タイで有名な物語『ラーマキエン』

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!4

2019年8月9日

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーやワットプラケオに描かれている壁画ってどういう意味があるのだろう?何やらストーリー仕立てな感じだけど、一体、どんな話なの?そういえば、タイの古典舞踊演劇でも壁画に描かれていたような、お面をかぶっていた気がするけど、何か関係があるのかな?

 

 

 

こんな疑問に答えます♪

 

 ※ラーマキエンシリーズを読むのが初めての方はこちらのまとめ記事からご覧ください。

ラーマキエンシリーズまとめ記事

【ラーマキエン】知ってるとタイ人と仲良くなれる物語【まとめ】

全17記事にわたって詳細に「ラーマキエン」についてまとめてあります。

ラーマキエンについて知りたい方は必見です!

 

記事の内容

・タイ旅行前に知っておきたい壁画の物語『ラーマキエン』のストーリー

世界観崩壊バージョン!

ラーマキエンのお話はタイ人なら知っているのが常識と言うくらい、タイで有名な物語です。

またタイ旅行ではバンコクのワットポーやワットプラケオを観光で訪れる人が多いと思います。

そんなワットポーやワットプラケオなど、タイの寺院で頻繁に見かけることになる壁画の物語。

それが今回ご紹介する『ラーマキエン』です。

観光で寺院を訪れるほとんどのタイ旅行者は、壁画に描かれているものが何なのかすら解らない人が多いと思います。

ですが、実はこの壁画に描かれているラーマキエンと言う物語は、タイ人なら知らぬ人はいないと言うほど、超有名なお話なのです。

まさに・・・

『ラーマキエンを知らずしてタイは語れない!』

と言っても過言ではないくらいタイでは有名なお話です。

ゆきキャベツ
せっかく、タイ旅行でワットポーやワットプラケオを初めとした寺院を観光するのですから、そこで見られる壁画の物語『ラーマキエン』について、事前に知っておくべきでしょう。

壁画のお話『ラーマキエン』を知れば、ただ漠然と観光地を見て廻るよりも、より深くタイ旅行を楽しむことできます。

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私も元々はタイ旅行初心者で、ワットポーやワットプラケオで見かける壁画の意味が解りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行を繰り返していれば、タイの寺院で頻繁に見かける壁画に描かれた何とも面白い『ラーマキエン』と言う物語ついて知ることができました。

また実際にタイ人と仲良くなるための、きっかけとしても『ラーマキエン』を話題にすることもあります。

ゆきキャベツ
初対面の外国人に「日本の桃太郎のお話って面白いよね!」と言われたら、どう思いますか?

日本人なら誰でも知ってる昔話を知ってくれてるってだけで、何となく親近感を感じますよね?

それと同じようにタイ人なら誰でも知ってる物語をあなたが知っていると言うだけで、何となく初対面のタイ人からも親近感を持たれてしまうわけです。

所要時間

この記事はほんの5分ほどで読めます。

『ラーマキエン』の物語を小学生でもわかるようなコミック仕立てにしています。

なので漫画を読むような感覚でスラスラと読んでいただけます。

記事全編を読み終わった頃には、タイの寺院で頻繁に見かける壁画の物語『ラーマキエン』についてわかるようになります。

ストーリーも、とても面白いのでぜひ読んで見てくださいね!

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!4

それでは『ラーマキエン物語』シリーズ記事の続きです!

どうぞ記事をお楽しみください♪

ラーマキエン16:心強い味方!ハヌマーンと猿の軍団登場!

ラーマ王子とラック王子は、トッサカンのあとを追い、鬼の国ランカーへ向かいました。

 

ラーマ王子
急ぐぞラック!

早くしなければ、シーダ姫がどうなってしまうかわからない!

ラック王子
ハアハア・・・そうは言っても兄さん。

そろそろ限界だ。

どこかで一度、休まないとランカー国へ着く前にへばってしまうよ・・・。

ラーマ王子
うーむ、仕方がない。

やつらと戦う体力も残しておかなければな。

ではどこかで休むとしよう。

 

消耗した体力を回復するため、ラーマ王子たちは一度、近くの木陰で休むことにしました。

するとそこへ1匹の白い猿が通りがかりました。

 

ラーマ王子
おお!ちょうど良いところに!

そこの白き猿どの!

悪いが何か渇きを癒やすものをお持ちではないかな?

おや?このようなところで、どうなさいましたか?

喉が渇いているようですな。

ここに水があります。

これをお飲みなさい。

ハヌマーン
ラーマ王子
おお!これはありがたい!

いただくとしよう!(ゴクゴク・・・)

ラック王子
兄さん!

私にもください!(ゴクゴク・・・)

ラーマ王子
いや、助かった!

ありがとう!白き猿どの!

ハハハ、白き猿ですか。確かにそうですな(笑)

私の名前はハヌマーン

風神より力を与えられ、シヴァ神さまより知恵を授かった猿です。

ハヌマーン
ラーマ王子
おお!

風神から力を与えられ、シヴァ神さまから知恵を授かったとは!

それは凄い!

私はアユタヤー国のラーマ王子。

これから鬼の国ランカーへ向かい、さらわれた妃のシーダ姫を取り返しにいくところです。

良ければ、一緒にきて力を貸してもらえないだろうか?

むむ?!ラーマ王子ですと?!

私の姿に気づき、話しかけてきたことといい、この方はもしや母サワーハから聞いていたヴィシュヌ神の生まれ変わりでは?!

わかりましたラーマ王子!

ともに鬼の国ランカーへゆき、鬼退治をいたしましょうぞ!

ハヌマーン
ラーマ王子
これはありがたい!

ではよろしく頼みますぞ!

近くに私の叔父と仲間もいます!

連れてまいりますので、彼らもお供に加えてくだされ!

ハヌマーン
ラーマ王子
ますますありがたい!

もちろんともにゆこうぞ!

あなたがラーマ王子ですな!

ハヌマーンの叔父、スクリープです!

ともに鬼退治にまいりましょうぞ!

スクリープ
ウッキッキー!

我々、猿の軍団もお供いたしますぞ!

ともに鬼退治をいたしましょう!

ちなみにきびだんごはいりませぬぞ!

猿軍団

 

こうして心強い味方を得たラーマ王子一行は、ついに鬼の国ランカーへ辿り着くのでした。

ラーマキエン17:潜入!鬼の国ランカー!シーダ姫の運命やいかに?!

鬼の国ランカーへ到着したラーマ王子たちは、まずハヌマーンたち3匹の猿を偵察に向かわされることにしました。

 

ハヌマーン
ラーマ王子!

それでは我々、猿軍団の中から選りすぐりの強者、3匹がランカー国へ潜入し、内情を探ってまいります!

ラーマ王子
うむ!よろしく頼む!

くれぐれも気をつけてな!

 

こうして猿軍団から選りすぐった3匹の猿たちは、鬼の国ランカーへ潜入していきました。

 

一方その頃、ランカー国内では・・・

 

トッサカン
シーダ姫よ。そろそろ観念して、俺様の妃とならぬか~?

ん~?欲しいものは何でもやるし、優しくもしてやるぞ~?

嫌よ!

私にはラーマ王子という立派な夫がいるのよ!

それにあなたにだって、もうお妃がいるじゃない!

シーダ姫
トッサカン
別に妃はひとりでなくてはならないなんてことはない。

王である俺様は何人でも妻を娶ることができるのだ!

ワッハッハー(笑)

じゃあ他の人を選べばいいじゃない!

私はあなたの思い通りにはならないわ!

シーダ姫
トッサカン
ふっ、強情な女だ。

だがそれもまた、良いのぉ~。

時間はたっぷりある。これから可愛がってやるぞ~(笑)

オイ!女を閉じ込めておけ!

トッサカンの手下2
ハハ!かしこまりました!
サンマナッカー
ふふふ・・・。ざまあみろだわ(笑)

私をこんな目にあわせた罰よ!

ラーマ王子たちがこれを見たら、どう思うかしら(笑)

 

ところ変わってランカー城内、シーダ姫の閉じ込められている一室では・・・

 

シーダ姫
あぁ、ラーマ王子さま・・・。

ごめんなさい。これ以上、トッサカンに言い寄られ、はずかしめを受けるのに耐えられないわ。

いっそ、ここで首を吊ることにします・・・。

 

トッサカンからの、はずかしめに耐えられなくなったシーダ姫は閉じ込められている部屋で首を吊ろうとしていました。

と、その時・・・。

 

お待ちください、シーダ姫さま!
ハヌマーン
シーダ姫
は?!あなたは誰?!

何者ですか?!

私の名はハヌマーン。

ラーマ王子さまたちと共に、あなたを助けにまいった者です。

ハヌマーン
シーダ姫
まあ?!

ラーマ王子さまが来ているのですか?!

どちらにおいでに?

今はランカー国の外におります。

先に我々3匹の猿が城内の様子を探るため、偵察にきたのでございます。

ハヌマーン
シーダ姫
そうなのですね!

わかりました!

では私はどうすれば?

はい、すぐにラーマ王子さまと共に助けにまいります。

それまでどうか、早まった真似はせずにお待ちください。

ラーマ王子さまより、これを預かってまいりました。

ハヌマーン
シーダ姫
まあ、これはラーマ王子さまの指輪・・・。

わかりました。

ではここで助けが来るのを待つことにいたします。

はい!

すぐに助けにまいりますので、お待ちください!

ハヌマーン

 

さらにところ変わって、ランカー城内、トッサカンの寝室では悪夢にうなされるトッサカンの姿がありました。

 

トッサカン
うーんうーん・・・。

は?!ゆ、ゆめか・・・。

何という不吉な夢だ・・・。

俺様が何者かに殺される夢を見たぞ・・・。

兄上!
ピペーク
トッサカン
むむ?

誰じゃ、こんな時間に!

わたくしです!

弟のピぺークでございます!

ピペーク
トッサカン
なんじゃ、ピペークか。

こんな時間に一体、どうしたというのじゃ?

兄上。

私の予言によれば、あのシーダ姫なる女性は兄上にわざわいをもたらす者です。

また、それだけにはとどまらず、我々、鬼の一族をも滅ぼしかねません。

悪いことは言いません。

すぐにシーダ姫をラーマ王子にお返しください!

ピペーク
トッサカン
何を申すかと思えば、たわけたことを!

もう良い!お前の顔など見たくもないわ!

そっこく、この国から出てゆけ!追放じゃ!

 

弟ピペークの助言に怒り狂ったトッサカンはなんと、鬼の国ランカーから追放してしまいました。

 

あぁ・・・、兄上はなぜわかってくださらないのだろう・・・。

ひとりの女のために兄上のみならず、我々、鬼の一族すべてが滅ぼされかねないというのに・・・。

ピペーク

 

兄トッサカンから鬼の国ランカーを追放されたピペークは、失意の内に国を去ることになりました。

その途中、偶然にもラーマ王子たち一行と出くわしました。

 

猿軍団
むむ?!あれはなんだ?

鬼の国からこちらへ向かってくる者がいるぞ?!

ラック王子
ん?どうした?

何やら騒がしいようだが・・・?

猿軍団
ハイ!

鬼の国の方からこちらへ向かってくる者がおります!

ラック王子
なに?本当か?どれどれ・・・。

ほー、本当に鬼の国からこちらに向かってくる者がいるようだな。

さっそく、兄さんに報告することにしよう。

兄さ~ん!

ラーマ王子
どうしたのだラックよ。

何かあったのか?

ラック王子
はい。

鬼の国より何者かが、こちらへ向かってくるようです。

ラーマ王子
なに?!わかった。

それではこちらへ来たら、その者に何者か尋ねてみることにしよう。

 

そして20分後・・・

 

ラーマ王子
待たれよ!

私はアユタヤー国のラーマ王子だ!

鬼の国より来られし、そなたは何者であるか?

あなたがラーマ王子ですか・・・。

私は鬼の国ランカーの王、トッサカンの弟ピペークと申します。

ピペーク
ラック王子
なんだって?!

トッサカンの弟だと!

よくも我々の前に姿を現せたものだな!

今すぐここで打ち倒してくれようぞ!

ラーマ王子
まあ、待てラックよ。

どうやらこちらに敵対している様子はない。

何やら事情がありそうだ。

まずは話を聞いてみることにしようぞ。

ラック王子
わかりました。

兄さんがそういうのなら従いましょう。

ラーマ王子
ふむ。

それではピペークどの、何やら事情がおありのようだが、良ければ話してくださらぬか?

はい、実は私は予言者でございます。

その私の予言によれば、シーダ姫さまを捕らえ続けていれば、いずれ兄トッサカンのみならず、我々、鬼の一族に大きな災いが起こることがわかりました。

なので兄へ、すぐにシーダ姫をラーマ王子にお返しくださいと進言しました。

すると兄の怒りを買ってしまい、国を追放されたのでございます。

ピペーク
ラーマ王子
おお!

ではあなたはシーダ姫を返そうとしてくれたのですね。

そうとは知らず、非礼を働いたこと、お詫びいたします。

なんと・・・。私のような者に詫びなどと・・・。

やはり兄は間違っている。

これほどの方を敵に回すとは・・・。

ラーマ王子さま、感服いたしました。

どうか私を家来にお加えください。

ともに兄トッサカンを倒しましょうぞ!

ピペーク
ラーマ王子
なんと!

実の兄を倒すために共に来てくださると?

本当にそれで良いのかな?

はい、兄にはもう何を言っても無駄でしょう。

これ以上、無益な争いをせぬため共に戦います。

ただ願わくば、犠牲は最小限にとどめ、我が鬼の一族を滅ぼすことだけは思いとどまってくれますよう、お願いいたします。

ピペーク
ラーマ王子
わかりました。

私も敵味方ともに無駄な犠牲を出すことは望んでいません。

無抵抗な鬼を退治しないと約束しましょう。

それを聞いて安心いたしました。

ではぞんぶんに私をお使いください。

力を尽くして共に戦います!

ピペーク

 

こうしてさらにピペークという心強い味方を付けたラーマ王子たちはついにトッサカンとの決戦に向かいました。

ラーマキエン18:戦え!ラーマ王子!鬼の城ランカー城へ総攻撃だ!

鬼の国ランカーの王トッサカンと決戦するため、ラーマ王子たちはランカー城の近くまで来ました。

そして門番のすきを突き、一気にランカー城内に攻め込みました!

 

ラーマ王子
みなの者!今だ!

一斉に攻め込み、トッサカンを成敗してくれようぞ!

われに続けー!!!!!

ラック王子
よーーーーーし!

いくぞー!

ハヌマーン
総攻撃だー!

一気になだれ込めー!

スクリープ
猿軍団よー!

我に続けー!

猿軍団
ウッキッキー!

ついて行きますぞー!ウキー!

ピペーク
兄上!

お覚悟召されー!

 

ところ変わってランカー城内では・・・

 

トッサカン
んー?

何やら外が騒がしいような・・・?

トッサカンさま!

一大事でございます!

トッカサンの手下1
トッサカン
何ごとじゃ。騒々しい。

落ち着いて話してみよ。

ハハ!先ほどよりラーマ王子たちの部隊が突如としてランサー城内に攻め入ってございます!

その中には弟ぎみのピペークさまの姿もございました。

不意をついての奇襲で現在、こちらは防戦一方・・・。

我々、鬼たちは次々に倒されております・・・。

トッカサンの手下1
トッサカン
なに?!ラーマ王子たちが攻め込んできただと?!

その上、ピペークまでもやつらの仲間に?!

クー!こしゃくな!返り討ちにしてくれるわ!

すぐに手下どもを集め反撃するのだ!

ハハ!かしこまりました!
トッカサンの手下1

 

徐々に集まり始めたトッサカンの手下も戦いに加わり、ランサー城内は敵味方入り乱れての乱戦状態となりました。

さらにはトッサカンの親族や友人たちまでもが加わり、双方ともにあらゆる魔法が入り乱れ、まさに激戦と呼ぶにふさわしい激しい戦いが繰り広げられました。

 

ラーマ王子
それ!これでも食らえ!

ギガ○イン!(バリバリバリー!)

ギャー!しびれるー!
トッカサンの手下1
ラック王子
やるな~兄上!それならこっちはこれだ!

メラ○ーマ!(メラメラメラ~!)

ぐえ~!熱い~!助けてくれ~!
トッサカンの手下2
ハヌマーン
ラ、ラーマ王子さま!ラック王子さま!

その魔法は物語が違いますぞ!

著作権とかいろいろ問題あるかも知れませんから、魔法のネーミングには気をつけてくださいませー!

どうか当たり障りのないものをー!

ラーマ王子
そ、そうか!すまぬ!

ではこれだ!強力な氷の魔法だー!おりゃー(ヒュオーーー!)

キヒー!冷たいー!

凍ってしまうー!

トッサカンの手下3

 

えーい!何をやっておるか!みなの者!

一気に攻めて押し返せー!

クソーこれでも食らえー!

強大な爆発魔法だー!(ドドドカーン!)

トッサカン
スクリープ
うわー!やられたー!

このままでは倒されてしまうー!

猿軍団
隊長がやられたー!

助けるぞー!

ピペーク
私にお任せをー!

超回復魔法だー!(ヒーリーング!)

 

人のことより、自分の心配をしなさい!この裏切り者!

それ!超強力真空魔法ー!(シャシャシャー!)

サンマナッカー
ピペーク
うわー!やられたー!
ハヌマーン
大丈夫か!ピペークどの!

それー!反撃だー!食らえ!ふん!

(ヒラリ!)

そんな攻撃は当たらないわよ(笑)

サンマナッカー
ウゲー!やられたー!
トッサカンの手下5
あらま?

うしろの手下に当たってしまったわね(汗)

サンマナッカー

 

ラーマ王子
くー!このままではらちがあかない!

ハヌマーン!着いてきてくれ!

一気にトッサカンに勝負を挑み、決着をつけるぞ!

ハヌマーン
ハハ!

お供いたしますぞ!

ラーマ王子
よし!ではラックよ!

私がトッサカンとの勝負の間、他の敵を食い止めてくれよ!

ラック王子
了解だ兄さん!

誰にも邪魔はさせないぞ!

 

ラーマ王子とハヌマーンは大乱戦を抜けだし、一気にトッサカンとの勝負に挑みました。

【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!4:まとめ

いかがでしたのでしょうか?

大乱戦から抜け出したラーマ王子とハヌマーンは見事宿敵トッサカンを倒せるのでしょうか?

続きはこちらからどうぞ!

続き:【ラーマキエン】世界観崩壊で描くラーマキエン!5

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

人気ブログランキング参加中です!

良ければポチッとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイで有名な物語『ラーマキエン』
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.