タイ旅行での観光地 ワットポー

タイマニアが答えるワットポーの疑問19選PART1

2019年9月9日

https://yukilifeblog.com

タイ旅行で多くの人が訪れる観光地、ワットポーには何があるの?巨大な仏像以外にワットポーの魅力ってあるの?ワットポーの行き方は?見どころは?料金は?営業時間は?歴史は?所要時間は?何か注意する点はある?ワットポーで受けられるマッサージって何?服装で入場を断れるの?どうすれば良い?でっかい仏像が寝てるけど、何で寝てるの?何でパンチパーマなの?ワットポーの近くで休憩できるところは?ワットポーを見たあとは、どこを廻ろうか?

 

 

こんな疑問に答えます♪

 

タイ旅行と言ったらバンコク!

バンコクと言ったらタイ3大寺院巡りですよね!

今回はタイ3大寺院のひとつである

『ワットポー』

についてまとめて見たいと思います。

何も知らずにワットポーを見るのは損です。

タイ旅行でワットポーを見る前に知っておきたい知識をすべて教えます。

ワットポーについて、かなり網羅的にまとめるので、1つの記事にすると相当、長くなってしまいます。

なのでワットポーについては記事を3つに分けて掲載したいと思います。

この記事はワットポーシリーズ第1回目の記事です。

第1回目の記事内容

「ワットポーの基本情報」

「ワットポーの最寄り駅(行き方)」

「ワットポー観光での服装について」

「ワットポーでの注意点」(重要・詐欺注意)

「ワットポーのマッサージについて」

「ワットポーのルーシーダットンについて」

「ルーシーダットンで国際問題に発展しかけた日本とタイ」

「ワットポーのマッサージは高いと思う人が行くべき激安マッサージ店密集地帯」

タイマニアが答えるワットポーの疑問19選PART1

第2回目の記事内容

「ワットポーの歴史」

「そんなに古くないワットポーでのマッサージの歴史」

「ワットポーにいるでっかい仏様が寝そべってる理由」

「仏様がパンチパーマと言う昭和風味なヘアースタイルの理由」

「仏様が実は一部の女子たちにモテモテな理由」

「寝そべってる仏さまが原因でタイ政府に苦情言われちゃったソニーのCM」

タイマニアが答えるワットポーの疑問19選PART2

第3回目の記事内容

「ワットポーの見どころ」

「ワットポーで108つの煩悩を捨て去れない理由」

「ワットポー周辺のおすすめ休憩スポット」

「ワットポーのあとに観光して欲しいおすすめスポットへの行き方」

タイマニアが答えるワットポーの疑問19選PART3

自己紹介

この記事を書いている私は、タイ旅行には何度も行っており、長い時には1ヶ月近く滞在することもあります。

タイにはトータル2~3年は滞在しており、タイ旅行での不安や疑問を良く相談されます。

そんな私もタイのワットポーについて何も知りませんでした。

とは言え、何度もタイ旅行に行っていれば、ほぼ完璧にタイのワットポーについてわかるようになりました。

今回は『ラーマキエンシリーズ記事』で活躍してくれたハヌマーンと息子のアスラパット、それとワットポーで寝てる仏様も登場してもらいます。

ハヌマーン
わしがハヌマーンじゃ~。

よろしくの~。

アスラパット
アスラパットだよ!

今日は父ちゃんと一緒にワットポーに遊びに来た~!

ワットポーの仏
わしが仏じゃ♪

なんで寝てるかって?

そんなの!仏だけにほっとけ~!

とは言わずに、ちゃんと教えてやるぞい♪

所要時間

この記事はほんの6~7分ほどで読み終わります。

読み終わった頃には、タイ旅行での定番観光スポットであるワットポーについてわかるようになります。

タイマニアが答えるワットポーの疑問PART1

タイ旅行の定番スポット『ワットポー』

どうせタイ旅行でワットポーを観光するなら、事前にいろいろ知っておいた方がお得です。

ワットポーの魅力をあますことなくお伝えします。

ハヌマーン
さあ!わしらと共にワットポーを見ていこう!
アスラパット
ワットポーは以外と広いから、一通り見たいと思うなら滞在時間は1時間くらいは予定しとくと良いよ!

マッサージを受けるなら、プラス1~2時間は予定しておこう!

【ワットポー】基本情報

ワットポーはバンコク、プラナコン地区にある仏教寺院です。

菩提の寺という意味があります。

アユタヤ王朝末期プラペートラチャ王の時代(1688~1703年)に創建されたバンコク最古の寺院です。

タイ王朝ラーマ3世(1824~1851年)が17年かけて全長46メートル、高さ15メートルの涅槃仏を祀る本堂と回廊、礼拝堂、71の仏塔を建立しました。

ワットポーの正式名称は「ワット プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム ラーチャウォーラマハーウィハーン」と言います。

ハヌマーン
ワットポーは歴史も古く由緒正しい立派なお寺じゃ!

タイでは寺院が第1~3級に分けて格付けされておるが、ワットポーは『第一級ラーチャウォーラマハーウィハーン』 と言う、最上級の格付けなのじゃ!

でっかい仏像が寝てるだけじゃ~ない!

タイの聖域と言っても過言ではないのだ!

【ワットポー】営業時間・入場料・所在地など

名称:ワット・ポー(WAT・PHO)

営業時間:8:00~18:30(涅槃仏の拝観時間は8:30~16:00まで)

入場料:200バーツ(ミネラルウォーターひとつを含んだ料金です。)

所在地:2 Sanamchai Road. | Grand Palace, Pranakorn, Bangkok 10200, Thailand

公式サイト:http://www.watpho.com/index.php?lang=en

アスラパット
ほんの数年前は100バーツで入場できたんだけど、一気に倍に値上げされてしまったんだ・・・。

タイ人は無料に据え置きされてるところを見ると、外国人旅行者はあまり歓迎されてないのかも・・・。

大声で騒いだり、お菓子を食べながら観光するマナーの悪いアジア系の旅行者も多かったし・・・。

ワットポーはタイの人たちが大切にしている場所!

キチンとルールとマナーを守って、観光するように心がけたいね!

【ワットポー】所在地マップ

ハヌマーン
この地図をグーグルマップアプリで見たい人はこっちじゃぞ!

Googleマップ(ワットポー)

【ワットポー】寺院内マップ

アスラパット
寺院内はすっごく広いから寺院内マップを見ながら巡った方が良いかも!

【ワットポー】最寄り駅(行き方)

ワットポーの最寄り駅をいまだにMRTファランポーン駅や水上バスのターチャーンやラーチニー船着場とか言ってるサイトが多いですが、それは間違いです。

ワットポーの最寄り駅はMRTブルーラインの『サナムチャイ駅』です。

タイ旅行の滞在先にもよりますが、基本的にバンコク中心部からは電車オンリーで行けるので、わざわざサパーン・タークシン駅まで行って水上バスに乗り換えるなんて、従来の面倒くさい行き方は止めましょう

最寄り駅のMRTブルーライン『サナムチャイ駅』まで行けば、あとは徒歩で行けます。

※2019年7月29日からワットモンコン駅~タープラ駅の合計5駅(ワットモンコン駅、サムヨット駅、サナムチャイ駅、イサラパープ駅、タープラ駅)MRTブルーラインが運行します!

ただし2019年9月28日までは、試乗期間となり10:00〜16:00までの限定運転となります。

しかし、この期間はなんと!ワットモンコン駅~タープラ駅は無料で乗車できるそうです。(*^_^*)

正式運行は試乗期間後となるようです。

参考サイト:タイ・BEMコーポレートニュース

バンコク鉄道路線図

アスラパット
※クリックすると拡大するよ!

最寄り駅(サナムチャイ駅)~ワットポーまでの道順

アスラパット
この駅ができたおかげで、もう水上バスを使った面倒な行き方や、タクシーやトゥクトゥクでぼったくられる行き方をしなくて済むようになったんだ!
ハヌマーン
詳しいワットポーの行き方を確認したい人はこっちの記事を参考にすると良いぞ!

乗り換え駅の道筋なんかも解説しておるぞよ!

【ワットポーの行き方】電車オンリーで行けます!【最新版】

※タイ旅行の滞在先がBTSシーロム線バンワー駅~クルントンブリー駅だった場合、サパーンタークシン駅から水上バスに乗り換えで行った方が早いので、そっち方面からワットポーに行くなら、こっちの記事の方が良いかもじゃ!

【ワットポーの行き方】パターン4選を徹底解説!

【ワットポー】観光時の服装について

ワットポーの服装については、ワットプラケオや王宮よりもチェックはそれほど厳しくはないです。

基本的に寝釈迦仏(寝そべってる仏様)のところを見る時だけ、チェックが入ります。

それ以外は特にチェックされることはないようですね。

まあ服装チェックが入ったとしても、入り口で緑の羽織り物を無料で貸してくれるので、見ることができないと言うことはないです。

【ワットポー】男性の服装

男性なら下は普通に長ズボンやジーンズ、ひざ下丈くらいの短パンくらいならOKっぽいです。

上も普通にTシャツ、あるいはポロシャツなんかでOKっぽいです。

 

 

 

 

 

 

普通に上下共こんな感じのラフな服装でOKです。

基本的に寝釈迦仏の建物には靴を脱いで入るので、脱いだり履いたりしやすい履き物にしましょう。

【ワットポー】女性の服装

女性の場合は、若干、厳しいようで露出の多すぎる服装はNG見たいです。

あとはあまりにも身体のラインが出過ぎているものもチェックが入るっぽいです。

7分丈のパンツにTシャツと言ったスタイルなら問題ないようですが、肩が露出したものもダメみたいです。

ゆきキャベツ【運営者】
私の場合は、上は普通のシャツに下は短パンやタイパンツで行きます。

下記のような感じです。

 

 

女性の場合は下はタイパンツの人もちょこちょこ見かけますね。

ゆきキャベツ【運営者】
こんな感じ。以外と可愛いくて動きやすい(笑)

日本人観光客の中では肩の露出しないマキシワンピやロングワンピの人もみかけます。

マキシワンピやロングワンピだと服装チェックの厳しい王宮関連の寺院でも問題なく入場できるようです。

ゆきキャベツ【運営者】
私の場合、ワットポーや王宮などを観光したあとに、ちょっとドレスコード面倒くさいかなぁと言うような店(シロッコやスカイバーなどのルーフトップバーとか)に行く予定がある時はマキシワンピかロングワンピを着てくことが多いです。

そういう予定がなければ、タイパンツに肩が隠れるシャツと言う服装で行きます。

王宮の方に行かない時は、7分丈のパンツに普通の半袖シャツと言う感じです。

当日にどこかでマッサージも体験したい!と思うなら、それが一番、ラクだったりします。(笑)

当日、ワットプラケオや王宮も一緒に観光する場合

ワットポーは割と平気だったりしますが、ワットプラケオも一緒に観光する場合は、服装チェックが厳しいので注意しましょう。

女性の場合は上記のようなマキシワンピやロングワンピならOKなようです。

タイパンツにTシャツと言う服装でも大丈夫でした。

しかし7分丈のパンツはNGでした。(汗)

下はくるぶしまで隠れるものならOKっぽいです。

靴はかかとのあるサンダルはOKなようです。

男性の場合は短パンだとダメだったりします。

基本的にはくるぶしまで隠れるズボンにした方が無難です。

下記画像くらいの丈のパンツでNGだされている人もいました。

基本的にNGとされている服装は以下のような感じです。

・肩が出る服

(肩が出る服でも、上から1枚羽織れるものがあればOKっぽいです。)

・おへそが出る服

・短パン

・スパッツ・レギンスなど

(肌が出ていなくても、身体のラインが出てしまうものもNGなようです。)

・ダメージ加工されたズボン

(穴があいたもの。穴が開いてるように見えるものもNGなようです。)

・サンダル

(かかとがあればOKっぽいです。)

大人は結構、服装チェックが厳しいけど、なぜか子供はチェックがゆるいです。(^_^;)

普通に短パンでもノースリーブの服でも大丈夫なようでした。

最悪、服装チェックが入っても、無料で借りることはできます。

※借りるところは混雑しているので、少し時間が掛かります。

※保証金として200バーツくらい掛かります。

※レンタルした服を返す時にお金は返してくれます。

【ワットポー】ワットポーの注意点(詐欺注意)

ワットポーを観光する際の注意点についてもお伝えしておきます。

ワットポー周辺のトゥクトゥクドライバーや身なりの良い格好で近づいてくる人の中には、詐欺に加担する人もいるので、注意してください。

具体的には・・・

・今日はワットポーは休みだから入れないと言われる。

(実際は休みじゃないのに・・・)

(別パターンとしては、今日は午前中セレモニーで入れない、ラッキーブッダとかスタンディングブッダに格安で連れて行ってやる等です。)

・そして適当に数カ所連れ回されたあとに連れて行かれるのが・・・

・かなりお高めな金額(ぼったくり料金)のシルバーアクセサリー店や紳士服やドレスの仕立て屋、宝石店などです。

※やたら身なりの良い人だったりもして、一概に詐欺師っぽくはなかったりもします。

※著者は1回、引っかかって、宝石店につれて行かれました。

※買うのを拒むと、その場に放置されてしまいました。酷いもんです。(汗)

【ワットポー】タイ古式マッサージ!

ワットポーではマッサージを受けることも出来ます。

マッサージ店が寺院内に併設されているので、タイ古式マッサージを体験して見たい方は、一緒に受けて見るのも良いと思います。

上記の寺院内マップでは20番の位置です。

外観はこんな感じです。

ハヌマーン
タイミングによっては結構、混雑しておる時もあるから時間配分には注意しての!

ワット・ポーマッサージスクールサービスセンター

ワットポー寺院内に併設されている店はバンコクスタイルのタイ古式マッサージ店の老舗

『ワットポーマッサージスクールサービスセンター』

ここはタイ古式マッサージスクールが運営するマッサージ店で、正直、バンコクで下手なマッサージ店にいくなら、ここにいった方が間違いがないと思います。(*^_^*)

タイ旅行時にワットポーを訪れるなら、一度は体験してもらいたいマッサージ店です。

・お店の詳細

下記に店の詳細を書いておきますね。

名称:ワットポーマッサージスクールサービスセンター

営業時間:毎日 8:00~17:00

アスラパット
※マッサージ店のドアや看板にはなぜか営業時間が19時までと書いてあったりするけど、実際は17時までだから間違えないようにね!

住所:2 Sanamchai Road, Pra Nakorn, Bangkok 10200

電話:

公式サイト:https://www.watpomassage.com/

・マッサージ料金

一般的な各種マッサージ施術料金です。

ゆきキャベツ【運営者】
※去年、私がタイ旅行で訪れた時はこの料金でしたが、タイミングによっては若干、変わっている可能性もありますので、あらかじめご承知おき下さい!

・タイ古式マッサージ

(30分)260バーツ

(1時間)420バーツ

・フットマッサージ

(30分)280バーツ

(1時間)420バーツ

・オイルマッサージ

(1時間)620バーツ

・所在地マップ

ハヌマーン
この地図をグーグルマップアプリで見たい人はこっちじゃぞ!

Googleマップ(ワットポーマッサージスクールセンター)

・ワット・ポーマッサージスクールサービスセンター動画

ワットポーマッサージスクールの動画ありましたので、掲載しておきます。

アスラパット
参考にしてね!

・タイ古式マッサージを受けるのが初めて人は?

「タイ旅行が初めて・・・タイ古式マッサージをスムーズに受けられるかな?」

「何か知っておくことはあるのかな?」

「タイで受けられるマッサージについてもっと知りたい!」

アスラパット
そんな人はここを見て!

この記事を読めばタイ旅行が初めての人でもタイ古式マッサージやその他のマッサージについてわかるようになるよ!

タイ 旅行でのマッサージ♪【完全ガイド】

(タイのマッサージについて網羅的に解説した記事)

(これを見ておけばタイでマッサージを受けるのが初めてでも迷うことはないでしょう)

タイ旅行でのオイルマッサージ♪【完全ガイド】

(タイのオイルマッサージに特化して解説した記事)

タイマッサージのハーブボールについて詳しく解説♪【女性必見!】

(タイのハーブボールマッサージに特化して解説した記事)

・ワットポーマッサージスクールサービスセンターの別店舗

ワットポーにあるマッサージ店は別のところにも店舗があります。

寺院内のマッサージ店は混雑していることも多いので、並ぶのが嫌な人は別店舗の方に行くのも良いかも知れません。

日本人観光客多いので、そっちは日本語のメニューなんかもあったりして利用しやすいです。

と言うか、入り口の店名看板も日本語なので、もろに日本人向けに作られたマッサージ店のように見えます。

名称:ワットポーマッサージスクール・スクムビット校・直営サロン39

営業時間:9:00オープン 平日は22:30最終受付 金土日祝は23:00最終受付

所在地:スクムビット・ソイ39 番地1/54-55

電話:+66 2 261 0567

お店のサイト:http://test.gb-lab.com/watpo/po.html

・所在地マップ

・入り口外観

【ワットポー】学ぶこともできるタイ古式マッサージ!

ワットポーでは希望すれば、タイ古式マッサージを学ぶこともできます。

ただ少々、受講料は高くなるけど、タイ古式マッサージを学ぶなら本校ではなくスクムビット校の方が良いかもです。

理由は・・・

・日本人スタッフが常駐している。

・日本語独自教則本で学べる。

・上級理論は日本語通訳付きで学べる。

(本校は英語とタイ語のみの講義。)

・学校の徒歩10分以内の近場にホテル・両替所・レストランなどもたくさんあり、利便性が高い。

(本校の方にはあまりなく、滞在先から電車や水上バスで通うことになる。)

ハヌマーン
ワットポーマッサージスクール スクムビット校の詳しいことはこっちじゃぞ!

ワットポーマッサージスクール・スクムビット校・公式サイト

タイ古式マッサージをもっと詳しく!

タイ古式マッサージは全部一緒と思われがちですが、実際はそれぞれのスタイルによってまったく違います。

タイ古式マッサージは大きく分けると7つのスタイル・流派に分かれます。

・バンコクスタイル

・チェンマイスタイル

・ロイヤル(タイ王宮)スタイル

・タイ厚生省スタイル

・ジャップセンスタイル

・スコータイスタイル

・ピシェットスタイル

ワットポーで受けられるマッサージはこの内のバンコクスタイルです。

ハヌマーン
さらに深掘りして、タイ古式マッサージ7つの流派・スタイルについて詳しく知りたい人はこの記事を見ると良いのじゃ!

タイ古式マッサージを学びたい人や深掘りして知りたい人には、役に立つ記事だと思うぞ!

タイ古式マッサージの種類♪主要な流派・スタイル7選!

【ワットポー】ルーシーダットン!

ワットポーでは毎朝8時から30分間ルーシーダットンを受けることができます。

ワットポーへの入場料200バーツを払って入場すれば、ルーシーダットンへの参加料は無料です。

アスラパット
特に予約も必要なくて、当日飛び入り参加もOKだよ!

ルーシーダットンってなに?

ルーシダットンとはタイのヨガに似た自己整体法です。

タイの修行者たちの間に伝えられてきたタイ式医療の系譜につらなる健康法のひとつで、127のポーズがあるようです。

主要なものは24ポーズで、ワットポーではその内の15ポーズをおこなっているようです。

身体のセンと呼ばれるエネルギーラインを5秒かけて伸ばしながら息を吸い、ポーズを取ったら3秒息を止め、また5秒かけて元に戻しながら息を吐くのが基本の動きです。

ルーシーが修行者・仙人と言うような意味で、ダッが伸ばす、トンが自己と言う意味です。

つまり修行者が自分を伸ばすと言うような意味あいの健康法ですね。

修行で疲れた身体を癒やす目的で始められたようです。

効果効能は?

・血行の改善

独特の呼吸法によって、血行が改善し、肩こり・冷え性に効果があります!

・リンパの滞りを改善

タイの伝統医療では、身体にセンと呼ばれるエネルギーラインがあるとされます。

このセンを伸ばすことによって、血流やリンパの流れを改善し、むくみを取り小顔にする効果があります!

・ダイエット効果

ルーシーダットンのポーズは身体の歪みを矯正する効果があります。

それにより新陳代謝が活発となり、脂肪の燃焼が促進され、ダイエットの効果も期待できます!

・自律神経のバランスを整える

ルーシーダットンの呼吸法により自律神経が整えられ、副交感神経が働くようになることによって心身共にリラックス効果が期待できます!

ルーシーダットンがおすすめなのはこんな人!

アスラパット
ルーシーダットンは以下のような人には特におすすめだよ!

・風邪をひきやすい

・いつも疲労・倦怠感・だるさを感じている

・理由もなくイライラすることが多い

・どう考えても運動不足

・慢性的な肩こりや頭痛に悩まされてる

・足がむくみが取れない

・十分に寝ても疲れがとれない

・冷え性に悩まされている

・ダイエットをしてもなかなか痩せない

ルーシーダットン実践動画!

アスラパット
ルーシーダットンの実践動画だよ!

気になる人は試して見てね!

動きを見ながら真似するだけ!

そんなに難しくないから、その場ですぐに実践できるよ!

ルーシーダットンで国際問題になりかけた日本とタイ

実は過去に日本とタイは『ルーシーダットン』を巡って、国際問題化しそうになったことがあります。

ことの発端は『ルーシーダットン』の普及を目的とする特定非営利法人(NPO法人)「日本ルーシーダットン普及連盟」の代表を務めていた古谷 暢基と言う人が個人で『ルーシーダットン』の名称を日本特許庁に商標登録したことがきっかけのようです。

この商標登録によって・・・

タイ式ヨガを教える、タイ式ヨガをテーマにしたイベントの企画・運営・開催、タイ式ヨガに関する設備の提供、これに関する情報の提供、タイ式ヨガ道場をひらく、などを独占的に行う権利が要求され、また別に印刷物(新聞、雑誌)に対しても同様の出願がなさました。

つまり『ルーシーダットン』と言う名称を使ったイベントや教室、各種出版なんかを「日本ルーシーダットン普及連盟」が独占的にできてしまえるようにしたわけです。

これに知ったタイ政府の知的財産局が「ルーシーダットンはタイの知財だ!」

として異議を申し立て、日本政府に対して圧力を掛けました。

この事件は日本ではさほど話題になりませんでしたが、タイでは新聞の1面で記事になるほど沸騰しました。

この新聞記事で当時のタイ保健大臣は怒りをあらわにしてこんな発言までしました。

「我々はこの事態を放置することはできない!」

「なぜなら、みんなルーシーダットンがタイ人のものだと知っているからだ!」

「ルーシーダットンはラーマ1世の時代からタイのものだ!」

ここで日本政府・・・完全にビビって、特許庁がこの問題解決の専門部隊まで作って、対応することになりました。

結局、無効審判をかけられて、一度は通った商標登録はあっさり取り消し。

タイ側の主張が全面的に通る形になりました。

商標登録をした人の意見をやや拡大解釈すると・・・

「もともとルーシーダットンはタイでも限られた地域の人しか知らなかったじゃない・・・(T_T)」

「日本でも知名度は低かったのに・・・(T_T)」

「正しいルーシーダットンを普及させるために商標登録したに過ぎないんだよ・・・(T_T)」

「社会公共の利益や公序、社会通念の一般的道徳観念及び国際信義にも反するおそれはないはずなのに・・・(T_T)」

「そもそもタイの国民感情に反する認定って言うけど、その国民感情あとから盛り上げようとしてないかい?( ̄。 ̄;)」

こんな感じです。

詳しい事件記録はこちら・・・商標審決データベース

おそらくですが、単純に「ルーシーダットン」と言う名称を使わずに別の名称を付けて、「ルーシーダットン」の健康法だけを普及させようとしてたら、今頃、「ルーシーダットン」はこんなに広まってなかったような気がします。

おそらく日本の特許庁もルーシーダットンがタイに由来する名称とは、まるっきり気づいてなかったのだろうと思います。

「まさかこんなことになるなんて~(滝汗)」

と言う感じだったのでしょうね。

タイ政府もあとから、自分たちの法整備が不十分だったとも認識したようで、そこから慌てて、いろいろ対策を取ったようです。

何というか、いろいろお粗末な感じがします。(汗)

【ワットポー】ワットポーのマッサージは高い!と思う人はここ!

ワットポー内にあるマッサージ店は正直、観光客向けなので高いです。

もっと安く、タイ古式マッサージをしてもらえるお店は基本、タイ人向けのお店になります。

ゆきキャベツ【運営者】
私も最初は観光客向けの高いマッサージ店ばかり利用してましたが、最近ではタイ人向けのマッサージ店に行くことが多くなりました。

タイ旅行初心者にはハードルがやや高いですが、どうしても安くタイ古式マッサージをして体験したい!

と言う人は下記の場所に行って見てください。

ワットポーから一番近い、激安マッサージ店の密集地帯です。

マッサージ料金はワットポーにあるお店の半額くらいの値段です。

通りにいくつもマッサージ店が立ち並び、中には1時間100バーツのお店もあります。

完全にタイ人向けのマッサージ店ばかりなので、日本語はおろか英語も通じづらいですが、こう言ったタイ人向けのお店を躊躇なく使いこなせるようになるとお得に旅ができるようになります。

所在地マップ

BTSサパーンタクシン駅にある『サトーン船着場』から水上バスで1つ目の船着場で降ります。

激安マッサージ店が立ち並んでいる通りは『ジャルンクルン・ソイ72』と言う通りです。

タイ旅行に馴れた人なら、BTSサパーンタクシン駅からバイクタクシー(モーターサイ)を利用しても良いかも知れません。

タイマニアが答えるワットポーの疑問PART1:最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はワットポーのざっくりした部分をお伝えしました。

次回はさらに面白いワットポーの魅力と疑問を解説していきます。

お楽しみに!

 

記事が気に入ってくれたらツイッターなどのSNSでフォローよろしくお願いします♪

 

人気ブログランキング参加中です!

↓良ければポチッとお願いします♪

人気ブログランキング タイ旅行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-タイ旅行での観光地, ワットポー
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.