オカルトミステリー・未解決事件ファイル 長岡京ワラビ採り殺人事件?!残虐なる暴行強姦の末に殺害された主婦2人・・・そこには謎のメモが残されていたが?!

【長岡京ワラビ採り殺人事件4】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【噂された真相説】

2020年6月5日

あなたは、今から約41年前の京都・長岡京で起こった、恐ろしき未解決強姦殺人事件をご存じだろうか・・・

(※2020年、時点)

その恐ろしき未解決強姦殺人事件とは・・・

『長岡京ワラビ採り殺人事件・・・』

当時、京都・長岡京市内にあるスーパーで働いていた2人の主婦・・・

その2人の主婦が仕事終わり、近くの山にワラビ採りに出かけたあと、行方が解らなくなったが・・・

その2日後・・・

2人は凄惨な他殺体となって発見されたと言う恐ろしい殺人事件・・・

この事件の不可解で不気味なところはここ・・・

『殺害された主婦のうち、一人のポケットから謎のメモが発見された・・・』

殺害現場付近では過去にレイプ事件なども起こっており、事件発生当初から不審な人物の目撃証言なども多数あがっていた・・・

現場に残された物証は少なかったが、疑わしい容疑者はかなり早い段階から浮上していたこともあり、事件はすぐに解決するかに思われていた・・・

しかし結局、時効が成立してしまい、未解決事件となってしまった・・・

ワットポーの仏
今回は実に謎だらけで恐ろしいミステリー・・・

『長岡京ワラビ採り殺人事件』

この事件について伝えていくぞい!

事件当日、犠牲となった2人の主婦に一体、何が起こっていたと言うのか?!

当時の様子や事件発覚までの経緯、その後の目撃証言、さらに事件の真相ではないかと噂される説などについても詳しく伝えていくぞい?!

この事件について、よく分からない人は第1回目の記事から見てみておくれの~!

事件の経緯から詳しく伝えているぞい?!

↓↓↓ 第1回目の記事はこちら ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件1】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【序章】

今回も考察をまじえながら最後に迷推理も披露しちゃうよ~!

これを見ているみんなも、一緒に推理して見てね

それと!この記事に関しては当サイトオリジナル動画もあるよ!

読むのが面倒な人は動画でどうぞだよ~!

アスラパット

↓↓↓ 記事の動画はこちら! ↓↓↓

※WARNING※

『長岡京ワラビ採り殺人事件』の記事は少々、長くなってしまうので、これから数回に渡ってお送りいたします。

これは第4回目の記事です。

※なお、途中でブラウザーのバックボタンを押すと、あなたの夢に悲しげに泣く仏さまが出て来て眠れぬ夜を過ごすことになりますので、ご注意ください。(適当)

※逆に記事を気に入り、下記のアイコンをポチっとすると、今度はうれし涙を流す著者が夢に出てくると言うオカルト好きにはたまらない不気味な体験をすることができるかも知れません。(適当)


オカルトランキング

【長岡京ワラビ採り殺人事件4】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【噂された真相説】

ワットポーの仏
前回までの記事では、事件の概要と目撃証言・・・

そして、関連が噂される別の事件について伝えた・・・

その中には、ある殺人犯が引き起こした連続強盗殺人事件も含まれており、その犯人が長岡京ワラビ採り殺人事件の真犯人ではないかと言う説もあったが・・・

実はその説以外にも、事件の真相として噂される説が他にもある・・・

今回はそれら噂されている事件の真相説について、伝えていくぞい?!

【長岡京ワラビ採り殺人事件】被害者の夫犯人説・・・被害者の主婦2人のそれぞれの夫・・・その振る舞いは正反対のものだったと言うが・・・

ワットポーの仏
それでは始めていくぞい?!

まず最初の真相として噂されていた説はこれじゃ・・・

『被害者の夫犯人説』

これは真相説と言うよりも実際に事件後、警察が被害者の夫へ疑いを掛けたことで広まった説のようじゃ・・・

一体、どう言うことなのか・・・?

その辺について、伝えていくぞい?!

事件が起こったあと・・・

殺された明石さんと水野さんの双方の夫の振る舞い・・・

その振る舞いが、どうやらまったく正反対だったようじゃ・・・

まず被害者である水野恵子さんの夫は、妻の葬儀で香典として集まったお金を捜査の役に立てて欲しいと、事件を管轄する京都府警に全額寄付したそうじゃ・・・

それとは反対に明石英子さんの夫は当時、妻に生命保険を掛けていたようで、その保険金が手に入るとすぐさま新車の購入をしたそうじゃ・・・

また同時に妻である英子さんが殺害されてから、それほど日も経たないうちに、すぐに新しい恋人を作ると言うこともしていたようじゃ・・・

このことで警察は、明石英子さんの夫が犯人ではないかと疑いを掛けたと言う・・・

しかし結局、明石さんの夫が犯人であると言う確たる証拠もなく、逮捕されることはなかったようじゃ・・・

う~ん・・・

水野さんの夫は、香典で集まったお金を捜査に役立てて欲しいと京都府警に全額寄付したと・・・

その一方、明石さんの夫は妻の保険金で新車の購入をし、すぐさま新しい恋人まで作ったのか~(汗)

たしかに、まったく正反対の振る舞いだよね~(汗)

結局、逮捕されることはなかったみたいだけど、この話が本当だとすれば、明石さんの夫が怪しい気もするけど・・・?

実際のところどうなの?

明石さんの夫が、実は犯人だった可能性はないのかなぁ?

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ・・・

そうじゃの~(汗)

たしかにこの振る舞いの違いから、一方の夫に疑いの目が向けられるのも無理はないとは思う・・・

しかし、明石さんの夫事件当日も普通に仕事をしていたはず・・・

そうなると、その時点でアリバイが成立することになる・・・

事件当日、仕事の途中で抜け出したような素振りがあれば、職場の同僚などから、そのような証言があるはずじゃ・・・

しかし、逮捕されていないところを見ると、アリバイを崩すような証言はなかったのだろうと思うぞい(汗)

また被害者の明石英子さんの体内からは、犯人のものと思われる体液が検出されているが、もしも夫が犯人なのであれば、殺害直前に自分の妻を強姦したことになる・・・

仮に何かしらのトラブルから、夫が妻の殺害を企てたとしても、果たしてその殺害の直前に妻を強姦しようなどとするものなのか・・・?

それに、そばに水野恵子さんと言う別の人物がいる時に、妻の殺害を実行したと言うのも妙な話じゃ・・・

仮に妻がワラビ採りに出かけたところを見計らって、犯行におよぼうと考えたとしても、そこに同行する人物がいた場合、一旦、殺害を諦めて別の機会にするのではないかの~(汗)

わざわざ別の人間が一緒にいるところで妻の殺害を企てれば、妻のみならず、動向していた別の人物も一緒に殺さなくてはならなくなるが・・・

それだと下手をすれば殺害に失敗して、どちらか一方に逃げられてしまうと言うリスクもある・・・

そんなタイミングで、殺害を実行に移そうとするものなのか・・・

大いに疑問の残るところじゃ・・・

それらのことを考えると、やはり明石さんの夫を真犯人とするのは少々、無理がある気がするぞい(汗)

う~ん、そうか~(汗)

そもそも事件当日は仕事をしており、その時点でアリバイがあるわけか(汗)

それを抜きにしても、たしかに殺害前に妻を強姦したと言うのも変だよねぇ(汗)

近くに別の人物がいるところで殺害しようとするのも、タイミングとしては最悪だし(汗)

いろいろ状況を見ていくと、被害者の夫が犯人だとする説には、たしかに無理がありすぎる気がするねぇ(汗)

それじゃあ一体、真犯人は誰なのか?

他に真相に近づけそうな説が、あったりするのかなぁ?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】主婦売春でのトラブルで殺害された説・・・被害者の主婦が売春をしていた?!もしくは殺害現場付近で何かを見たと言う話もあるが・・・

ワットポーの仏
ふむ・・・

そうじゃの~・・・

それでは次に真相として噂されている説について、伝えていこうかの~・・・

少々、微妙な感じもする説だが、次の説は・・・

『主婦売春でのトラブルで殺害された説』

これは要するに殺された明石英子さんと水野恵子さんが当時、一部の新興住宅街でおこなわれていたと言う主婦売春に、何らかの形で関わってしまい、そのことで何かトラブルになって殺害されてしまったのではないかと言う説じゃな(汗)

トラブルの内容としてはいろいろと憶測が語られているが、比較的多いのは被害者の主婦2人が当時、主婦売春をおこなっており、その際に他の売春グループやその背後にいる暴力団との縄張り争いのようないざこざから、殺人にまで発展してしまったのではないか・・・

あるいは明石さんと水野さん自身は直接、主婦売春に関わっていたわけではなかったが、ワラビ採りの最中にたまたま山の中で他の主婦が売春をおこなっているところを目撃してしまった・・・

そのことから、何らかのトラブルに発展してしまい、殺されてしまったのではないかと言う話もあるようじゃ・・・

ええ~?!

被害者の2人が実は主婦売春をおこなっていたって~?

もしくは山の中で他の主婦が売春していたのを目撃したから、殺されてしまったって言うの~?

何だか極端な話過ぎて、にわかには信じられないんだけど、この説には信憑性があるのかなぁ?

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ・・・

実は、この説の信憑性はイマイチないのではないかとも言われており、これと言った明確な根拠もなかったりするようじゃ(汗)

たしかによくよく考えれば矛盾する点も多く、そのためかこの説には様々な異論も出ているようじゃ・・・

まず殺された明石さんと水野さんが、本当に売春をおこなっていたのだとしたら、なぜスーパーでパートなどをしていたのか・・・?

売春で収入を得ていたのなら、経済的にはそれなりに余裕もあったはず・・・

何もわざわざスーパーなどでパートとして働かなくても、良かったのではないか言う疑問もある・・・

仮に主婦売春をおこなっていることの隠れ蓑として、2人がパートとして働いていたとしても、殺害時に持っていた所持金がたったの2000円程度しかなかったというのも妙な話じゃ(汗)

売春をして、それなりの収入を得ていた上に、パートとしての収入もあれば、経済的にはかなり余裕もあったはず・・・

にもかかわらず、殺害時に持っていた所持金がたったの2000円だったと言うのは少々、腑に落ちないところじゃ(汗)

実は殺害された明石さんは夫とのあいだに子供はおらず、当時は夫婦2人で暮らしていたそうじゃ・・・

そのため稼いだお金は、そのまま自分たちのためだけに使えたと言うこともあり、なおさら経済的には余裕があったはずじゃ・・・

また犯人が2000円だけ残して、それ以外の金銭を奪っていったと言う可能性も考えられるが・・・

そうなると現場にあった被害者のリュックサックに、財布がキチンと入っていた点についてが不可解じゃ・・・

わざわざリュックサックに、犯人が財布を戻しておいたからと言うのも妙な話だしの~・・・

財布から金を抜き取ったあと、適当にその辺に財布を投げ捨てておいても良かったはず・・・

なのに、ご丁寧にリュックサックの中に財布を戻したと・・・

バカ丁寧に、犯人がそんなことをするとは到底、思えないぞい(汗)

さらに当時の新聞や雑誌の記事を見てみても、被害者の2人が主婦売春をしていたなんて話はどこにも書かれておらず、噂として語られている話の中にも、特に根拠らしいものは示されていなかった・・・

そのことからも被害者の2人が主婦売春をしていたと言う話は、おそらく根も葉もない、ただの噂話なのだと思うぞい(汗)

また山の中で他の主婦が売春をおこなっていたのを目撃してしまったと言う話も少々、おかしいような気もするぞい(汗)

と言うのも、そもそも売春をおこなう場所が、山の中だったと言うが謎じゃ・・・

江戸時代でもあるまいし、他に売春をおこなう場所を作ろうと思えば、いくらでも出来たとも思える・・・

普通にその手のホテルを利用しても良いだろうし、ある程度、組織だっておこなえば、どこかに売春用のアパートを借りることも出来たはず・・・

にもかかわらず、なぜわざわざ山の中だったのか・・・?

ただ売春をおこなうためだけに、人気を避けられる場所まで車も通れないような山を登るなど、移動するだけで疲れてしまう・・・

移動でヘトヘトになった後に、ようやく売春行為におよぶとなると、男性側からしてもかなりキツいのではないかと思うぞい(汗)

それに、もしも山でそのような売春がおこなわれていたのなら、事件後すぐに地元の人間が噂することで、当時の新聞や雑誌などで騒がれていたとしてもおかしくないはず・・・

しかし当時の新聞や雑誌の記事を見ても、殺害現場となった「野山」で実際に売春がおこなわれていたなどと言うことは一切、書かれていなかった・・・

そうなると、やはり山で他の主婦が売春をしているところを目撃してしまったと言う話も、無理がある気がするぞい(汗)

そうか~(汗)

そもそも根拠も薄い上に、状況を細かく見ていくと、たしかに矛盾も多い気がするね(汗)

所持金の少なさ売春をする場所として山の中を選ぶと言う点・・・

もろもろ含めて、たしかにおかしな話だよねぇ(汗)

そうなると、この説も真相に近づけたとは言いがたいわけか~・・・

それじゃあ、他には何か有力そうな説があったりするのかなぁ?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】怨恨による犯行説・・・被害者の主婦2人に恨みを持つ何者かの犯行だとの噂もあるが・・・?

ワットポーの仏
そうじゃの~・・・

実はこの事件においては、根強く有力視されている真相説があったりもするぞい?!

その説とは・・・

『怨恨による犯行説』

これはそのまま言葉の通り、被害者の主婦2人は何者かの恨みを買っており、その恨みを晴らすために殺されたのではないかと言う説じゃ・・・

すでに伝えた通り、殺された明石英子さんの遺体には、30箇所にものぼる激しい暴行の痕があった・・・

もう一方の被害者、水野恵子さんの方はさらに多く、全身に50箇所もの暴行の痕があった・・・

これらの暴行の痕には、皮下出血が見られたことから、どうやら被害者の2人には殺害前に殴る蹴るなどの暴行が加えられていたことが解っている・・・

ただ殺したいだけなら持っていた包丁で刺したり、首を絞めたりするなどして、すぐに殺害しても良かったはず・・・

にもかかわらず、犯人は殺害前に執拗に殴る蹴るの激しい暴行を被害者の2人に加えている・・・

なぜ殺害前に犯人は、そのようなことをしたのか・・・?

この説ではその理由について・・・

『犯人が被害者の主婦2人に対し、強い恨みを持っていたからではないか・・・?』

『簡単に殺してしまっては、さして苦しめることが出来ない・・・』

『出来れば自分が受けたのと同じ苦しみを、相手にも与えたい・・・』

『だから犯人は殺害前に激しい暴行を加えて、十分に苦しめてから殺したのではないか?』

と言われているようじゃ(汗)

しかしそうなると、ここでひとつ疑問が出てくる・・・

それは・・・

被害者の主婦2人に対し、犯人は一体、どんな恨みを持っていたのか・・・?

と言う疑問だが・・・

実はこれについても、まことしやかに噂されている説があるようじゃ・・・

その説とは・・・

「被害者の主婦2人は実は裏でイジメをしており、その恨みによって殺された・・・」

とする説じゃ・・・

つまり被害者の主婦2人はパート先の同僚など、誰かしらに対して裏でイジメをおこなっており、そのイジメられた相手が日頃の恨みを晴らすために、2人を殺害したのではないかと言うわけじゃ・・・

さらにそこから・・・

「男性が女性にイジメられていたと言うのも、何かおかしい・・・」

「イジメられていた相手は女性と考える方が自然ではないか・・・?」

「もしも、そのイジメられていた相手による犯行だとすれば、もしかしたら犯人は女だったのではないか・・・?」

と言う説も、一部には噂されているようじゃ・・・

その根拠としてよく語られている話としては、まず被害者である明石英子さんが残したメモだが・・・

このメモには・・・

「この男の人 悪い人・・・」

と言う文言が3行目に書かれいる・・・

このメモが書かれた理由は、一見すると被害者の明石英子さんが、誰かに助けを求めるためにメモを書いたように思えるが・・・

それなら最初の2行に書かれた・・・

「オワレている 助けてください・・・」

と言う文言だけでも意味が通じるのだから、3行目は必要なかったはず・・・

にもかかわらず、これ見よがしに3行目に「この男の人 悪い人・・・」などと書き加えられていた理由は・・・

実は犯人は女だったが・・・

「わざと男性による犯行と思わせるために、被害者の明石さんを脅して書かせたのではないか・・・?」

「さらに明石さんの体内に残されていた体液も、実は犯人が男であると思わせるために用意されたフェイクなのではないか・・・?」

「あるいは誰か共犯の男性がおり、その男性に殺害を依頼したのではないか・・・?」

と言うような憶測に基づく根拠が、まことしやかに噂されていたりもするようじゃ・・・

うわぁ・・・

たしかにただ殺したいだけなら、すぐに殺害することも出来たはずだよねぇ・・・

なのに犯人はすぐには殺さず、殺害前に激しい暴行を加えていた・・・

その理由は被害者の2人に対し、自分の苦しみと同じ苦痛を与えるためであったと・・・

その恨みの理由は被害者の主婦2人が実は裏でイジメをしていたからと言うわけか・・・

さらに、そのイジメを受けていたのは実は女で犯人だったけど、メモやら体液やらを仕込んで男性であると思わせようとしたのではないかと言うわけか~(汗)

たしかに辻褄が合っている気もするし、ありそうな話ではあるよねぇ?

もしかしたら、この説が真相なんじゃないかって気もするけど・・・

どうなんだろうねぇ?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】有力視された怨恨による犯行説・・・しかし、そこには矛盾する点もあった・・・

ワットポーの仏
ふむ(汗)

そうじゃの~・・・

たしかに一見、ありそうな説ではある・・・

しかし、この説にもどうにも腑に落ちない矛盾する点があると思うぞい(汗)

まず、そもそも怨恨による犯行ではないかとする点だが・・・

もしも被害者の主婦2人に恨みを持つ人物がいたのであれば、さすがに警察の捜査で誰かしら容疑者として浮上していても良さそうなものじゃ・・・

あるいはそれに寄らずとも周囲から、それらしき人物に関する話が出て来てもおかしくないはず・・・

しかし、被害者に恨みを持つ人物がいたと言うような話は一切、見当たらなかった・・・

警察が捜査をおこなう手順として、まず怨恨の線から調べ始めると言うのは、警察の基本的なスタンスとして良く知られた話じゃ・・・

当然、身内や同僚など何かしら被害者との繋がりがある人物に関しては、一番最初に徹底して捜査をおこなっているはずじゃ・・・

また、この事件は発生直後から、かなり世間の注目度も高かったと言うが・・・

そうなると当時の新聞や雑誌の記者たちも、被害者2人の同僚や身内などに取材をおこなっていたはずじゃ・・・

そこでもしもイジメなど、何かしら被害者の2人が恨みを持たれるような事実があれば、もっと明確に表面化していてもおかしくないはずじゃ・・・

過去にも何度か似たようなことがあったと思うが、マスコミは何か事件があり、そこにスキャンダラスな事実でもあろうものなら、被害者の人権など無視して平気で書き立てることが往々にしてあったりするものだと思うぞい(汗)

にも関わらず、そのような話は事件当時の報道にはまったく出てきていない・・・

それはおろか事件発生当時に発行された、週刊新潮の記事には被害者の2人が到底、恨みを持たれるような人物ではなかったと感じさせる、同僚のこんな証言が掲載されていた・・・

・事件後に語られた、被害者2人に対する職場の同僚の証言

明石さんは口数が少なく、本当に面倒見のいい方でした。

いつもニコニコして、無言のうちに頼れる方でした。

水野さんほがらかでおしゃべり

職場でちょっと大きな声がすると水野さんなんです。

周りを明るくする方で、あの人がいないと仕事も静かだった。

初めてのワラビ採りで・・・

「これがワラビ?あ、こんなにある!」

と歓声をあげ、お弁当もはしゃいで食べただろうと、(その)姿が目に浮かびます。

引用・1979年発行 週刊新潮掲載記事より一部、抜粋・・・

ワットポーの仏
この被害者の同僚の証言を見て、どう感じるかの~?

この証言からは、殺害された明石さんと水野さんの人柄の良さは伝わる・・・

しかし、とても誰かに恨みを買うような人物だったと言うようなイメージは、まったく沸いて来ないのではないかの~・・・

ましてやイジメをおこなうような人物には到底、思えないのだが(汗)

仮に被害者の2人が裏でイジメをおこなっていたとして、果たしてその事実を職場の同僚や上司など、誰ひとりとして気付かずにおられるものなのか・・・?

誰かしら、気付く人がいても良さそうなものだがの~(汗)

こうなって来ると、怨恨による犯行との根拠がますます薄くなることになるぞい(汗)

もう少し何か被害者の明石さんと水野さん双方を殺害するに至った、犯人の動機のようなものが、この怨恨による犯行説に出て来ているのであれば、可能性としては残るとは思うがの~(汗)

さすがに激しい暴行の痕があったからと言う理由だけでは、どうにも弱い・・・

それでは、とてもじゃないが怨恨による犯行との根拠とはなり得ないのではないかと思うぞい(汗)

それから犯人が女であると言う説に関してだが、この説もどうにも矛盾がある気がしてならない(汗)

もしも犯人が女であるならば、殺された明石英子さんの体内に残された体液に対する説明が付かない・・・

被害者2人を殺害した女が、犯人は男性であると思わせるためにわざと体液を仕込んだとする話もあるが、たったそれだけの理由でそんな手の込んだことをしたのかも疑問の残るところじゃ(汗)

普通に考えて、そのような男性の体液を用意するのも大変だし、誰か協力してくれる男性を探して、体液の提供を受けたとしても、それでは場合によって提供した男性が疑われ、そこから自分にまで疑いが掛かる可能性も出て来る・・・

さらに強姦されたように見せかけるために、被害者の体内に体液を仕込んだと言うのも、どうにも考えづらい気がしてならない・・・

別に体内に仕込まずとも、殺害後に被害者の遺体のどこかに体液を掛けておくだけでも良かったはずじゃ・・・

こうなるとやはり普通に考えて、被害者が犯人に強姦された際に、体内に体液が浸入したのだろうと考えた方が自然じゃ・・・

また被害者の明石さんが残したメモだが・・・

これについても、どうにも腑に落ちない感じじゃ・・・

この説ではメモにある「この男の人 悪い人・・・」と言う文言が書かれた理由は犯人が男性であると、その後、警察などに思い込ませるためだったと言うが・・・

そのようなことをした理由は、詰まるところ・・・

「自分に疑いが掛からないようにするため・・・」

と言うことになる・・・

しかしそれなら、もっと具体的に犯人像を挙げてしまっても良かったはずじゃ・・・

つまり犯人は男性であると言うことを示すことのみならず、そのものズバリ個人名をあげるなどしてしまった方が効率的に疑いをそらすことが出来たはずじゃ・・・

また、そこまであからさまに個人名をあげずとも、たとえばスーツの男や作業服の男、あるいは勤務先のスーパーで良く見かける○○の帽子を被った中年の男など、そこまで具体的に犯人像をあげてしまった方が、より効果的に自分への疑いをそらすことが出来たはずじゃ・・・

しかし、なぜか犯人は自分が女であることを隠すためだけに、メモを偽装したことになる・・・

そこまで犯人の考えがおよばなかったのではないかと言われれば、そうかも知れないが・・・

このような一連の計画を考える犯人が、その程度の考えがおよばなかった言うのも、どうかと思うの~(汗)

そうなると犯人が実は女だったと言う説も、少々、無理があるような気がするの~(汗)

だいぶ長くなってしまったが、ここまでの説明でも解る通り、被害者の2人が怨恨によって殺害されたと言う一連の説に関しても、真相としてはイマイチな気がするぞい(汗)

う~ん、そうか~(汗)

たしかに激しい暴行の痕が合ったからと言う理由だけでは、怨恨による犯行と決めつけるわけにもいかないよねぇ(汗)

そもそも一体、どんな恨みが犯人にはあったと言うのか・・・?

その辺の動機がまったく不明のままだしね(汗)

それじゃあ、他にも何か真相として語られている説があったりするのかなぁ?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】その他、噂されている真相説・・・タケノコ泥棒、ナンパ男、人さらいの一族などなど・・・

ワットポーの仏
ふむ!

それでは、ここまでで伝えたもの以外で残っている、真相として噂されている説をまとめて伝えていくぞい?!

まず1つ目は・・・

「タケノコ泥棒犯人説」

そして2つ目が・・・

「ナンパ失敗男犯人説」

最後の3つ目が・・・

「人さらいの一族による犯行説」

他にも細かいものがいくつかあるが、残っている主な真相として噂されている説はこの3つじゃ!

ここから順番に伝えていくぞい?!

まず1つ目のタケノコ泥棒犯人説だが、これはすでに少し伝えたように殺害現場となった通称「野山」と呼ばれるこの山では、事件が起こる前までは頻繁にタケノコ泥棒の被害があったと言う・・・

しかし事件が起こったのちには、それらのタケノコ泥棒の被害がプッツリとおさまってしまった・・・

そのことから、この山でタケノコを盗んでいた人物による犯行だったのではないかと言う説が噂されたと言うわけじゃ・・・

しかし、これについては事件後に山に警察が捜査のために多数、入り込んでいたこともあり、そのためにタケノコ泥棒は現れなかったのだろうと言う見方も出来る・・・

だが、それとは違うの見方も出来るような気もする・・・

と言うのも、殺された水野恵子さん殺害に使われた包丁の刃には、その刃に対して垂直方向に付けられたキズがいくつもあったと言う・・・

事件前に頻繁に現れていた、タケノコ泥棒の手口は土の中から丁寧にタケノコを掘り起こすのではなく、地上に出ている部分を根元から切断して持ち去ると言う手口だった・・・

そうなると、もしかしたら凶器の包丁の刃に付いていたキズは、タケノコ泥棒がタケノコを盗む際に出来たキズなのではないかと言う気もして来る・・・

つまり水野さん殺害に使われた包丁は、そのタケノコ泥棒が窃盗を働く際に使用していた包丁だったのではないかと言うことじゃ・・・

先にタケノコ泥棒犯人説について伝えた時にはサラッと流してしまったが、少し深く推理して見ると、この説の可能性は残る気もするぞい?!

次のナンパ失敗男犯人説についてだが、これは山で被害者の主婦2人をナンパしようとした犯人が、むげに断られてしまったことに腹を立てて、2人を殺してしまったのではないかと言う説のようじゃ・・・

これに関しては果たして、山の中でナンパなどしようとするものなのかと言う点について少々、疑問の残るところじゃ・・・

それにナンパして断られたからと言って、それだけで殺そうと思うものなのかも甚だ疑問じゃ・・・

しかし犯人の目的がナンパではなく、初めから強姦をする目的で被害者の主婦2人に声を掛け、そこで冷たくあしらわれたと言う可能性はありそうだがの~(汗)

最後に3つ目の人さらいの一族による犯行説と言うのは、どうやらこの地域には人さらいの一族と呼ばれる者たちがおり、この長岡京ワラビ採り殺人事件もその一族による犯行ではないかと言う説のようじゃ・・・

この説について少し調べて見たのだが、どうやら元ネタは「トカナ」と言う、おもに都市伝説などを紹介しているサイトにて噂にあるような記事が掲載され、そこからの情報が広まっていったと言うことのようじゃ・・・

そのトカナと言うサイトの記事によると、人さらいの一族と事件との関係について、地元の人間からこんな証言がなされたと言う・・・

一部、その証言を要約すると・・・

「京都府の南西部、つまり長岡京市や宇治市の周りには、人さらいの一族が住んでいると言う噂があった・・・」

「誰も人さらいの一族を見たことはなかったが、実際に昔からその地域では女性が行方不明になっており、その数は1人や2人ではなく大勢の犠牲者が出ている・・・」

「この事件が起こった時、ついにその一族の正体が明らかになるかと地元の人間なら内心思っていたはずだ・・・」

「しかし結局、逮捕されることもなく、その一族の正体も明らかになることはなかったが、地元の者たちはいまだに一族の人間が犯人だと思っている・・・」

この人さらいの一族については、噂の出所と思われる『トカナ』と言うサイト以外には特にそれらしい情報はなく、また民間伝承や昔話的なものも少し深掘りして調べて見ましたが、まったく詳細が分からなかったため、本当にそのような一族が存在しているのかについては正直、不明じゃ(汗)

これを読んでいる読者の方で、京都南西部で噂される「人さらいの一族」について何か知っていると言う人がいたら、コメントで情報を寄せてくれたら、ありがたいぞい(汗)

念のため、そのトカナと言うサイトに掲載されていた地元住民の証言についても引用して載せておくぞい?!

・長岡京市内で精肉業を営むと言うWさん(72歳)の人さらいの一族に関する証言

「ああ、今でもハッキリと覚えていますよ…。

なにせね、当時は、“またか”って思ったくらいですから。

ええ、そうなんです、あの界隈にはね、昔から、人攫いの一族が住んでいるっていう噂がね、地元の連中の間では囁かれていましたから。

だから目撃情報などがちらほら出てきた時にね、みんな、大っぴらには口にしやしないけれども、ついにその正体がわかるのかもしれないって、内心思ったはずですよ

今にして思えば、目撃された男たちっていうのは、我々が思う一族の人間じゃないのでしょうし、真犯人じゃなかったんだろうと思いますけれどもね。

だとすれば、真犯人はどこにいるのか? という話です。

ええ、私ら地元の人間はね、一族の人間が犯人だと未だに思っていますよ。

なにせあのあたりで女が姿を消すっていう話は、あの事件よりも遥か昔から、ずーっと言われてきたことですからね。

それもひとりやふたりじゃない。

何十…場合によっちゃ何百っていう人がいなくなっているんだと思うんです。」

【この地域で昔から女性たちが相次いで姿を消しているという噂話が本当なら、『長岡京ワラビ採り殺人事件』が起こる前に、事前に警察なりが対策することが出来たのではないか?】との質問に対して・・・

「…って思うでしょ?

けどね、その一族っていうのは、人里に出てこないっていうのが昔からありましてね。

だとすれば対策もへったくれもないじゃないですか。

人数もわからないし、顔も名前もわかりゃしない。

我々はただただ怯えるしかないんですよ。」

【何代にも渡って同様の犯行を繰り返していた一族がいたのであれば、事件が起こった際に捜査線上に浮かびあがっても良さそうだが、なぜ真犯人が逮捕されないのか?】との質問に対して・・・

「すべての事件の犯人が確実に逮捕されるんだったら、そんなに平和な世の中はないですよ。

もしかしたら、今でも同じようなことをしているかもしれない。

それが薄々わかっているはずなのに、警察は動いている気配すらない。

それがあの地域の現実なんです。

理由?そんなのは警察の人にでも聞いてくださいよ。

私から話せるのはここまでです。」

引用:知的好奇心の扉 トカナ『強姦殺人を続けた京都の「ヒトサライ一族」と未解決事件』2016.04.16掲載記事より抜粋・・・

う~ん・・・

最後の人さらいの一族うんぬんは、どうにも眉唾な感じだけど、タケノコ泥棒とナンパ失敗男については、微妙に真相とリンクしていそうな感じではあるし、事件の真相に近づいているような気もするけど・・・

だけど、イマイチ解らないよねぇ?

一体、真相はどこにあるのかなぁ?

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~・・・

殺された明石英子さんと水野恵子さんの身に一体、何が起こったのか・・・

怨恨、売春トラブル、身内の犯行などなど・・・

様々な説が噂されてはいますが、果たして真相はどこにあるのか・・・

それではここから、これまでに伝えた情報を元に、この事件について推理していこうと思うが・・・

今回は一旦、ここで切らせていただき、それについては次回、お伝えしていくぞい?!

↓↓↓ 続きはこちら! ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件5】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【推理・考察(前編)】

【長岡京ワラビ採り殺人事件4】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【噂された真相説】:あとがき

ワットポーの仏
さて、どうじゃったかの?

この『長岡京ワラビ採り殺人事件』ではいくつかの真相説が噂されていたわけだが・・・

一体、真相はどこにあるのかの~?(汗)

そうねぇ(汗)

微妙に近づいているような、いないようなって感じだけど、最後のタケノコ泥棒犯人説については、凶器の包丁と何か繋がりがありそうな気もするよねぇ?

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~・・・

どうにも、引っかかるものがあるの~・・・

それじゃあ、その辺も含めて、次回はじっくりとこの事件の真相について推理していくぞい?!

それでは!

次回も引き続き『長岡京ワラビ採り殺人事件』について記事にしていくよ!

事件の真相はどこにあるのか?!

果たして、仏さんの推理は如何に?!

と言うことで!

次回も絶対、見に来てくれよな!

アスラパット
ハヌマーン
記事が気に入ってくれたら、ツイッターなどのSNSでシェアとフォローよろしくお願いしますじゃ!

ブログランキングにも参加中ですじゃ!

↓良ければポチッとお願いしますぞ!


オカルトランキング

書き続けるためのモチベーションアップにつながるので、是非ともよろしくですじゃ!

 

↓↓↓次にオススメの記事!↓↓↓

【名古屋妊婦切り裂き殺人事件1】日本屈指の未解決猟奇殺人事件【序章】

【石井舞ちゃん行方不明事件1】自宅で行方不明になった少女【未解決事件】

【日航機墜落事故の闇1】最悪の航空事故に潜む黒い噂とは?!【序章】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルトミステリー・未解決事件ファイル, 長岡京ワラビ採り殺人事件?!残虐なる暴行強姦の末に殺害された主婦2人・・・そこには謎のメモが残されていたが?!
-, , , ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.