タイで有名な物語『ラーマキエン』

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!2

2019年8月9日

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーやワットプラケオに描かれている壁画ってどういう意味があるのだろう?何やらストーリー仕立てな感じだけど、一体、どんな話なの?そういえば、タイの古典舞踊演劇でも壁画に描かれていたような、お面をかぶっていた気がするけど、何か関係があるのかな?

 

 

こんな疑問に答えます♪

 

 ※ラーマキエンシリーズを読むのが初めての方はこちらのまとめ記事からご覧ください。

ラーマキエンシリーズまとめ記事

【ラーマキエン】知ってるとタイ人と仲良くなれる物語【まとめ】

全17記事にわたって詳細に「ラーマキエン」についてまとめてあります。

ラーマキエンについて知りたい方は必見です!

 

記事の内容

・タイ旅行前に知っておきたい壁画の物語『ラーマキエン』のストーリー

世界観崩壊バージョン!

ラーマキエンのお話はタイ人なら知っているのが常識と言うくらい、タイで有名な物語です。

またタイ旅行ではバンコクのワットポーやワットプラケオを観光で訪れる人が多いと思います。

そんなワットポーやワットプラケオなど、タイの寺院で頻繁に見かけることになる壁画の物語。

それが今回ご紹介する『ラーマキエン』です。

観光で寺院を訪れるほとんどのタイ旅行者は、壁画に描かれているものが何なのかすら解らない人が多いと思います。

ですが、実はこの壁画に描かれているラーマキエンと言う物語は、タイ人なら知らぬ人はいないと言うほど、超有名なお話なのです。

まさに・・・

『ラーマキエンを知らずしてタイは語れない!』

と言っても過言ではないくらいタイでは有名なお話です。

ゆきキャベツ
せっかく、タイ旅行でワットポーやワットプラケオを初めとした寺院を観光するのですから、そこで見られる壁画の物語『ラーマキエン』について、事前に知っておくべきでしょう。

壁画のお話『ラーマキエン』を知れば、ただ漠然と観光地を見て廻るよりも、より深くタイ旅行を楽しむことできます。

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私も元々はタイ旅行初心者で、ワットポーやワットプラケオで見かける壁画の意味が解りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行を繰り返していれば、タイの寺院で頻繁に見かける壁画に描かれた何とも面白い『ラーマキエン』と言う物語ついて知ることができました。

また実際にタイ人と仲良くなるための、きっかけとしても『ラーマキエン』を話題にすることもあります。

ゆきキャベツ
初対面の外国人に「日本の桃太郎のお話って面白いよね!」と言われたら、どう思いますか?

日本人なら誰でも知ってる昔話を知ってくれてるってだけで、何となく親近感を感じますよね?

それと同じようにタイ人なら誰でも知ってる物語をあなたが知っていると言うだけで、何となく初対面のタイ人からも親近感を持たれてしまうわけです。

所要時間

この記事はほんの5分ほどで読めます。

『ラーマキエン』の物語を小学生でもわかるようなコミック仕立てにしています。

なので漫画を読むような感覚でスラスラと読んでいただけます。

記事全編を読み終わった頃には、タイの寺院で頻繁に見かける壁画の物語『ラーマキエン』についてわかるようになります。

ストーリーも、とても面白いのでぜひ読んで見てくださいね!

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!2

トッサカンのイメージ図

それでは『ラーマキエン』シリーズ記事の続きです!

どうぞ記事をお楽しみください♪

 

ラーマキエン6:生まれ変わっても暴れまくるぜノントゥック!

ヴィシュヌ神に倒されてしまったノントゥックは恨みを抱いたまま、魂となってさまよいました。

そしてランカー国という国のラッティアン王の妻の体内に宿り、10の頭と顔、そして20本の腕を持った男の子として生まれ変わりました。

生まれ変わった名は『トッサカン』といいました。

ここからトッサカンとして生まれ変わったノントゥックは、いろいろなことをするのですが、全部書くと相当長くなってしまうので、ダイジェスト版として、何をしたかノントゥックに語ってもらうことにしますね。

ここはちょっと長いので面倒だったら、ラーマキエン物語⑦まで読み飛ばしちゃってもOKかもです。(^0^;)

ノントゥック
俺が生まれ変わったすぐあとに、クムパカンって言う弟が生まれたぜ!
ノントゥック
14歳になった俺は、コーブトーン仙人って言う仙人のもとで術の修行をしたぜ!

そりゃあもう、朝から晩まで怠けることなく修行して、メキメキ腕をあげていったさ!

ノントゥック
ある時、インドラ神の息子でオーチュランって奴の庭に実ってた上手そうな果実を食っちまった。

そしたらオーチュランのやつ激怒しちまって、ケンカになってよ~。

結果的に俺がボコボコにされて捕まっちまったぜ(汗)

その時は師匠のコーブトーン仙人様に助けてもらったけど、あの時はヤバかったぜ(汗)

ノントゥック
俺が次々に地上で悪さしてたら、シヴァ神のやつがヤバいと思ったらしく、またヴィシュヌ神に俺を倒すように地上に向かわせようとしてたんだ。

ただその前にウェースナーンって言う男の神をスパイとして地上に送り込んで来やがった!

そいつがピペークという名の俺の弟だぜ!

そう、俺の弟としてウェースナーンを生まれ変わらせて、スパイとして送り込んで来たわけだ!

ノントゥック
ちょっと複雑なんだが、サケートって国の君主だったコドム仙人ってのがいる。

そいつがアッチャナーっていう火の中から生まれた美しい女と結婚した。

そしてサワーハっていう女の子が生まれたんだ。

しかしコドム仙人の嫁さんのアッチャナーはいろいろあって、インドラ神と太陽神っていう2人の神と浮気して、その結果、2人の子を身ごもってしまったんだ。

それがインドラ神の子パーリー太陽神の子スクリープだ。

最初は嫁さんの浮気に気づかずにいたコドム仙人だったが、実の子サワーハから「そいつらは父ちゃんの子じゃないぜ!」って聞かされて、怒ったコドム仙人は嫁さんのアッチャナーを石に変えて、海に沈めたんだ。

そしたらアッチャナー「こうなったのはサワーハのせいだ!」って逆ギレして、サワーハに片足で森の中に立ち続けるって言う呪いをかけてしまったんだ!

ノントゥック
片足で森の中に立ち続けるサワーハを見たシヴァ神が驚き悲しんで、なぜかサワーハにヴィシュヌ神の片腕となる猿を産ませようと考えた。

そして風神を呼び武器と力を授け、これらをサワーハの口に入れ猿の子を作るよう命じた。

命をうけた風神はシヴァ神の力と武器を持ちサワーハが呪いをかけられ立っている場所に飛んでいき命令どおりサワーハの口の中にこれらを入れた。

それから30ヶ月後、いろいろあって赤ん坊は母の口の中から飛び出した!

耳飾りをし、白い毛を持ちダイヤの牙を生やし星や月のようなあくびをし、8本の腕と4つの顔を持った猿の姿をしていた。

この姿に非常によろこんだ風神は彼を「ハヌマーン」と名付け力を分け与えたんだ。

ちなみにハヌマーンは割と重要な登場キャラクターです。
ゆきキャベツ
ノントゥック
ヒムパーン山には4人の仙人住んでたんだが、こいつら500頭の牛を飼い、朝になると牛の乳をタライに集めて飲むのが日課でだった。

仙人が乳を飲む時、座っていた石にはメスのカエルが住んでおり、いつも仙人から乳をもらっていた。

ちょっと話は変わるが、竜王界に年頃をむかえたアノンという名のメスの竜がいた。

このメスの竜が男あさりをしようと地上に降りてきたのだが、人間の男も天使の男も見つからず、その時、偶然通りがかったオスのヘビに抱きついたんだ。

そこへヒムパーン山の4人の仙人が通り掛かったのだが、偉大な竜の一族がそんなハレンチなことをしているのに嘆いた仙人は、竜の腹を突いて正気に戻した。

そして、そんな姿を見られた竜は「このことが父にバレたらヤバい!」と考え、密かに仙人達を殺してしまおうと考えたんだ。

そこで天界に帰る前に仙人達がいつも乳を入れているタライに毒をたらした。

それを見ていた、カエルはいつも乳をもらっている恩返しとばかりに毒入りタライに身を投げた。

そうすれば、タライに毒が入っていることを仙人たちに知らせることができると考えたんだな。

それを見た仙人たちは、カエルを生き返らせてことの経緯を聞いた。

するとその忠義心に感動した仙人はカエルに呪文をかけ、たちまち美しい女に変えた。

この美しい女が「モントー」と言う俺の嫁さんになる女だぜ!

モントーはしばらくシヴァ神の妻、ウマーに仕えて、いろいろな呪術を学びました。
ゆきキャベツ
ノントゥック
ここから、モントーと俺が結ばれるまでの話をするぜ!

ある時、須弥山って山がウィルーンホッグって奴によって傾かせられてしまったんだ。

それを見たシヴァ神が天にいる神々に須弥山を直してくれていったんだけど、誰も直せなかったんだ。

そこで俺が行って、あっさりと直してしまったんだぜ!

褒美に俺はシヴァ神の妻、ウマーをくれって言ったんだ。

渋々、承諾したシヴァ神から妻のウマーをもらい受け、帰ろうとしたんだが、なぜかこのウマー、めちゃくちゃ熱くて抱きかかえることも出来なったんだ。

仕方がないから、頭に乗せて帰ろうとしたが、どうにも熱すぎて、途中であきらめた。

そこへ鬼に化けたヴィシュヌ神が現れ、ウマーはやめてモントーを連れ帰ったらどうだって言ってきた。

その提案に乗った俺はモントーが超美人だったこともあり、連れ帰って妻にすることにしたんだぜ!

ノントゥック
だが連れ帰る途中、キートキンって国に住むインドラ神の子パーリーって猿にモントーを奪われちまったんだ!

俺、超涙目。

あろうことかパーリーはモントーを妻にして、子供まで身ごもらせたんだ。

俺はもう、悲しくって夜も眠れず、食事もろくに食べず、王としての仕事もせず、ただただ、ため息をつきモントーを思っては泣いてたんだ。

そんな俺の姿を見かねた師匠が、なんとパーリーを説得して、モントーを取り戻してくれたんだ!

超嬉しくって、戻って来たモントーにめちゃくちゃ優しくしたら、モントーも俺を気に入ってくれて、晴れて夫婦になったってわけさ!

ちなみにモントーが身ごもっていた子は、呪術でヤギの腹に入れ替えて、無事に男の子として生まれてくることになります。

名前はオンコット。

オンコットも親であるパーリー譲りの強さを備え、自分を倒しに来たトッサカンを返り討ちにして7日間虐待し続けました。

トッサカンに瀕死の重傷を負わせるほどに。(^0^;)

ゆきキャベツ
ノントゥック
その後、オーラチュンやパーリーにボコボコにされた俺はどこかの国と戦争が起これば、自分の国を守ることも出来ず、倒されてしまうことを危惧し、師匠に泣きついて、心臓を身体から取り出し、無敵になる儀式をしたんだ!
ノントゥック
そのあとの俺は調子に乗って、兄貴の移動用玉座盗もうとしたり、天女やら魚やら象やらのメスと浮気して、子供まで作ったぜ!
ノントゥック
他にも、いろいろあったが、長くなってしまうから、この辺で終わらしとくぜ!

ラーマキエン7:トッサカン率いる鬼軍団に対抗できる子供を授かる儀式とは?!

アユタヤー国にトサロートと言う王様がいました。

この王様には子供がおりませんでした。

なんとか子供が欲しいと思ったトサロート王は4人の賢者を集め、子供を授かる儀式を執り行うよう命じました。

 

トサロート王
偉大なる我が国の賢者たちよ。

集まってくれ。

国王陛下。

今回はどのようなご用でしょうか?

賢者
トサロート王
ふむ、集まってもらったのは他でもない。

最近、鬼たちが力を付けており、ここでワシにもしものことがあれば、この国はどうなってしまうか心配じゃ。

だから、ワシにもしものことがあっても、しっかりと跡を継げる鬼に対抗出来るだけの力を持った子を授かることが出来ぬものかと思ってのぉ。

偉大なる賢者よ。

何とか子を授かる方法はないか?

私たち4人の力では鬼に対抗できるだけの力を持った子を授けることは難しいでしょう。

しかしロムパッタン国にいるクライコート仙人ならば、それも可能になるはずです。

賢者
トサロート王
そうか!わかった!

ではさっそくクライコート仙人にお願いして見ようぞ!

 

こうしてトサロート王と4人の賢者はクライコート仙人に鬼に対抗できるだけの力を持った子を授かる方法を聞きに行くことにしました。

 

トサロート王
あなたがクライコート仙人どのですか?
いかにも、ワシがクライコート仙人じゃが、何かご用かな?
クライコート仙人
トサロート王
おお!偉大なるクライコート仙人よ!

ワシに鬼に対抗出来るだけの力を持った子を授かるすべを教えてくださらぬか?

鬼に対抗出来るだけの力を持った子?

ふーむ。

クライコート仙人

 

この話を聞いたクライコート仙人は簡単な話ではないと思いましたが、そのような力を持つ者といえば、ヴィシュヌ神の生まれ変わり以外にないと考えました。

 

トサロート王
なんとかなりませぬか?

偉大なるクライコート仙人よ。

わかりました。

ではシヴァ神に頼み、ヴィシュヌ神に地上に権化してもらうようお願いすることにいたしましょう。

クライコート仙人

 

こうしてクライコート仙人と4人の賢者はシヴァ神のところへ向かい、ヴィシュヌ神を権化してもらうよう頼みにいきました。

 

クライコート仙人
シヴァ神さま。

今回、この地におもむきましたのは、他でもございません。

世界は今、鬼たちのために最悪の闇に包まれております。

修行者たちは鬼退治におわれ、祈りの時間も持てないほどです。

鬼たちの暴走は目にあまるほど酷いものです。

この危機を救えるのは、トサロット王だけにございますが、あいにく王には鬼を退治できるだけの力を持った子がおりません。

そこでなんとかヴィシュヌ神さまに地上にきていただくわけにはいきませんでしょうか?

そのことは私も憂慮しています。

いずれ鬼の王であるトッサカンを成敗するためにヴィシュヌ神を地上に送る予定でした。

では、すぐにでもヴィシュヌ神を地上に送る手はずを整えるとしましよう。

シヴァ神

 

こうしてトサロート王一行は、ヴィシュヌ神を地上に送るための儀式を執りおこなうことにしました。

ラーマキエン8:儀式の邪魔をしてお菓子を半分奪っちゃったぜトッサカン!

トサロート王と4人の賢者、そしてクライコート仙人はさっそくヴィシュヌ神を地上に生まれ変わらせる儀式をおこないました。

その儀式とは神聖なお米で作られた4つのお菓子を神殿に捧げ、その後、そのお菓子をトサロート王の3人のお妃に食べさせると言うものでした。

儀式は順調に進んでいたかに見えたその時、突如として空から1匹の大きなカラスが現れ、なんとお菓子を1つ奪おうとしてきました。

かろうじて、1つまるまるは奪われませんでしたが、カラスはお菓子を半分奪うことに成功しました。

実はこのカラス、お菓子のかぐわしい香りをかいだトッサカンの妻モントーがどうしてもお菓子を食べたくなってしまい、トッサカンに頼んで送り込んでもらったカーカナースーという手下だったのです。

トサロート王
クソー!なんじゃあのカラスは!

大切なお菓子を奪いおってからにー!

ご安心ください国王陛下。

奪われたお菓子は1つだけ、まだ3つのお菓子は残っています。

賢者

ラーマキエン9:ついに生まれ変わって地上に降臨したヴィシュヌ神!

残ったお菓子を食べたトサロート王の3人の王妃は、すぐに子を身ごもりました。

そして3人の王妃は無事に子供を出産しました。

第1王妃の子供がヴィシュヌ神の生まれ変わり『ラーマ王子』

ラーマ王子
ビシュヌ神の生まれ変わりラーマ王子だー!

第2王妃の子供が『ヴィシュヌ神の持つ、魔法の武器のひとつ円盤』の生まれ変わりでした。

名前は『プロット王子』です。

プロット王子
ヴィシュヌ神の武器、円盤の生まれ変わりプロット王子だぞ!

そして第3王妃の子供は双子でした。

一人目は『ヴィシュヌ神の武器のホラ貝』の生まれ変わりでした。

名前は『ラクシュマナ王子』です。

ラクシュマナ王子
同じくヴィシュヌ神のホラ貝の生まれ変わりラクシュマナ王子だ!

二人目は『ヴィシュヌ神の武器、こん棒』の生まれ変わりでした。

名前はサトル王子です。

サトル王子
ヴィシュヌ神の武器、こん棒の生まれ変わりサトル王子です!

実はトッサカンの妻、モントーも手下が持ち帰ったお菓子を食べ、身ごもってしまいました。

そこで生まれたのが『ヴィシュヌ神の妃、ラクシュミー』の生まれ変わりでした。

名前をシーダ姫といいました。

シーダ姫
ヴィシュヌ神の妃の生まれ変わりシーダ姫よ♪

このシーダ姫、生まれてすぐに「鬼の一族を滅ぼしてしまえー!」と3回叫び、それを聞いた鬼の国の占い師たちは、シーダ姫が鬼の一族を破滅させると預言しました。

そして、不吉なシーダ姫を鉢に入れて海に流してしまいましたが、海の神々に守られたシーダ姫はうまく陸に流れ着き、ミティラ国の王で修行中の身であったチャノックに保護されることになりました。

しかし修行中の身であったチャノックは神々に姫の世話を託し、バンヤンの木の下にそっと埋めました。

ポイント

ちなみにトサロート王には、このあとラック王子という子供もできます。

このラック王子はどうやらヴィシュヌ神が従える龍の生まれ変わりのようです。

このあと登場して活躍します♪

 

ラーマキエン10:ラーマ王子とシーダ姫が結婚!

長年の修行を終えたチャノックはミティラ国へ帰ることにしました。

その道中、バンヤンの木の下に埋めたシーダ姫を娘として連れて帰ることにしました。

子供のいなかったチャノック王はシーダ姫を大切に育てました。

そして長い月日が流れ、シーダ姫はとても美しい娘に成長しました。

そんなある日、チャノック王はミティラ国に伝わるもの凄く重いプラナーライ神の弓を取り出して、家来たちにこんなことを言いました。

 

チャノック王
このプラナーライの弓を持ち上げることができた若者をシーダ姫の花婿とするぞ!

近隣諸国にもそのことを伝えてまいれ!

 

これを聞いた近隣の国々の『我こそは!』と思う若者たちが続々と集まってきました。

その中にアユタヤー国のラーマ王子も混じっていました。

そして弓を持ち上げる前にラーマ王子とシーダ姫は目が合いました。

 

ラーマ王子
何という美しい姫だ!

私はひと目で恋に落ちてしまったぞ!

とてもハンサムで凜々しいあの方は誰かしら?

素敵な人だわ♪

シーダ姫

 

そして誰もが重い弓を持ち上げることが出来ずにいる中、ラーマ王子は・・・

 

ラーマ王子
こんな弓なんて、軽いものさ!

えいや!さあ持ち上がったぞ!

オオ!凄いぞ!

あの若者こそシーダ姫の花婿にふさわしい!

花婿はあの若者に決まりじゃー!

チャノック王
あの方が私の花婿になるのね。

とっても嬉しいわ♪

シーダ姫

 

こうしてラーマ王子とシーダ姫は盛大な結婚式を挙げ、めでたく結ばれることになりました。

 

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!2:まとめ

いかがでしたのでしょうか?

シーダ姫と結婚したラーマ王子はこのあとどうなるのでしょうか?

シーダ姫はこのあと、ラーマ王子の宿敵に狙われることになるのですが、果たしてどうなってしまうのでしょう?!

続きはこちらからどうぞ!

続き:【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!3

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

人気ブログランキング参加中です!

良ければポチッとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイで有名な物語『ラーマキエン』
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.