オカルト・怖い話

『107枚FAX厨・第3話(全4話)』怖い話シリーズ72

2020年8月23日

某有名掲示板に投稿された怖ろしい話・・・

『107枚FAX厨・第3話』

とある同人誌を描く漫画家の卵・・・

ある日、彼女が家に帰ると大量のFAXが届いていた・・・

そこにはファンらしき人物からのおびただしいメッセージが・・・

今回は怖ろしい怪談話『107枚FAX厨・第3話』をお伝えします。

怖異 恐子
皆さん、こんにちは・・・

毎度おなじみ心霊界の石原さとみこと、コワイキョウコです・・・

今回の怖~い話は、某有名掲示板に投稿されたお話です・・・

長文のため、全4回に分けてお送りしていきます。

なんか・・・お化けよりも人間の方がよほど怖いのかも・・・知れないですね(汗)

それでは怖い怖い怪談話・・・

『107枚FAX厨・第3話』

どうぞお楽しみください・・・

※このお話は9分ほどで読むことができます。

※全4話すべて読んでも、39分ほどで読むことができます。

『107枚FAX厨・第3話(全4話)』怖い話シリーズ72

 

538 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

1/12

昨晩は本当に、お恥ずかしいところを晒してしまい申し訳ありませんでした。

何だか、自分のログを読んでいるだけで焦燥丸出しで居たたまれなくなってしまい、ご報告をどうしようかと思いましたが、たくさんの方のレスに助けられたのも確かですので、書かせて頂きます。

ネタだと思ってもらったほうが読みやすいかもしれません。

今までの口調を改めてちゃんと書きたいと思います。

(リアルタイム中の厨丸出しログ、恥ずかしいもんですね…)

 

皆様がログで論じていらっしゃったとおり、姉はあまりにも人を信じすぎのところがあります。

世間さまから見れば「おっとりしている」で済む程度の話ですが。

 

姉が高校卒業後に突然逝ってしまった両親、その代わりとして、親戚でもないのに金銭面・精神面でも力になってくれた方々はやはり恩人ですし、いつか自分がそうなろうと思っている(善人面と言われればそれまでですが)面がかなり大きい姉なので、多少の「お人よし」には私も今まで目をつぶるしかありませんでした。

(私がまともに高校に行けたのもそのおかげのことですし)

そして、今までの姉の行いは、友達こそ増えましたが、決してマイナスになることは無かったんです。

お泊りの面でも、少なくとも悪いことがあったことはありませんでした。

 

541 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

2/12

どこから何をご報告すればいいのか…。

友人にまた来てもらうように連絡し、姉が泣き出してからのお話をしたいと思います。

 

話したとおり、話し声丸聞こえの扉でしたので、台所で姉が泣き出したのがすぐに分かり、こちらにひとこと入れてから思い切って飛び出していきました。

きっと私もすごい形相だったのか、姉はこっちを見ても怯えたような顔で涙を拭き、私のほうに寄ってきました。

 

「お姉ちゃん、どうしたん」

 

私が聞くなり、彼女…Aは、にっこり笑って言いました。

 

「ごめんなさいね、お姉さんがどうしてもダメやって言うから、私もついカッとなってしまってん」

「何されたん」

 

Aを無視して姉に聞くと、また泣き出して、「お腹を蹴られそうになった」と泣きじゃくります。

 

「何で、何でそんなことするん」

 

姉はまだ信じられないようでした。

私は姉を自分の部屋に押し込むと、すぐにAと向き合いました。

相変わらずAは微笑んでいます。

 

「お姉ちゃんに殴られる理由なんかありませんが」

 

「だって、Fちゃんを下さいって言ったら、ダメだって言うから」

 

…(゚Д゚)ハァ??

 

548 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

3/12

「私は物じゃありませんけど」というのが精一杯。

ようやく、彼女の厨部分が見えた――!という安心感(?)と、そのセリフの中身に対する恐怖が一気に襲ってきて、多分顔ごと(゚Д゚)ハァ?してたと思います。

 

「でも仕方が無いじゃない?私とFちゃんは結婚する運命なんだから」

 

何もいえませんでした。

ただ、部屋に逃げ込んで、鍵を閉めるだけでした。

そこでふと、「もしかしてこの人は男なんじゃなかろうか」と思ってしまったんです。

昨日見たコン○ームとか、割とすらっとした体を思い出し、今のセリフと考えると・・・

その時の私には厨思考が理解できずに「いっそのこと男性だ」と思って行動することにしました。

手加減不要、私たちも警察を呼ばなくてはと。

 

相手は「どうして隠れるの?出てこないとお話出来ないやん?」と扉を叩きます。

相手が男だと言ってしまえば(間違っていたとしても)おまわりさんもすぐに来てくれる。

以前に別の方へ向けての合宿所の皆様のアドバイスを思い出して、携帯を掴みました。

ところが、情けないことに1度かけると電話番号案内?(忘れましたが)に繋がってしまい、泣いたままの姉の横で、「警察、警察、何番よお姉ちゃん!」と1人でパニくって、掲示板を見て書き込んで確かめてからかけなおしました。

 

550 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

4/12

姉はよく慌ててドジを仕出かしますが、私は滅多に自分が焦るということが無いので、自分がこれだけうろたえているということ、泣き出しそうになっているということがどこか信じられなく、声が上手く出ないということにも狼狽して、とにかく「助けて」と言うことを警察の方に訴えました。

 

「分かりました、すぐに伺います」の後、切ろうとすると警察は・・・

「待って下さい、切らないでそのまま置いたままに」と言います。

 

その時は理由がわからなかったのですが、とにかく携帯の電源は切らずに机の上に置きました。

扉を押さえている姉になんとか声をかけて大体の話を聞くと・・・

 

「F(私)をくれって言うから、冗談だと思った」

「本気だと言うことが分かり、レズだと思い、真剣に断った」

「突然お腹を殴られそうになり、咄嗟に避け、「何するの」と言うとまた殴ろうとした」

 

というようなことを泣きながら話をし、姉は私に向かって謝りました。

あんな人だと思わなかったから、本当に信じていた、Fの言葉も聞かずに迷惑かけてしまったこと、それから今のこの状態もごめんと。

その間にも扉を叩く音が強くなり、声が段々と荒くなってきました。

女とは思えないドスの効いた声で恐ろしくなってきます。

 

551 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

5/12

扉がしばらく大丈夫であろうことは分かっているのですが、とにかく武器を探さなきゃならないと思って、周りを見たところ、昨日の続きで持ってきた包丁(一旦戻しましたが今日の来襲でまた持ってきたんです)。
さすがにそれは使えません。

ですが、万が一相手に取られるのも困るので机の中に隠しました。

他は、このパソコンと仕事の鞄、同人用品一式(鬱)しかありません。

ペンは剣より強いかもしれませんが、厨はペンより多分、強いかと思われるのでどうしようもありませんでした。

そこで、せめてもの救いにと、ハンガーを持って、友人の到着の音と共に、外に出る決意をしました。

このままで朝はとても迎えられないので、戦うことにしたんです。

 

ここで困ったのが、携帯でした。

警察の指示で、通話中のままです。

友人が到着しても、電話は繋がりません。

玄関の鍵がかかっていないことを祈るばかりでした。

 

「ちょっと、私たちは運命の赤い糸で結ばれた夫婦でしょ?開けてよF」

 

既に呼び捨てです。

姉は彼女の豹変振りに、もはや正気の沙汰を失ったように真っ青になって震えていました。

この時、私が姉の体調に気づいていれば良かったのですが…。

 

552 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

6/12

「夫婦なんかじゃない、あんたとは喋りたくも無い!」と叫びました。

出来るだけ近所の方が気づいてくれないかなという打算もありましたが、これ以上相手の電波夫婦セリフを受信したくなかったんです。

ひっきりなしに、Aは私との夫婦のなんたるかを語っていました。

そのとき、ようやくですが、玄関の扉を叩く音がしました。

警察か、友人だと確信があったのですが、次に玄関が開く音がしました。

友達でした。鍵をかけていなかった私たちに感謝しながら(?)

部屋を出て、対決しようと思いました。

ここに書き込みをしたのは、しばらくご連絡が出来なくなるかも、ということで入れた報告でした。

 

「F、Cさん(姉)、どこや?」

 

男友達というのは持つべきだと、本当に思いました。

「ここ!」と言って鍵を開けると、突然開いた扉にびっくりしたように退くAが居ました。

ここで怯んでは駄目だと、睨みを利かせつつ、姉だけ部屋の中に残して、友人を手招きしました。

「この人、突然お姉ちゃんを殴ろうとしたから、帰って欲しいんだけど、訳のわからないことゆーてんねん」と説明すると、友人は理解したのかしてないのか・・・

「そういう訳ですから、お帰りください」と淡々とAに諭します。

「Fと一緒なら帰るけど…婚約者だから、とにかく結納くらいはしてよね」

 

少し静かになり、Aは真顔で話します。

何度聞いても正気の言動とは思えない言葉を真剣に、さも普通のように言うAに、私はつい「私はもう結婚してますから」と言ってしまいました。

厨対策マニュアルなんかすっ飛んでいて、とにかく・・・

結婚したい=しかし相手はもう結婚済み=諦めてくれる

という図式しか考えられず、後をどう取り繕うかまでは考えていませんでした。

 

553 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

7/12

Aは私の思ったとおりにびっくりしてくれ、「何で?!」と金切り声を上げました。

「私と結婚して、同人するって約束したやん!」と叫びます。

あああああぁ、友人は同人者ではありません、きょとんとしています。

 

「約束なんかしてません」

「した!したんだからすぐ離婚して」

 

ヤケでした。

 

「しません。私はこの人と一生夫婦で居ますから!」

 

隣の友人の腕を掴み、でっちあげ結婚です。

一瞬は、厨の恐怖より、その行動のほうが緊張したのは私もヲトメですので勘弁してください(´Д`;)

友人が否定してしまえばそれまでだったのですが、分かってくれたのか、「――と、いうわけやから」と合わせてくれました。(感謝)

それがきっかけでした。

今まで微笑みながら話をしていたAですが、突然私に近づいて、髪を掴むと、一気にテーブルに引っ張り落としました。

 

幸い、テーブルが支えになり、上のものが落ちた程度で私は無事でしたが、彼女は今度、友人の腕を掴んで、ひょいっとねじり上げたのです。

簡単な動作だったのに、友人は床に打ち付けられて転がりました。

 

554 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

8/12

「今すぐ別れないと、運命に逆らったことになるんだから、呪われる!」

 

というようなことを叫びながら、今度は私の方に向かってきました。

ハンガーじゃ頼りにならず、腕をつかまれた時、やっと、玄関をおまわりさんが開けてくれました。

その時、おまわりさんが来たことに気づかなかった姉が、私を庇おうとしたのか部屋から飛び出してきて、Aの後ろからタックルしました…が、私より小柄な姉のタックルでは相手はよろけただけで、姉のほうがテーブルに突っ込んで倒れてしまいました。

その瞬間を、おまわりさんたちは見ていたことになります。

 

「待ちなさい!」とおまわりさんたち2人が叫んで、Aと、それから起き上がってかかっていこうとした友人を取り押さえて、一気に静かになったのです。

これは、私の眼から見た出来事なので、説明不足で補えない部分が多多ありますが、全部を見ている余裕が無かったので勘弁してください。

おまわりさんの1人が、彼女を交番に連れて行くとき、彼女は叫びました。

「一生呪われるんやから、私と夫婦になる他にFの生き残る道はないんや!」と。

一体、何でFAXのファン厨が結婚に行き着くのか分かりません。

ファンの最終進化がケコーンなんでしょうか。

 

555 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

9/12

残ったおまわりさん、家の様子を調べて、ふと、うずくまったままの姉に気がつきました。

「どうしたの?」と肩を叩き、それから覗き込んで、慌てて、「こりゃ救急車呼んだほうがええわ」と自分の携帯で手配しました。

慌てて姉を抱えると、脂汗でびっしょりで、何かすごく痛がっており、先ほどの乱闘もどきで打ち所が悪かったのかと、今度は私が真っ青になりました。

 

友人も破片をささっと片付けると、タオルを濡らして持ってきてくれ、救急車が来るまで、おまわりさんも共に、姉の様子を見守ることしか出来ませんでした。

サイレンと共に、隊員の方々が来て下さり、姉を担架に乗せた後、しばらくそこで診察をしたのですが、隊員の方の1人が、その時に「こりゃ、流産かも」と言い、そのまま姉を運んでいきました。

 

私と友人は、お姉さんの命に別状は無いから、先に交番に来て欲しいと言われ、PCの電源と携帯の通話を切って、従ったのです。

交番に付くと、Aの姿は無く、どうしたのかと聞くと、所轄の警察署の方に行ったと言うことでした。

私もその方が安心です。

 

証拠となるFAXを見せると、友人もおまわりさんも驚いたような顔をしました。

同人がばれるのは恥ずかしいことですが、それを踏まえて今までのあらすじを説明すると、それでも納得が出来ないようなおまわりさんが、FAXをざっと見始めました。

 

私に対する賞賛や、お世辞にも上手いといえない漫画など、「本当にあのAさんという人が書いたんやね?」と何度も念を押されました。

彼女が書いたものだと、信じられない気持ちは分かります。

 

556 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

10/12

しかし、さすがにおまわりさんは違いました。

私とは目がつける場所が。

おまわりさんが指摘した部分、FAXの中間あたりですが、細かいながらも、「結婚」「夫婦」というキーワードがありました。

 

「Tさん(P.N)の結婚観、すごく素敵で、憧れます」

「私もTさんと結婚したらすごく幸せな夫婦になれるんでしょうね」

 

など。

確かに、私の同人誌で、結婚前のカップルの創作漫画がありました。

そのことを言っているのだと、流していた文字なのですが、今見ると「もしかしてこれが」と思ってしまいます。

2.3事情聴取をしたあと、後で警察署に来てといわれ、まずは家に帰って保険証を用意して、病院に行くことにしました。

友人の車で行きながら、最初は気味の悪いFAXだっただけなのに、どうしてこんなことになったんだろうと思うと、消えてしまいたい気持ちでした。

 

救急外来窓口で名前を告げ、救急用?病室に案内してもらうと、姉がボーっと寝転んでいました。

その時は、もうその場に居るのも辛くなって、「明日また来る」とだけ言うと、手続きをしてすぐに警察署に向かいました。
署内では、同じように事情聴取だけを済ませて、もう朝方だからと、一旦帰ってもいいと言われました。

Aの両親は健在で、署からも連絡をするそうです。

Aの本名・住所なども目の前で見ました。

やはり女性だったので、これは私の思い違いすぎでした。

示談になるのか、被害届を出すのかは、また警察で相談しようと言われました。

 

557 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

11/12

結論だけ言いますと、やはり姉は妊娠していたそうです。

ただ、流産まではしていないそうです。

ギリギリだったと言う事で、状態が状態だけに、2.3週間の間は、下りてしまう危険性があるので、安静にしなさいとのことでした。

また、これで無事に通過したとしても、健全な子だとは言えないかもしれないそうです。

妊娠1.5ヶ月の状態で、姉にも自覚が無かったようです。

(もう4年もお付き合いしている彼が姉には居るので、不思議ではないのですが。ちなみにその彼も私たち姉妹がお世話になった方の1人で。)

姉に新しい命(つまり身寄りの無い私たち以外に家族が出来るということなので、私にとっては本当に願ってもないことだったりします)が宿っていたこと、それを傷つける行為をした彼女のこと、絶対に許すつもりはありません。

 

ただ、財布を拾った偶然の真相や、どうして結婚なのか、何故私なのかがまだ分からず、Aの両親に会っても、それだけは聞いておきたいと思います。

今後の為に。

親厨とやらでないといいのですが…。

両親が健在で、おそらく身なりから何一つ不自由の無い生活をさせてもらっているでしょう。

私たちにはこういう時に庇ってくれる親は居ません。

親戚も居ません。

どれだけ自分が幸せか分かっていないから、こんなわがままみたいなことをするんでしょうか。

今ほど、親に会いたいと思ったことは無いです。

 

558 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

12/12

自宅に帰ったのは、朝の5時でした。

友人にもそのまま泊まってもらい、簡単に片付けをし、昼まで眠りました。

先ほど、警察から連絡をもらったので、彼女の両親と会うために明日、また署に行って来ます。

(彼女の両親から、まだ何のコンタクトもありません)

姉には今から会いに行って来ます。

しばらくの入院が必要のようですが、この部分の費用だけでもしっかりと請求したいと思います。

 

皆様は、姉に過失があると言い、自業自得だとログにありましたが、元々は私かこんな活動している癖に、自衛の策を施さなかったことにあります。

こんなことやっていなければ、姉もこんなことにならなかったでしょう。

私の過失だと思います。

また、今回は友人にも大変な迷惑をかけしてしまいました。

軽い打ち身まで負わせてしまい、

申し訳ない気持ちばかりです。

これで告白なんか出来る立場じゃなくなったと思われ…(ノД`)・゚・

 

上手くまとめられていなくて申し訳ないのですが、また彼女の行動の真相などがわかりましたら、ご報告に上がります。

昨晩はお騒がせして本当に申し訳ありませんでした。

今現在、対応しておられる方も頑張って下さい。

 

豹変厨という言葉が、頭の中に回りました…。

でも表情は微笑んだままだったんですが。

長い文になってしまい、申し訳ありません。またのときまで名無しに戻ります。

 

1/4

後日談です。

もうこれ以上、このコテハンは使わないで居たいのですが、後日談に伴ってまた妙ちくりんな手紙が来て参ります。

Aの両親ですが、全く話になりませんでした。

いぇ、ある意味まともなのかもしれませんが…。

「うちはそいつのことなんか知らん、とっくの昔に勘当した」と言われ、警察署でも困ったそうです。

一応身元確認だけでも出来ないかと掛け合うと、こっそりと母親が出てきて、私たちの話に付き合ってくれました。

(怒るので父には内緒だそうです)

 

「Aは昔から、突拍子も無い行動を起こし、その度に近所や知らぬ方に迷惑をかけた」

「今回のような「結婚」も、はじめてのことではなく、「同人さん」に憧れては、老若男女問わず押しかけて結婚を迫った」

「最後にこちらが知る限りでは、中学生の娘さんの所に押しかけて強引に連れ出したことがあり、そのことで父親から勘当され、今まで3年間は連絡を取っていなかった」

 

そう話すと、Aのお母さんは涙しました。

例えあんな厨の親でも、目の前で「母親」に泣かれると、まるで亡くした母が泣いているようで、私も居たたまれません。

 

478 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

2/4

Aは普段は普通に会話もし、生活をしているそうですが、何か気に入ったもの、気に入らないもののためになると、よく信じられない行動をしたそうです。

(それが厨なんだよお母さんとはいえませんでしたが)

Aには年の近い妹と弟がおり、あまり会話も無く、勘当されてからはその子たちとも連絡を取っていないそうで、
今回の警察からの連絡にも弟妹は「ふーん」という感じで済ましたそうで、父も絶対に行くなと言うし、しかしやはり自分の子供だからと、お母さんが抜け出してきたというのです。

こんなお母さんを目の前にして、慰謝料請求だの、告訴だのという気持ちにはとてもなれませんでした。

すみません、私もやはり姉の妹のようです。

お母さんがこっそり家庭から持ってきたのであろう「治療費」も丁重にお断りしました。

 

最初は両親に会って、彼女のしたことどうしてくれるのだと騒ぎ立てるつもりだったんですけど、どうにも良心が咎める部分があり、やはりお母さんから施してもらうものではないと思いました。

Aはもう稼ぎのある(らしいです)立派な大人で、勘当されているのならなおさら、ご両親に関わってくる問題では無く、今回のことはこちらとA自身で話をつけます、ということを言い、それでもと言うお母さんを宥めました。

Aからもらう治療費や慰謝料以外では、何の価値もないのだと思いますし。

もちろんいちばん欲しいのは謝罪ですが。

 

479 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

3/4

泣かれてしまったなあと思いつつの陰鬱とした帰りに、姉の病院に寄ってきました。

もうすっかり普通に戻った姉でしたが、腕元の点滴が痛々しく、とにかく本当にごめんね、と言ったところ、「私も悪かったやん、ごめんなぁ」といつもの笑顔で返してくれました。

姉の彼も来ていたらしく、枕頭台には花も飾ってありました。

ここで「結婚すんの?」とはとても聞けず、聞いてしまったら私が1人暮らしになるであろうことが、決定するようなものなので、寂しくて今日は聞けませんでした。

家族が増えるのは嬉しいのですが、こんなことがあった直後に1人暮らしの意志を固めることは出来ない弱い人間。

鬱。

姉と今後のことを相談したところ、引っ越すのは家計上無理だし(慰謝料や治療費をもらうまで自腹ですから)、地域にも慣れているので引っ越すことはしない、ただし、ちゃんと決着をつけないとね、ということになりました。

姉もようやく、財布を落としたときのことを話してくれました。

銀行で、郵便局に預けるための預金全額(200万円ちょい、これは姉自身ではなく私の結婚資金だそうです。はじめて知って涙…。)を下ろし、気をつけて郵便局に向かう途中に、少し買い物をしようと、百貨店に向かったそうです。

そこでエレベーターを使ったり、化粧品を買ったりとしていた間に、お金の封筒とカードや財布なんかが入った小さいポシェットを落としたのではないかと言っています。

(そのポシェットを、ショルダーバックに入れて持っていたそうです。)

エレベーターの満員の中や、人ごみの中、いくらでも落とす(盗る?)機会がありました。

姉は落としたことにも気づかず、百貨店を出ようとしたところ、Aに声をかけられたそうです。

「これを落としたのはあなたですか?」と言われ、慌てて鞄を見るとそれが無い。

思わず泣きそうになりながら御礼を言い、1割を渡さなくちゃとすると、Aは「とんでもない」と言ったそうです。

じゃあ、せめてご飯だけでも奢らせてというと、Aは笑顔で承諾したそうです。

後は、その百貨店のレストランで偶然に話が合ったとか…。

 

480 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

4/4

ここまで聞いて、やはりおかしいのです。

あんな大勢の客が来る百貨店(某○○寺駅の前)で、落とす瞬間を見ていなければ姉が落としたとは分からないでしょうし、落とす瞬間があるのなら、少なくとも姉は感触に気づいているはずで。

とにかく、この話だけでも正したいと思います。

Aは今は自宅(1人暮らし)だそうですが、こちらがどうでるかで変わると思います。

彼女には親が居て、きっと親が出てくるんだろうなと思っていたのですが、どうやら双方親なし対決になりそうです。

ところで。

昨日、妙な予告手紙が速達で来たんですけど…(ノД`)・゚・コノアイダノコジャナイヨネ…?

もう厨はいいよぅ…

 

181 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

たった2日見なかった間にこんなにスレを消費しているとは思いませんでした…(((゚д゚)))

皆様、本当にお疲れ様です。

当方のプチ報告ですが、彼女―Aは現在、ここ関西の首都より遠く離れたムネオハウスの大地におるそうです。

何でも、彼女の婚約者とやらが居たのですが、引取りにきました。

ただ、彼女はその婚約者のことを毛嫌いしているようでしたが、こちらとしては出来るだけ遠くに逝って欲しかったので、事情も後回しにしてまずH道に行ってもらいました。

彼はなかなか誠実な方で、何故にこのような方が彼女の婚約者なのか判りかねるところですが(しかもお前(A)に嫌がる権利など無いだろうといわんばかりのいい人でつ。)話し合いは、電話とFAXで行うことになりそうです。

あくまで「彼女」からの謝罪や賠償が無いと納得できないのですが、とにかく一応の危機は当面無くなったということをご報告します。

彼女に関しては。

 

もう、もう1つのことは考えたくもありません・・・(涙)

でも考えなくてはならないようなので、暫く頑張ります。

姉ですが、本日(昨日?)一先ず退院しました。

通院が暫く必要ですが、母子手帳など用意して、嬉しそうなので私も幸せです。

 

199 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

本当に長いこと話を聞いてくださって感謝しています。

今現在の方々にも絶対に笑える日が来ると思っていますので頑張って下さい。

(遭ってるその時には本当に信じられない感ばかりですが)

もう1つのほうですが…これを今相談すると、荒れてしまいかねないので、またまとまればご報告ということで…。

フローチャートで分からないことがあれば聞きに参りますm(--)m

この間はリアルタイムで訳の分からない暴走をしてしまい、大変なご迷惑をおかけしましたので、今回はまだ(おそらく)押し掛け前なので落ち着いてフローチャートや過去ログ参照して対策します。

1度経験すると強く慣れるんですね…

本当にこんな耐性欲しくないのですが(鬱

 

780 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

ライブありますか?

なかったらちょっとリアルタイムで相談に乗って頂きたいのですが(涙

 

785 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

すみません。

この間のAの件は、現在連絡待ち状態で、マターリしていたのですが、昨日、とうとうこの間のイベント後のピンク家少女と思われる子に、電話をかけてこられました。

そして、今日も今、電話片手に応戦しております。

昨日は何が何だか分からなくて、切ってしまった後に電話線引っこ抜いたのですが、このままではまた家に来られると思い、今日は電話線をオープンにしてかかってくるのを待ちました。

どうせなら、対峙しないで電話で済ませたいんで。

しかし、彼女の「Tさん(私)萌え」語りに付き合わされること40分。

そろそろキレそうなので、ネットにも繋いでチャートなんか見てました。

首で電話押さえてるので結構痛いです。

どうやら、週末に泊まりにきてもいいか、いいよね?だって知り合いだし!なノリで、こちらが「迷惑です」「用事が」「仕事が」「姉が」「この間ね?(とこないだの事件をかいつまみ)」と説得しても、全く脳に入っていないらしいです。

どうしたらいいでしょうか(涙)

 

789 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

この間の事件?の話には、さすがにびびっていたようですが、言うに事欠いて「非常識な人だったんですね、Tさん可哀相…大丈夫ですか?」

き れ て い い で す か

 

793 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

今は、よくこれだけしゃべることがあるなと思うくらい、ジャンルの話をしています。

耳元でキンキン五月蝿い……

ちなみに私は創作者なのでつが。

怒鳴るにしても、私の声、本当に力ないのですよ…。

 

796 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

警察の話はずいぶんとしましたが、本人は自分のことだと理解してない模様です。

この間抱き合った(?←一方的に抱きつかれた)仲だから知り合いらしいです。

典型的でイヤソ…

泣き声、もうちょっと出掛かってます・゚・(ノД`)・゚・

もう少しで本当に泣いてしまいそうです…

 

803 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

やっぱり、電話説得は諦めたほうが得策ってことでしょうか…。

警察目の前にしないとだめってことですかね(´Д`;)はぁ。

…正直、録音テープ3本目です…。

 

808 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

もう既に電話を耳から外していますが、それでも結構言ってることが分かります…猫撫で声…(´Д`;)ゥァァ

一方的に切ってしまって、備えるべきですかね?

さっきから彼女、私の言うこと全く聞かずに喋ってるし。

私の声が小さいのか。

 

814 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

思ってました…。

長々と喋ってると友達認定されそうだと(涙)

でも万が一の説得に賭けたのですが、どうやら徒労なようですね。

よし。切ります。…切る前に暴言吐いてもいいだろうか……。

すみません。

私、相手の情報、まだ電話番号しかしらないので、下手にここに案内するとすんごい個人情報載せられそうでつ。

 

821 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

会話は全て録音出来ていると思います。

わざわざこのために昼間新テープ買ってきました(苦藁

今切りました。

何も言わずに切ったんですが。電話のコードだけひっこぬきました。

(ネットの方はISDNですんで)

週末…鬱です。

 

825 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

迷惑という言葉は30回は録音されていると思います(苦笑

彼女の精神が少しでもまともであると思いたい…。

まともだったらこんなことしてないと、思うのですけれども、でも、あの切り方(机に投げて電話線抜きました。きっとすごい音がしたかと)で、ちょっと気づいてくれたら…

 

828 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

お騒がせしました。

姉が睡眠薬で寝てるところなので、大声を上げるわけにも行かず、勝手に頼ってしまいました。

ありたくないのですが、週末に備えて準備をしたいと思いまつ・゚・(ノД`)・゚・

 

852 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

ありがとうございます。

姉が睡眠薬を飲んでいるのは、ちゃんと処方してもらったもので、ごく軽いものです。

深い眠りに入るものではなく、寝付くきっかけのようなもので。

あれ以来、やはり多少寝つきが悪いとのことで、しばらくこうやって睡眠を取ることにしてます。

録音テープを聞いていました。

割とキレイに取れています。

Aの来襲後、新しい電話(普通紙FAX)に変えたのですが、こんな形で早速役に立つとは(汗

 

>837当方の作品は可愛いってほどでもないと思われます…。ただ、妖精や魔女っ子が出てくる程度の萌え?系はありますが、男性にウケこそすれ、あのくらいの年頃の少女には萌えさかるほど可愛いには当たらないかと。

 

週末、姉には彼の家にでも行って貰うことにします。

 

854 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

>844
相手の電話番号の出るものに変えたのです。

しかし、携帯からでつた。鬱。

 

676 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

えー、お邪魔しておりましたら申し訳ありません。

もうもうもうもう、本当に勘弁して下さいの2回目の押し掛けに遭っております。

幸い、準備は万端で、隣には友人くんがいます。

落ち着いても居ます。

(姉は彼の家にお泊りしてもらいました。心配させるので理由は言っておりません。)

ドア越しに話したのですが、全くの無駄です。警察を呼ぼうかと思ったのですが、その前に…ドアの方でカチカチという音がするんです。

軽い音なんですが、友人が聞き耳を立てたところ、「ライターの音かもしれない」と言われ、どうしようか迷ってます。

消火器は外です。

警察には今から連絡しますが、どうしたらいいでしょうか?

何度もカチカチ言ってるので、なんか怖いです…

 

683 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

今警察に電話しました。

早くって言ったら、10分ほどって言われました。

ご報告邪魔したみたいですみません。邪魔なら難民逝きます。

この間の恐怖よりは落ち着いていますし、一階なのでいざとなったら窓から逃げますが、ライターというのがアレなので、友人がバケツに水汲みに行きました。

相手はピンク家少女だと思います。

小窓が無いので確認出来ませんが、声が同じですし、言ってることもそうです。

 

684 名前:107枚厨 ◆EpXNCrmE

すみません、回線切ります。

また後で、ごめんなさい。

 

『107枚FAX厨・第3話(全4話)』怖い話シリーズ72

怖異 恐子
いかがでしたか?

お楽しみいただけましたか?

よろしければ、こちらをポチッと応援よろしくお願いします・・・


オカルトランキング

↓↓↓ 次にオススメの記事 ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件1】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【序章】

【名古屋妊婦切り裂き殺人事件1】日本屈指の未解決猟奇殺人事件【序章】

【日航機墜落事故の闇1】最悪の航空事故に潜む黒い噂とは?!【序章】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルト・怖い話
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.