タイで有名な物語『ラーマキエン』

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!8

2019年8月14日

https://yukilifeblog.com

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーやワットプラケオに描かれている壁画ってどういう意味があるのだろう?何やらストーリー仕立てな感じだけど、一体、どんな話なの?そういえば、タイの古典舞踊演劇でも壁画に描かれていたような、お面をかぶっていた気がするけど、何か関係があるのかな?

 

 

 

こんな疑問に答えます♪

 

 ※ラーマキエンシリーズを読むのが初めての方はこちらのまとめ記事からご覧ください。

ラーマキエンシリーズまとめ記事

【ラーマキエン】知ってるとタイ人と仲良くなれる物語【まとめ】

全17記事にわたって詳細に「ラーマキエン」についてまとめてあります。

ラーマキエンについて知りたい方は必見です!

 

記事の内容

・タイ旅行前に知っておきたい壁画の物語『ラーマキエン』のストーリー

世界観崩壊バージョン!

ラーマキエンのお話はタイ人なら知っているのが常識と言うくらい、タイで有名な物語です。

またタイ旅行ではバンコクのワットポーやワットプラケオを観光で訪れる人が多いと思います。

そんなワットポーやワットプラケオなど、タイの寺院で頻繁に見かけることになる壁画の物語。

それが今回ご紹介する『ラーマキエン』です。

観光で寺院を訪れるほとんどのタイ旅行者は、壁画に描かれているものが何なのかすら解らない人が多いと思います。

ですが、実はこの壁画に描かれているラーマキエンと言う物語は、タイ人なら知らぬ人はいないと言うほど、超有名なお話なのです。

まさに・・・

『ラーマキエンを知らずしてタイは語れない!』

と言っても過言ではないくらいタイでは有名なお話です。

ゆきキャベツ
せっかく、タイ旅行でワットポーやワットプラケオを初めとした寺院を観光するのですから、そこで見られる壁画の物語『ラーマキエン』について、事前に知っておくべきでしょう。

壁画のお話『ラーマキエン』を知れば、ただ漠然と観光地を見て廻るよりも、より深くタイ旅行を楽しむことできます。

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私も元々はタイ旅行初心者で、ワットポーやワットプラケオで見かける壁画の意味が解りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行を繰り返していれば、タイの寺院で頻繁に見かける壁画に描かれた何とも面白い『ラーマキエン』と言う物語ついて知ることができました。

また実際にタイ人と仲良くなるための、きっかけとしても『ラーマキエン』を話題にすることもあります。

ゆきキャベツ
初対面の外国人に「日本の桃太郎のお話って面白いよね!」と言われたら、どう思いますか?

日本人なら誰でも知ってる昔話を知ってくれてるってだけで、何となく親近感を感じますよね?

それと同じようにタイ人なら誰でも知ってる物語をあなたが知っていると言うだけで、何となく初対面のタイ人からも親近感を持たれてしまうわけです。

所要時間

この記事はほんの5分ほどで読めます。

『ラーマキエン』の物語を小学生でもわかるようなコミック仕立てにしています。

なので漫画を読むような感覚でスラスラと読んでいただけます。

記事全編を読み終わった頃には、タイの寺院で頻繁に見かける壁画の物語『ラーマキエン』についてわかるようになります。

ストーリーも、とても面白いのでぜひ読んで見てくださいね!

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!8

前回までのお話では・・・

ランカー国をクーデターによって乗っ取り、国王の座につこうとしたトッサピンでした。

ピペーク王も妃モントーと共に捕らわれてしまいました。

そのことを知ったハヌマーンたち親子は、すぐにアユタヤー国のラーマ王子のもとへ知らせにいきました。

事態を重く見たラーマ王子は弟のプロット王子とサトル王子を派遣し、そしてハヌマーンたち猿の軍団と共にトッサピンを倒しピペーク王を救い出すことを命じました。

ランカー国につきすぐに攻撃を開始したプロット王子たちは見事トッサピンを倒し、ピペーク王の救出に成功しました。

その勢いのまま、次はマリワン国のチャクラワット王討伐に向かいます。

はたしてプロット王子たちは強大な力を持つチャクラワット王を倒すことができるのでしょうか?

それでは『ラーマキエン』シリーズ記事の続きです!

どうぞお楽しみください♪

※今回はかなり脚色してしまいましたが、物語の流れは同じです。

ゆきキャベツ
ややイメージはおもしろおかしくしちゃってますがご容赦ください。(^0^;)

ラーマキエン25:あれはなんだ?!ゆくてをはばむ紅蓮の炎と毒ヘビの群れ?!

ランカー国でトッサピンを倒し、ピペーク王を助け出したプロット王子たちは、その足で宿敵チャクラワット王を倒すため、マリワン国へ向かいました。

しかしマリワン国の周りには、まるで取り囲むように紅蓮の炎に包まれた砦と大量の毒ヘビが待ち構える危険な砦がありました。

プロット王子
うわー!?

なんという炎だ!

それに毒ヘビとは?!

クソー!これではすすめない!

アユタヤー国兵士2
ひぇぇ~!

こんなの無理だ~!(ガクガク)

サトル王子
兄上!

どうしましょう?!

わが軍の兵士たちも動揺しています!

このままでは兵士の士気は落ちるばかりです!

プロット王子様!

ここはわれわれ猿の軍団におまかせください!

あの程度の炎はわれわれが巨大化し、燃えるものを打ち壊せば、すぐに消えるでしょう!

ハヌマーン
さあー!お前たちー!

巨大化して、打ち壊してしまえー!

アスラパット
ウキキー!

いくぞー!

猿軍団

 

こうしてハヌマーン率いる巨大化した猿の軍団により、炎に包まれた砦はあっさりと攻め落とされました!

 

さあプロット王子様!

炎の砦は!攻め落としましたぞ!

これで解決ですぞ!

ハヌマーン
プロット王子
ん?

お!おお!そうか!

ではこのまま一気に毒ヘビの砦もよろしく頼む!

ん?え?!
ハヌマーン
プロット王子
うん!

炎の砦は!攻め落としたね!

だから、もうひとつ毒ヘビの砦もよろしく頼む!

あ!そっちですか?!

あ~・・・なるほど毒ヘビの方ねぇ。

まあ、そうですよねぇ・・・。

ハヌマーン
プロット王子
うん!

わかってくれて嬉しいぞ!

ハヌマーンよ!

ではよろしく頼む!

いやぁ・・・そっちはあの~・・・
ハヌマーン
(小声)父上!

ここは正直にお話した方がよろしいですよ!

アスラパット
プロット王子
ん?

どうした?!ハヌマーン?

アスラパットと?なんか小声で?ん?

(小声)わかったわかったアスラパット・・・正直にな。うん。

えー・・・すいません!

ヘビは無理です!

他をあたってください!

ハヌマーン
プロット王子
ええーーー?!

な!なんで~?ハヌマーン?

ハイ!

それは昔からヘビは猿の天敵だからです!

われわれがヘビを怖がらずに倒しちゃったら、自然の法則に反すると思います!

ハヌマーン
プロット王子
えええ~~~?!

そうなの~?!

サトル王子
兄上!

聞いたことがあります!

実際、むかしから猿の天敵はヘビとされており、自然界ではヘビを見た猿は一目散に逃げ出すようです!

最近の研究では遺伝子レベルで怖がるということがわかっており、もはや本能だと思います!

プロット王子
そうだったのかー?!

クソー!

それではこの毒ヘビの砦を越えて、マリワン国へ向かうことはできないのか~?!

 

毒ヘビの砦に二の足を踏むプロット王子たちでした。

おや?あれはなんでしょう?

東の空より七色に輝く、美しい鳥の一団が毒ヘビあふれる砦へ攻撃を開始しました!

 

 

東の空より突然やってきた謎の美しい鳥の一団は、毒ヘビの砦を攻撃し始めたと思ったら、あっという間に攻め落としてしまいました!

 

プロット王子
オオーーー!

凄いぞ!

あっという間に砦を攻め落としてしまったぞ!

ハヌマーン
本当に凄いぞ!

毒ヘビを相手に恐れることもなく、咬まれても動じる素振りもないとは?!

アスラパット
あなた方は一体、何者なのですか?!
ハッハッハーーー!!!

名乗るほどの者じゃあないが~!

われわれは近くに住むクジャク一族だ~!

今までは炎の砦にはばまれて近づくことができなかったが、どうやら誰かが消してくれたらしいからな~!

好物の毒ヘビを食べに来つつ、あんた方を助けたってわけさ~!

クジャクの一団
プロット王子
そうだったのですか!

助かりましたぞ~!

ハッハッハーーー!!!

いいってことよ~!

毒ヘビを捕食するついでだしな~!

じゃあ、気をつけてな~!

チャクラワット王討伐!頑張れよ~!

クジャクの一団
プロット王子
ありがとうー!

クジャク一族ー!

サトル王子
ありがとうー!

クジャク一族ー!

ハヌマーン
ありがとうー!

クジャク一族ー!

アスラパット
ありがとうー!

クジャク一族ー!

猿軍団
ありがとうー!

クジャク一族ー!

アユタヤー国兵士1
ありがとうー!

クジャク一族ー!

 

こうしてマリワン国を取り囲む炎の砦と毒ヘビの砦はすべて攻め落とされました!

もうこれでマリワン国への道のりをはばむものはありません!

 

注意!

もうお気づきかと思いますが、実際のラーマキエンのお話では、クジャク一族などは出てこず、毒ヘビの砦もハヌマーンたちによって攻め落とされます。

ただ、むかしからヘビは猿の天敵とされており、実際に自然界では猿はヘビを見ると逃げ出します。(^_^;)

ゆきキャベツ
ちょっと、矛盾があるかな~?と思いましたので・・・

この部分は思いっきり脚色して自然界での法則を考慮して話を作って見ました。(汗)

※実際にヘビを見た猿がどうなるのかは、下記の動画を見ればわかりやすいと思うので興味があればご覧ください。

※ちなみにクジャクは毒ヘビの天敵で、自然界では捕食したりするそうです!

キングコブラの毒にも耐性があるそうで、咬まれてもクジャクは死なないそうです!

ゆきキャベツ
そこで今回はハヌマーンたちの代わりに毒ヘビを倒してもらうことにしました!

ラーマキエン26:チャクラワットの息子たち?!最恐最悪?!極悪兄弟登場!

ハヌマーンたち猿の軍団とクジャク一族により、炎の砦と毒ヘビの砦が攻撃されている頃、マリワン国のチャクラワット王は悪夢にうなされていました。

チャクラワット王
うー・・・

う、うーん・・・

は?!

なんじゃ今の夢は?!

なにか災いのたねが迫ってきておるような・・・

チャクラワット王様ー!

ご報告いたします!

マリワン国兵士1
チャクラワット王
む?!

なんじゃ!

こんな夜更けに!

ハ、ハハ!

申し訳ございません!

緊急事態でありましたので!(ビクビク)

マリワン国兵士1
チャクラワット王
緊急事態じゃと~?

わかった!

申してみよ!

ハハ!

さきほど、見張りの者から報告があり、どうやらマリワン国を囲んでいた炎の砦と毒ヘビの砦がどこかの国の軍隊に攻め落とされたようでございます!

マリワン国兵士1
チャクラワット王
なんだと?!

鉄壁の守りだった炎の砦と毒ヘビの砦が落ちたじゃと?!

一体、誰がそのような真似を!

敵の正体はなんだ!?

ハイ!

さっそく偵察部隊を送り、様子を見させたところ、軍勢の中に捕らわれているはずのピペークの姿がありました!

なので、おそらくあの軍勢はアユタヤー国のラーマ王子が送ったものではないかと?!

マリワン国兵士1
チャクラワット王
なに?!

ピペークだと?!

むむむ・・・と言うことは・・・

つまりランカー国でトッサピンが倒されたと言うことか!

許せん!

わが子とも思っているトッサピンを滅ぼすとは!

いかがいたしましょう?!

このままではやつらこちらへ乗り込んでくるのも時間の問題かと?!

マリワン国兵士1
チャクラワット王
ムー!グヌヌ!クソー!

急いでわが息子どもを呼べー!

こちらから奇襲を掛け、やつらを返り討ちにしてやるのじゃー!

ハハー!

すぐに呼んでまいります!

マリワン国兵士1

 

そして最恐最悪のチャクラワット極悪息子たち登場!

 

チャクラワット王
オイ!

息子どもはまだかー!

ハハー!

ただいま到着いたしましたー!!

マリワン国兵士1
オイオイ~親父~!

一体、なんだってんだ~?!

俺たち集めてよ~?

チャクラワット王の息子1
そうだぜ親父!

俺はこれから天女と合コン!

だったんだぜー!

チャクラワット王の息子2
オメーのツラで合コンしたって無駄だろ(ボソ)
チャクラワット王の息子3
あ~ん?!

なんだとテメー!!!

ケンカ売ってんのか~?!

チャクラワット王の息子2
ケッヒッヒッ(笑)
チャクラワット王の息子4
チャクラワット王
うるさいきさまらー!!!

やめんかー!!!

敵が迫っておるのだぞー!!!

あ~?

敵だと~???

ブッ(笑)

チャクラワット王の息子2
オイオイ~(笑)

気持ちはわかるが笑うなよ(笑)

チャクラワット王の息子3
オヤジ~?

敵ってのはどこのどいつだ~?

俺たちの国にたてつこうなんて奇特なおバカ(ブッ!)

いるわけないだろ~(笑)

チャクラワット王の息子1
ウケケケヶ・・・(笑)
チャクラワット王の息子4
チャクラワット王
バカもん!

やつらを甘く見るなーーー!

相手はアユタヤー国の軍隊だ!

お前らも知ってるだろ?!

わしの盟友であり、友人であったトッサカンを倒したラーマ王子たちの手の者だー!

それにだ!

いくら体制が整っていなかったとは言え、ランカー国のトッサピンもクーデター軍もろとも、こうも早く倒されたのだぞー!

あ~ん?

トッサピン?

誰だっけか?

チャクラワット王の息子2
あいつだよ(プププッ!)

ランカー国の・・・ざこだぁ~(笑)

ブヒャヒャヒャ~(笑)

チャクラワット王の息子1
あ~(笑)

あのひ弱なお嬢ちゃんかぁ~(笑)

チャクラワット王の息子2
お嬢ちゃんはねぇだろ~?(笑)

あれでも一応、男だぜ(笑)

チャクラワット王の息子3
ブブブッ!(笑)

ブハハハハー(笑)

チャクラワット王の息子4
オヤジ~!

心配するこた~ね~よ♪

俺たちの敵じゃね~(笑)

まかしときな~(笑)

チャクラワット王の息子1
チャクラワット王
まあ、お前たちならそうそう負けることはないと思うが・・・

(こいつらがタバになって掛かってきたら、わしでも勝てるかどうかわからんからなぁ・・・)

よし!

配下の兵士たちを連れて!

返り討ちにしてこい!

 

こうしてチャクラワット王はガラの悪い息子たちを繰り出して、プロット王子たちアユタヤー国の軍勢を迎え撃つことにしました。

ふてぶてしい態度のチャクラワット極悪兄弟たち!

はたしてプロット王子たちは打ち破ることができるのか?!

 

ラーマキエン27:極悪息子と激突!思わぬ苦戦?絶体絶命のピンチ到来?!

チャクラワットの極悪息子たちが待ち構えているとも知らず、プロット王子たちアユタヤー国の軍勢は、ついにマリワン国に到着しました。

プロット王子
さあー!みんなー!

着いたぞー!

一気に城門を破り総攻撃だー!

サトル王子
よーし!

兄上たちに続けー!

アユタヤー国兵士1
ランカー国のトッサピンと同じくすぐに打ち倒しましょう!
アユタヤー国兵士2
全軍!

プロット王子さまに続けー!

 

ハヌマーン
われらも続くぞー!

遅れるなー!

スクリープ
猿の軍団は全員!

城内に入ったら散らばれー!

プロット王子たちアユタヤー軍を援護するんだー!

猿軍団
ウキキー!

かしこまってござるー!

ウッキー!

 

ついに城内に突入です!

しかしそこに待ち構えていたのは、チャクラワットの極悪な息子たちでした!

さらになにやら乱暴そうな友人たちも引き連れて、マリワン国の軍勢と共に待ち構えていました!

 

プロット王子
むむ?!

さっそく敵のお出ましかー!?

一気に打ち倒してやるぞー!

よ~よ~!

ようやく来たかぁ~?

ずいぶん遅かったなぁ~?

チャクラワット王の息子2
プロット王子
覚悟しろ!

お前たちをまとめて倒してやる!

ずいぶん威勢がいいなぁ~?

その強気がどこまでたもてるかな~?

ふっはっは~~~!

チャクラワット王の息子1
なんすか?なんすか~?

この弱そうな連中~?

チャクラワット極悪息子の友人1
先輩~?

おれら来る必要あったんすかね~?

チャクラワット極悪息子の友人2
ホントだぜ~?

こんなやつら、あんたら兄弟だけでいけるっしょ~?

チャクラワット極悪息子の友人3
アスラパット
むむむ!!!なんだー!?

その余裕たっぷりな態度はー!

バカにするなー!

プロット王子ー!

ここは僕にまかせてください!

いくぞー!そりゃーーー!

強烈爆発魔法だーーー!

ん~?

なにか当たったかぁ~?

チャクラワット王の息子1
アスラパット
な?!なにー?!

僕の強烈爆発魔法が効かないだってー?!

やれやれ~~~(笑)

子供の遊びには付き合ってられんなぁ~(フッ!)

爆発っていうのはなぁ~!

こういうことをいうんだ~!よ!

チャクラワット王の息子1
アスラパット
う!うわぁぁぁー!!!
スクリープ
危ないー!

アスラパット!逃げるんだー!!!

クッ?!間に合わないか?!

こうなればアスラパットを遠くに突き飛ばすしかない!

そりゃー!(ドン!)

アスラパット
あ!?

スクリープ大おじーーー!

アスラパット
大おじーーー!
アスラパットーーー!

大丈夫かー?!

ハヌマーン
アスラパット
ハイ!

僕は大丈夫です!父上!

それよりもスクリープ大おじがー!

ハヌマーン
アスラパット!

ここで待っていろ!

おじ上ー!(バババッ!)

スクリープ
・・・
ハヌマーン
おじ上?!
スクリープ
うぅ・・・

う・・・

ハヌマーン
良かった・・・

まだ生きている・・・

オーイ!まだ生きているぞー!

早くここから連れ出して、回復させるんだー!

猿軍団
ウキキー!

急げー!

おや?まだ生きてたか?

しぶといね~?(笑)

チャクラワット王の息子1
ブッひゃひゃひゃひゃひゃ~~~(笑)
チャクラワット王の息子4
ハヌマーン
きさまら・・・

許さんぞー!!!

巨大化して踏み潰してくれるわーーー!!!

おおう?!

デカくなりやがったぜ~?!

チャクラワット王の息子3
こりゃ~ちょっとヤバいんじゃねーっすか~?!
チャクラワット極悪息子の友人1
ハヌマーン
さあ覚悟しろ!!!

ひと思いに踏み潰してやる!!!

ヘッヘッヘ~!

兄貴たちよ~?

ここは俺にまかせてくれや~?

チャクラワット王の息子4
お?なんだぁ?

・・・・・・・・・

あ~!そういうことか♪

いいぜ~!好きにしな~(笑)

チャクラワット王の息子1
うっへっへ~!

デカくなったんなら~・・・

もっとデカいもんで囲っちまえばいいのさ~♪

ほほいのほいさーーー!(ボボボワーン!)

チャクラワット王の息子4
サトル王子
な!なんだー?!

地面が揺れてるぞー?!

アユタヤー国兵士1
ああ?!あ!!!

あれを見ろー!山がー!

ヘハハハハハ~~~!

せっかくデカくなったのに残念だったなぁ~(笑)

チャクラワット王の息子2
プロット王子
こ?!これは?!
ハヌマーン
や・・・山に・・・囲まれたのか・・・?!

 

なんと!?

チャクラワットの息子は大きな山に姿を変え、巨大化したハヌマーンはおろか、他の猿軍団やプロット王子たちアユタヤー国の軍勢までもすべて取り囲んでしまいました!

 

ハヌマーン
ク!ク~!!!

この程度の山など、ひとっ飛びで乗り越えてくれるわーーー!!!

そりゃ!

おお~っと(笑)

そうはいかないぜ~(笑)

オリャ!オリャ~!(ボンボン!)

チャクラワット極悪息子の友人1
俺にもやらせろ~!

そりゃりゃ~!(ボババン!)

チャクラワット極悪息子の友人2

アスラパット
父上ー!!!
ハヌマーン
だ・・・大丈夫だー!

攻撃自体は大したことはない!

しかし・・・クッ!!!

山の上から攻撃されたのでは不利だ!

なんとかここから抜け出す方法はないか?!

 

山に囲まれて身動きがとれなくなり、圧倒的に不利な状況で戦わざる負えなくなったハヌマーンやプロット王子たちアユタヤー国側の軍勢・・・

このままでは一方的な攻撃にさらされ、全滅はまぬがれない!?

一体、どうなってしまうのか・・・?!

ピンチを脱し、チャクラワット王率いるマリワン国に勝つことはできるのだろうか?!

 

つづく・・・

 

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!8:まとめ

いかがでしたでしょうか?

マリワン国まで乗り込むことはできたものの、チャクラワット王の極悪息子たちに思わぬ苦戦を強いられてしまったハヌマーンやプロット王子たち・・・。

はたして見事ピンチを脱し、チャクラワット王率いるマリワン国の勢力に勝つことはできるのだろうか?!

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

ブログランキング参加中です!

↓ 良ければポチっとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイで有名な物語『ラーマキエン』
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.