画の物語『ラーマキエン』のストーリー

世界観崩壊バージョン!

ラーマキエンのお話はタイ人なら知っているのが常識と言うくらい、タイで有名な物語です。

またタイ旅行ではバンコクのワットポーやワットプラケオを観光で訪れる人が多いと思います。

そんなワットポーやワットプラケオなど、タイの寺院で頻繁に見かけることになる壁画の物語。

それが今回ご紹介する『ラーマキエン』です。

観光で寺院を訪れるほとんどのタイ旅行者は、壁画に描かれているものが何なのかすら解らない人が多いと思います。

ですが、実はこの壁画に描かれているラーマキエンと言う物語は、タイ人なら知らぬ人はいないと言うほど、超有名なお話なのです。

まさに・・・

『ラーマキエンを知らずしてタイは語れない!』

と言っても過言ではないくらいタイでは有名なお話です。

ゆきキャベツ
せっかく、タイ旅行でワットポーやワットプラケオを初めとした寺院を観光するのですから、そこで見られる壁画の物語『ラーマキエン』について、事前に知っておくべきでしょう。

壁画のお話『ラーマキエン』を知れば、ただ漠然と観光地を見て廻るよりも、より深くタイ旅行を楽しむことできます。

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私も元々はタイ旅行初心者で、ワットポーやワットプラケオで見かける壁画の意味が解りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行を繰り返していれば、タイの寺院で頻繁に見かける壁画に描かれた何とも面白い『ラーマキエン』と言う物語ついて知ることができました。

また実際にタイ人と仲良くなるための、きっかけとしても『ラーマキエン』を話題にすることもあります。

ゆきキャベツ
初対面の外国人に「日本の桃太郎のお話って面白いよね!」と言われたら、どう思いますか?

日本人なら誰でも知ってる昔話を知ってくれてるってだけで、何となく親近感を感じますよね?

それと同じようにタイ人なら誰でも知ってる物語をあなたが知っていると言うだけで、何となく初対面のタイ人からも親近感を持たれてしまうわけです。

所要時間

この記事はほんの5分ほどで読めます。

『ラーマキエン』の物語を小学生でもわかるようなコミック仕立てにしています。

なので漫画を読むような感覚でスラスラと読んでいただけます。

記事全編を読み終わった頃には、タイの寺院で頻繁に見かける壁画の物語『ラーマキエン』についてわかるようになります。

ストーリーも、とても面白いのでぜひ読んで見てくださいね!

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!5

それでは『ラーマキエン物語』シリーズ記事の続きです!

どうぞお楽しみください♪

ラーマキエン19:ついに決着!トッサカンとの勝負のゆくえは?!

敵味方入り乱れての大乱世を抜け出したラーマ王子とハヌマーン!

トッサカンとの最終決戦に挑みますが、果たして勝負のゆくえはどうなるのか?!

 

ラーマ王子
やい!トッサカン!

私と勝負しろ!

ここでお前を倒し、一気に終わらせてやるぞ!

むむむ?!ラーマ王子か!

良かろう!返り討ちにしてくれるわ!

掛かってこい!

トッサカン
ラーマ王子
いくぞー!

とりゃー!(ガキーン!)

む!なかなかやるではないか!

しかしそれでは到底、私には勝てぬぞ!

それーい!(チュドーン!)

トッサカン
ラーマ王子
うわー!クク・・・。

まともに食らってしまった・・・。

回復魔法を使わなくては・・・。

ハヌマーン
ラーマ王子さま!しっかり!

おのれー!トッサカン!

今度は私が相手だー!

それー!(ブバーーーン!)

く!おのれー!

猿のぶんざいで生意気な!

これでも食らえー!

どりゃー!(シュバババーン!)

トッサカン
ハヌマーン
うわ!今のは危なかった!

まともに食らうところであったわ・・・。

むむ?!かすっただけだと言うのに、傷が深くまで?!

何という威力だ・・・?!

ハッハッハ!

これが力の差というものだ!

ではそろそろ決着をつけさせてもらうぞ!

トッサカン
ハヌマーン
くそ~!こうなれば奥の手だ!

ラーマ王子さま!ついにあれを使う時がきましたぞ!

ラーマ王子
むむ?!あれか!

わかったぞハマヌーン!

ハヌマーン
よーし!

いきますぞー!

ハァーーー!

ん~?

なんだその攻撃は?

そんなものが当たるわけがなかろう!

かわしてくれるわ!ハアッ!

トッサカン
ハヌマーン
掛かったな!トッサカン!

ラーマ王子!今ですぞ!

ラーマ王子
ウォォォォォォォォォォォォーーー!
な!なにー!

いつの間にそんなところに!

トッサカン
ラーマ王子
これで終わりだーーー!

食らえーーー!

う!うわーーー!

(ズドドドドドーン!)

トッサカン
ラーマ王子
どうだ!

決まったぞ!

もう立つこともできまい!

ハヌマーン
やりましたな!ラーマ王子!

これをまともに食らって動ける者などおりませぬ!

 

(ゆらり)

ふっふっふ・・・。

トッサカン
ラーマ王子
な!なに?!
ハヌマーン
な!なんと!

まだ立ち上がれると言うのか?!

化け物め・・・!

ワッハッハー!

身体から心臓を抜き取った俺様には、そんな攻撃など効かぬわ!

トッサカン
ラーマ王子
身体から心臓を抜き取っただと?!

そんなことができるはずがないだろう!

ハヌマーン
いや・・・お待ちください。

聞いたことがありますぞ。

ラーマ王子・・・。

ラーマ王子
なに?!本当か?!

ハヌマーンよ?!

ハヌマーン
はい・・・。

トッサカンの師匠であるコーブトーン仙人が心臓を身体から切り離せる儀式をおこなえるという話を聞いたことがあります。

どうやらやつはその儀式をおこない、本当に身体から心臓を抜き取ったのやも知れません。

ラーマ王子
ということはつまり・・・。

やつを倒すことはできないということか?!

ハヌマーン
はい。

今のままではトッサカンを殺すことは不可能・・・

おそらくいくら強力な攻撃を加えても、やつを倒すことは難しいでしょう。

ラーマ王子
なんということだ・・・。

これではトッサカンの思うがままにされてしまうということか!

くそ!ここまでか?!

ハヌマーン
いや!お待ちください!

そういえば、城内を偵察している時、やたらと厳重な警備がされている場所がありました。

もしやあの場所にトッサカンの心臓が隠されているのでは?!

ラーマ王子
おお!

では、その心臓を見つければ、トッサカンを倒すことができるということだな!

よし!希望が見えてきたぞ!

ハヌマーンよ!やつの心臓を探し出してきてくれ!

私はその間、時間を稼ぐことにしようぞ!

ハヌマーン
ハハ!

すぐに見つけ出してごらんにいれます!

 

こうしてハヌマーンはトッサカンの心臓を探しにいきました。

果たして見つけ出すことはできるのでしょうか?

 

ラーマ王子
うおー!

そりゃー!(ガキンガキーン!)

ワッハッハー!

無駄なあがきよ!

いくら攻撃してきたところで私を倒すことはできぬとわかっているであろう!

ハッハッハー!

トッサカン
ラーマ王子
それはどうかな?

トッサカンよ!あれを見よ!

ハヌマーン
ラーマ王子!

やつの心臓を見つけ出しましたぞ!

この魔法の箱の中に入っております!

な?!なに?!

あれは隠しておいた、俺様の心臓が入った箱ではないか!

なぜ猿が持っておるのだ?!

トッサカン
ラーマ王子
動揺したな!

やはりお前の弱点はあの心臓か!

よし!ハヌマーンよ!

この矢を放つのと同時にやつの心臓を握りつぶせ!

ハヌマーン
ハハ!

かしこまりました!

や!やめろーーー!
トッサカン
ラーマ王子
これで終わりだトッサカン!

食らえ!

ハーーー!(ピシューン!)

ハヌマーン
よーーーし!

心臓を握り潰してくれるわ!

それーい!(グシャッ!)

ぐ!ぐわーーーーーー!!!
トッサカン

 

ラーマキエン20:ラーマ王子勝利!そして長き旅を終え、勝利の凱旋へ!

ラーマ王子はついに宿敵トッサカンを倒すことに成功しました。

そしてトッサカンに捕らわれていたシーダ姫を助け出し、仲間と共に14年間留守にしていたアユタヤー国へ勝利の凱旋をしました。

記事ではまるでラーマ王子たちがすぐに鬼の国ランカーへ辿り着けたように思われるかも知れませんが、実際は長い旅の末に辿り着くことになります。

ゆきキャベツ
そのあたりまで描いてしまうと、おそらく長くなってしまうので、観光客向けに公演される戯曲の中では大幅にカットされています。(^_^;)

 

サトル王子
お帰りなさい兄上!
ラクシュマナ王子
よくぞご無事でお戻りを!
プロット王子
兄上のご活躍は近隣諸国にとどろいておりますぞ!
カイヤケシー王妃
お帰りなさい、ラーマ王子。

ご無事のご帰還なによりです。

ありがとう!義母上!

そして兄弟たちよ!

これでもう、平和を乱すものはいなくなりました!

ラーマ王子

 

一通り、凱旋を終えたラーマ王子はその後、鬼の国ランカーの新たな王として、トッサカンの弟ピペークを任命しました。

 

ラーマ王子。

約束を果たし、鬼の一族を滅ぼさずにいてくれたことを感謝いたします。

その上、ランカーの王にまでしていただき、なんとお礼をいって良いかわかりません。

本当にありがとうございました!

ピペーク
ラーマ王子
ふむ。

もう二度と鬼たちが悪さをしないように、しっかりと統治してください。

頼みましたよ!

はい!

鬼の国ランカーは私がこれからしっかりと統治していきます。

どうかご心配なく!

ピペーク

 

トッサカンを倒し、これで平和な世が築かれたかに見えました。

しかしピペークが王となったランカー国で、またしても不穏な動きが起こるのでした。

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!5:まとめ

いかがでしたのでしょうか?

宿敵トッサカンを倒し、見事勝利をおさめたラーマ王子たち!

世界に平和が訪れたかに見えたが・・・はたしてピペークが王となったランカー国で何が起こるというのか?!

続きはこちらからどうぞ!

次の記事:【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!6

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

ブログランキング参加中です!

↓ 良ければポチっとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイで有名な物語『ラーマキエン』
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.