タイで有名な物語『ラーマキエン』

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!6

2019年8月9日

https://yukilifeblog.com

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーやワットプラケオに描かれている壁画ってどういう意味があるのだろう?何やらストーリー仕立てな感じだけど、一体、どんな話なの?そういえば、タイの古典舞踊演劇でも壁画に描かれていたような、お面をかぶっていた気がするけど、何か関係があるのかな?

 

 

 

こんな疑問に答えます♪

 

 ※ラーマキエンシリーズを読むのが初めての方はこちらのまとめ記事からご覧ください。

ラーマキエンシリーズまとめ記事

【ラーマキエン】知ってるとタイ人と仲良くなれる物語【まとめ】

全17記事にわたって詳細に「ラーマキエン」についてまとめてあります。

ラーマキエンについて知りたい方は必見です!

 

記事の内容

・タイ旅行前に知っておきたい壁画の物語『ラーマキエン』のストーリー

世界観崩壊バージョン!

ラーマキエンのお話はタイ人なら知っているのが常識と言うくらい、タイで有名な物語です。

またタイ旅行ではバンコクのワットポーやワットプラケオを観光で訪れる人が多いと思います。

そんなワットポーやワットプラケオなど、タイの寺院で頻繁に見かけることになる壁画の物語。

それが今回ご紹介する『ラーマキエン』です。

観光で寺院を訪れるほとんどのタイ旅行者は、壁画に描かれているものが何なのかすら解らない人が多いと思います。

ですが、実はこの壁画に描かれているラーマキエンと言う物語は、タイ人なら知らぬ人はいないと言うほど、超有名なお話なのです。

まさに・・・

『ラーマキエンを知らずしてタイは語れない!』

と言っても過言ではないくらいタイでは有名なお話です。

ゆきキャベツ
せっかく、タイ旅行でワットポーやワットプラケオを初めとした寺院を観光するのですから、そこで見られる壁画の物語『ラーマキエン』について、事前に知っておくべきでしょう。

壁画のお話『ラーマキエン』を知れば、ただ漠然と観光地を見て廻るよりも、より深くタイ旅行を楽しむことできます。

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私も元々はタイ旅行初心者で、ワットポーやワットプラケオで見かける壁画の意味が解りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行を繰り返していれば、タイの寺院で頻繁に見かける壁画に描かれた何とも面白い『ラーマキエン』と言う物語ついて知ることができました。

また実際にタイ人と仲良くなるための、きっかけとしても『ラーマキエン』を話題にすることもあります。

ゆきキャベツ
初対面の外国人に「日本の桃太郎のお話って面白いよね!」と言われたら、どう思いますか?

日本人なら誰でも知ってる昔話を知ってくれてるってだけで、何となく親近感を感じますよね?

それと同じようにタイ人なら誰でも知ってる物語をあなたが知っていると言うだけで、何となく初対面のタイ人からも親近感を持たれてしまうわけです。

所要時間

この記事はほんの5分ほどで読めます。

『ラーマキエン』の物語を小学生でもわかるようなコミック仕立てにしています。

なので漫画を読むような感覚でスラスラと読んでいただけます。

記事全編を読み終わった頃には、タイの寺院で頻繁に見かける壁画の物語『ラーマキエン』についてわかるようになります。

ストーリーも、とても面白いのでぜひ読んで見てくださいね!

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!6

前回までのお話では・・・

トッサカンとの激しい戦いのあと、見事、勝利を納めたラーマ王子は、その後、故郷のアユタヤー国へ凱旋帰国しました。

トッサカンがラーマ王子に倒され、王様不在となっていた鬼の国ランカーをトッサカンの弟ピペークに与え、新たな王としました。

ランカー国の新しい王様『ピペーク王』の誕生です。

しばらくの間、平和な世界がたもたれていましたが、またしてもランカー国に不穏な動きが・・・

今回はランカー国の新しい王様『ピペーク王』が誕生したところからスタートします!

それでは『ラーマキエン』シリーズ記事の続きです!

どうぞお楽しみください♪

ラーマキエン21:クーデター?!真実を知った『パイナスリウォン』の暴走!

鬼の国ランカーの新しい王様となったピペークは、トッサカンの妻であったモントーと結婚し、自分の妃にしました。

その後、すぐに妃であるモントーに子供ができていることがわかりました。

モントーのお腹の子供は順調に育ち、無事に男の子が生まれました。

名前は『パイナスリウォン』と名付けられました。

 

王となったピペークはパイナスリウォンの誕生をとても喜びました。

しかし、このパイナスリウォン、実はピペークの子供ではなく、トッサカンの忘れ形見だったのです。

このことで、のちにランカー国に暗雲が立ちこめることになります。

 

ちょうどその頃、ハヌマーンとベンヤカーイとの間にも、『アスラパット』という男の子が誕生しました。

猿のハヌマーンはベンヤカーイという女性と結婚したのですが、実はこのベンヤカーイ、ランカー国の王になったピペークの娘です。

つまりハヌマーンとピペークは義理の親子になったということです。

そしてハヌマーンとベンヤカーイの子供『アスラパット』は、ピペークの孫にあたります。

ピペークやモントーは子供が作れるほど若いですが、実は結構、高齢です。(^_^;)

ゆきキャベツ
※個人的にはたぶん鬼だから人間より長寿で若いのだろうと判断してます。

 

パイナスリウォン
えい!やー!とおー!
パイナスリウォンが、また剣の修行をしているわ。

平和な世になったのだから、そこまで修行しなくても大丈夫なのに・・・

モントー
ピペーク
まあまあ、男の子はあれくらい元気があった方が良いさ。

平和な世になったとは言え、他国に攻められなくなったわけではないからね。

そうかしら?

アユタヤー国のラーマ王子たちとの同盟がなった今、この国に攻めて来るような国があるとは思えませんわ。

モントー
ピペーク
確かにそうだが、いつ何があるかはわからない。

油断はできないよ。

 

父上ー!
パイナスリウォン
ピペーク
おや?どうした、パイナスリウォン?
ハイ!私はもっと強くなりたいです。

なので一度、この国から出て、修行の旅にでることをお許しください!

パイナスリウォン
ピペーク
修行の旅?うーん、それはちょっとなぁ。
お願いします!父上!

私はどうしても強くなりたいのです!

パイナスリウォン
モントー
ダメよ!パイナスリウォン!もう平和な世になったのよ!

だから強くなることよりも、どうすれば、この国の鬼たちが、平和で豊かに暮らせるのか考える方が大事よ!

ピペーク
そうだな。パイナスリウォン、母さんのいう通りだ。

修行の旅はあきらめなさい。

グヌヌ・・・。わかりました。あきらめます・・・。
パイナスリウォン

 

こうして修行の旅にでることをあきらめざる負えなかったパイナスリウォンでしたが、心の内ではまったく納得していませんでした。

 

パイナスリウォン
くそ!なんだって俺は、こんな平和ボケした時代に生まれちまったんだ!

鬼の力をもってすれば、周辺の国々を切り従えて、もっと勢力を拡大することもできるというのに・・・。

平和ボケした父上たちには、まるっきりその気がない・・・。

なんでこんなに考えが違うんだ?

俺は本当に父上の息子だろうか・・・?

 

こんなことを考えていた、パイナスリウォンの元にランカー国に古くから仕える家来が近づいてきました。

 

パイナスリウォン様!
ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
むむ?!俺を呼ぶのは誰だ!
パイナスリウォン様!

私は前国王トッサカン様の時代から、ずっとこの国にお仕えしてきた家来です。

実はパイナスリウォン様の出生について、お耳に入れたきことがございます。

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
俺の出生についてだと?

一体、どういうことだ?

くるしゅうない、話して見よ。

ハハ!ありがたきしあわせ!

実はパイナスリウォン様は今の国王ピペーク様の子ではなく、前国王トッサカン様のお子なのです。

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
なに?!俺が父上の子ではなく前国王の子だと?!

きさま!それがデタラメなら、タダでは済まぬぞ!

いえ!デタラメではありません!

実はトッサカン様が生きている頃には、王妃であられるモントー様のお腹に、すでに子が宿っていることがわかっていました。

これは一部の呪術師だけが知り得た事実で、トッサカン様には事前にお知らせしました。

しかしモントー様には知らせなかった為、もしかしたら気づいていなかったのかも知れません。

その事実がわかり、トッサカン様にお知らせした日が、ラーマ王子ひきいる軍がこの国に攻め込んでくる、ちょうど1ヶ月ほど前です。

パイナスリウォン様の出生の日より逆算すると、ピタリと日にちが一致します。

このことからも、パイナスリウォン様が前国王トッサカン様の子であることは間違いありません!

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
何と言うことだ・・・。

たしかに私と父上はまったく似ていないとは思っていたが、まさか俺が前国王トッサカンの息子だったとは・・・。

しかし、それが事実だとすれば、妙に納得できてしまうことも多い。

クソー!どうりで俺は父上とは考えが合わないわけだぜ!

パイナスリウォン様・・・。

このままでよろしいのですか?

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
む?!どういうことだ?
パイナスリウォン様の本当の父であるトッサカン様は、今の国王ピペークとアユタヤー国のラーマ王子たちに倒されたのですぞ!

つまり今の国王ピペークやラーマ王子たちは、トッサカン様の敵。

ひいてはパイナスリウォン様の父のかたきと言うことです!

父のかたきであるピペークやラーマ王子たちを、このまま野放しにするなど、親不孝のきわみかと存じます。

それにパイナスリウォン様も今の平和ボケした時代を快くは思っていないのではないですか?

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
むむむ?!たしかに父のかたきを野放しにするのは、親不孝かも知れぬな・・・。

それに、この平和ボケした時代もうんざりだ!

他国を切り従え、領土を拡大することこそ、俺の望みだ!

パイナスリウォン様!素晴らしいお考えです!

実は我が国に仕える家来たちの中にも、今の現状を快く思っていない者たちもおります。

そこでご提案がございます・・・。

パイナスリウォン様を中心に、その者たちを結集しクーデターを起こしてはいかがでしょう?

パイナスリウォン様さえお立ちになれば、味方する者も大勢あらわれるでしょう!

鬼の国ランカーの新しい王!パイナスリウォン王誕生も夢ではございませんぞ!

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
おお!俺がランカー国の王になるのか!悪くないな!

しかし・・・平和ボケしているとはいえ、我が国の軍隊もまだまだ強力だ。

今のピペーク王に付き従う者もいるだろう。

そうやすやすと、上手くいくとは思えぬ・・・。

そうでございますなぁ・・・。

苦労せずにクーデターを成功させるためには、もう少し力のあるお方を味方にできれば良いのですが・・・。

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン
どうしたものか・・・。

おお!そうだ!

マリワン国をおさめるチャクラワット王は、前国王トッサカンの古い友人だったと言う話を聞いたことがある。

ラーマ王子たちが攻めてきた時も、援軍をよこす手はずを整えていたとも聞いた。

結局、到着が間に合わず、トッサカン王は倒されてしまったが、チャクラワット王も心中おだやかではなかったであろう。

マリワン国のチャクラワット王を味方にすることができれば、きっとクーデターを成功させることができるはずだ!

よし!マリワン国のチャクラワット王に会いにいき、援軍を頼むことにしよう!

さすがはパイナスリウォン様!

良きお考えです!

わたくしもピペーク王のやり方に不満を持つ者どもを集め、一緒にお供いたします!

ランカー国の昔からの家来

 

こうしてパイナスリウォンはクーデター計画を実行に移すため、前国王トッサカンの古い友人だったマリワン国のチャクラワット王に援軍を求めに向かうのでした。

 

ラーマキエン22:クーデター計画進行?!マリワン国のチャクラワット王登場!

パイナスリウォンはクーデター計画を実行に移すため、平和な現状を快く思わないランカー国の家来たちを引き連れ、マリワン国へ向かいました。

そして到着後すぐ、マリワン国をおさめるチャクラワット王に会うことになりました。

 

パイナスリウォン
チャクラワット王陛下!

さっそくお会いくださりありがとうございます。

私はランカー国のパイナスリウォンと申します。

うむ!くるしゅうない!

いろいろ聞いておるぞ!

そなたはわしの古い友人トッサカンの息子とか・・・。

父を失った無念、さぞ悔しかろうぞ!

チャクラワット王
パイナスリウォン
ハイ!その通りでございます!

今回、チャクラワット王陛下に会いにきたのも、まさにそのことでございます!

このまま父のかたきも討てぬまま、ピペークどもを野放しにすることなど到底できません。

そこで父のかたきである、今のランカー王ピペークとアユタヤー国のラーマ王子たちを倒したいのでございます!

ワンカー国内でも今のピペーク王のやり方に不満を持つ者たちが大勢おりました。

しかしヤツらを倒すにはまだまだ勢力が足りません・・・。

そこで父トッサカンの古くからの友人であるチャクラワット王陛下に援軍をお願いしたいのです!

なるほど、そういうことであったか・・・。

よし!そなたの心意気、気に入った!

こたびはわしみずからが兵を率いて加勢いたすぞ!

兄を倒すのみならず、みずからがランカー国王になるなどという暴挙にでたピペークを必ず、成敗してくれようぞ!

チャクラワット王
パイナスリウォン
ありがたきしあわせにございます!

チャクラワット王陛下がお味方くだされば、このクーデターもきっと成功することでしょう!

 

こうしてパイナスリウォンはマリワン国のチャクラワット王を味方につけることに成功したのでした。

そしてすぐにランカー国へ進軍を開始しました。

 

ラーマキエン23:平和なランカー国に暗雲が!ピペーク王の運命やいかに?!

ランカー国に到着したパイナスリウォンとチャクラワット王はすぐに攻撃を開始しました。

長らく平和な世界が続いたあとでの突然の外敵襲来です。

ランカー国内はパニック状態におちいり、兵士を集めることもできずに混乱していきました。

 

チャクラワット王
みなの者!掛かれ!

手向かい者は容赦するな!

攻撃の手をゆるめず、ピペークを見つけ出し捕らえるのだー!

マリワン国兵士1
おおー!
マリワン国兵士2
チャクラワット王に続けー!
マリワン国兵士3
手柄を立てるぞー!

 

パイナスリウォン
よし!

我々もチャクラワット王に続くぞー!

おくれを取るなー!

ランカー国の昔からの家来
パイナスリウォン様に続けー!
ランカー国クーデター軍1
平和ボケしたヤツらをぶっ潰せー!
ランカー国クーデター軍2
ピペークを捕らえろー!

 

こうしてパイナスリウォンとチャクラワット王は攻撃を開始しました。

猛烈な勢いで攻め上り、あっという間にランカー城内へ乱入し始めました。

 

ピペーク
何という愚かなことを・・・。

パイナスリウォン・・・なぜこのような暴挙に出たのか・・・。

私は悲しい・・・。

ピペーク様!

敵の兵士がすぐそこまで迫っております!

早くお逃げください!

ランカー国守備兵
あなた!どうしましょう!

我が国の兵士も必死で応戦しているけれど、敵の攻撃が激しすぎるわ・・・。

ここも突破されるのは時間の問題よ!

一度、アユタヤー国に逃げて援軍を求めるしかないわ!

モントー
ピペーク
そうだな。さっそく準備を始めよう・・・。
そんな時間はないわ!

すぐに逃げるのよ!

キャー!

モントー

 

チャクラワット王
ワハハハーーー!

こんなところに隠れておったかー!

かんねんしろ!ピペーク!

もう逃げられんぞ!

パイナスリウォン
父上!

いや・・・ピペーク!

よくも我が父トッサカンを滅ぼしてくれたな!

父のかたきだ!

く・・・。

もうこんなところまで・・・。

もはやこれまでか・・・。

わかった・・・もう逃げも隠れもしない。

おとなしく捕まろう。

だが条件がある!

ピペーク
チャクラワット王
条件だと?

立場がわかっていないようだが、まあ聞いてやろう。

私はおとなしく捕まることにするが、妃のモントーは逃がしてやってくれ!

それからもう、攻撃をしないでくれ!

これ以上、無駄な犠牲を出したくない・・・。

ピペーク
チャクラワット王
ふーむ、どうしたものかのぉ・・・。

パイナスリウォンよ?

パイナスリウォン
もうランカー国内に刃向かう者はおりません。

これ以上の攻撃は無意味でしょう。

またピペークはかたきですが、モントーは私の母です。

殺すのもしのびないかと・・・。

しかしこのまま逃がしては、アユタヤー国のラーマ王子にクーデターのことがわかってしまいます。

なので、しばらくは城内に閉じ込めておくことにしましょう。

チャクラワット王
わかった!

パイナスリウォンに免じて、妃の命は助けてやろう!

だがピペーク!

お前の命はないものと思え!

パイナスリウォンよ!この場で処刑するか?

パイナスリウォン
いえ、まずはランカー国内を掌握するのが先です。

その後、ラーマ王子のアユタヤー国に対抗できるだけの体制をととのえ、誰がこの国の王かをみなにわからせる為、大勢の国民の前でピペークを処刑したいと思います!

チャクラワット王
ほほぉ~?!

パイナスリウォン!

おぬしは政治にもたけておると見えるな(ニヤリ)

さすがはわが友、トッサカンの息子よのぉ~!

ワッハッハッハーーー!

パイナスリウォン
ハハ!

ありがたきお言葉!

今後はふぬけたピペークに変わり、この国を周辺国から恐れられるほどの強国に変えて見せます!

そして他国を切り従え、私とチャクラワット王陛下の思いのままとなる世界を作り上げて見せます!

その決意のあかしとして、今よりパイナスリウォンの名を捨てたいと思います!

今後は父トッサカンにあやかり『トッサピン』と名乗りたいと思います!

チャクラワット王
おお?!

頼もしい限りじゃ!

ではその時まで、わが息子として、わしがしっかりと後ろ盾となろうぞ~!

ウワ~ハッハッハ~~~!

 

こうしてランカー国王ピペークと妃のモントーは捕まってしまいました。

強大な野心を持ったパイナスリウォン改め、トッサピン・・・。

その後ろ盾となるチャクラワット王・・・。

 

このまま世界はトッサピンとチャクラワット王のものになってしまうのでしょうか?!

おや?誰かがものかげからこの様子をうかがっているようですが・・・?

 

くくく・・・(涙)

ピペーク様・・・

あのようなひどい扱いを受けられて・・・

せっかく平和な時代が訪れたというのに・・・

こうしてはいられない!

早くこのことをお伝えしなくては!

ランカー国軍ピペーク王派兵士

 

どうやら、ものかげから様子をうかがっていたのは、ランカー国軍のピペーク王派の兵士のようです。

さっそくこのことを、どこかへ知らせに向かいましたが・・・

この続きは次回!『【ラーマキエン物語】この物語を知らずにタイは語れない!7』で!

 

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!6:まとめ

いかがでしたのでしょうか?

トッサピンとチャクラワット王に乗っ取られてしまったランカー国・・・

果たしてピペーク王の運命やいかに?!

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

ブログランキング参加中です!

↓ 良ければポチっとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイで有名な物語『ラーマキエン』
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.