オカルトミステリー・未解決事件ファイル 長岡京ワラビ採り殺人事件?!残虐なる暴行強姦の末に殺害された主婦2人・・・そこには謎のメモが残されていたが?!

【長岡京ワラビ採り殺人事件2】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【目撃証言】

2020年5月24日

あなたは、今から約41年前の京都・長岡京で起こった、恐ろしき未解決強姦殺人事件をご存じだろうか・・・

(※2020年、時点)

その恐ろしき未解決強姦殺人事件とは・・・

『長岡京ワラビ採り殺人事件・・・』

当時、京都・長岡京市内にあるスーパーで働いていた2人の主婦・・・

その2人の主婦が仕事終わり、近くの山にワラビ採りに出かけたあと、行方が解らなくなったが・・・

その2日後・・・

2人は凄惨な他殺体となって発見されたと言う恐ろしい殺人事件・・・

この事件の不可解で不気味なところはここ・・・

『殺害された主婦のうち、一人のポケットから謎のメモが発見された・・・』

殺害現場付近では過去にレイプ事件なども起こっており、事件発生当初から不審な人物の目撃証言なども多数あがっていた・・・

現場に残された物証は少なかったが、疑わしい容疑者はかなり早い段階から浮上していたこともあり、事件はすぐに解決するかに思われていた・・・

しかし結局、時効が成立してしまい、未解決事件となってしまった・・・

ワットポーの仏
今回は実に謎だらけで恐ろしいミステリー・・・

『長岡京ワラビ採り殺人事件』

この事件について伝えていくぞい!

事件当日、犠牲となった2人の主婦に一体、何が起こっていたと言うのか?!

当時の様子や事件発覚までの経緯、その後の目撃証言、さらに事件の真相ではないかと噂される説などについても詳しく伝えていくぞい?!

この事件について、よく分からない人は第1回目の記事から見てみておくれの~!

事件の経緯から詳しく伝えていくぞい?!

↓↓↓ 第1回目の記事はこちら ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件1】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【序章】

今回も考察をまじえながら最後に迷推理も披露しちゃうよ~!

これを見ているみんなも、一緒に推理して見てね

それと!この記事に関しては当サイトオリジナル動画もあるよ!

読むのが面倒な人は動画でどうぞだよ~!

アスラパット

↓↓↓ この記事の動画版はこちら! ↓↓↓

※WARNING※

『長岡京ワラビ採り殺人事件』の記事は少々、長くなってしまうので、これから数回に渡ってお送りいたします。

これは第2回目の記事です。

※なお、途中でブラウザーのバックボタンを押すと、あなたの夢に悲しげに泣く仏さまが出て来て眠れぬ夜を過ごすことになりますので、ご注意ください。(適当)

※逆に記事を気に入り、下記のアイコンをポチっとすると、今度はうれし涙を流す著者が夢に出てくると言うオカルト好きにはたまらない不気味な体験をすることができるかも知れません。(適当)


オカルトランキング

【長岡京ワラビ採り殺人事件2】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【目撃情報】

ワットポーの仏
それでは始めていくが・・・

まずはこの事件について、簡単におさらいしておこう・・・

前回までの記事では事件の概要を伝えた・・・

仕事終わりに近くの山へワラビ採りに行った主婦2人が、何者かによって激しい暴行の末に強姦までされてしまった・・・

そして最後には残虐な方法で殺された・・・

事件現場には様々な物証もあったが、取りわけ奇妙なのは被害者、明石英子さんのジーンズのポケットに入っていたと言う謎のメモ・・・

このメモには・・・

『オワレています たすけて下さい この男の人わるい人・・・』

と書かれていた・・・

このメモの内容から警察は単独犯による犯行と断定し、捜査をすすめていたが・・・

実は事件当日に目撃された不審人物に関する情報には複数人で行動していたと言う目撃証言も多く、犯人は複数犯の可能性も残っていた・・・

だが警察はなぜか、単独犯によるものと断定してしまった・・・

今回は、その辺の複数人だったという情報も含めた、不審人物に関する目撃情報を詳しく伝えていくぞい?!

【長岡京ワラビ採り殺人事件】不審人物の目撃情報1・・・事件後、急に真面目になったと言う2人の不良・・・

ワットポーの仏
それでは事件後に目撃された、不審人物について伝えていこう・・・

最初は、事件当日に殺害現場となった野山から出て来たと言う不審な2人の男・・・

この不審な2人の男たちは、犯行がおこなわれたと見られる時間帯である、5月23日14時頃に殺害現場となった山から、まるで逃げるように急ぎ足で出て来るのを地元の人間に目撃され・・・

その後、姿を消した・・・

それまで警察は事件当日の行動に不審な点がある変質者など6人を有力な参考人として捜査していたようだが、特に怪しい点が多いとして、最終的にこの2人に絞って、捜査をしたようじゃ・・・

当時の新聞記事によると、この不審な男たちの身元は後日、判明したようで、どうやら付近の建設現場で働く・・・

『建設作業員 AとB(共に当時28歳)』

地元不良グループにも所属する若者2人だったようじゃ・・・

この若者の2人は事件前日の5月22日にも、殺害現場近くの神社付近を犬を連れてうろついていたそうじゃ・・・

また不審なことに、彼らはなぜか事件のあった翌日から急にぶらぶらと遊び回るのを止めて、仕事に精を出し始めるなど、突然、真面目さを装う行動を取り、不自然な点が目立ったと言う・・・

2人の内、特に若者Aの方は粗暴な振る舞いが目立ち、事件前からたびたび、ちょっとしたことでケンカを売るなどしており、かなりキレやすい性格だったようじゃ・・・

また、この若者Aは空手をやっており、不良仲間の間でも・・・

「空手の強い暴れん坊・・・」

と言われていたそうじゃ・・・

すでに伝えた通り、殺された明石英子さんと水野恵子さんの遺体には、全身に数十箇所にもおよぶ、拳で殴られたような痕跡があることもあり、警察は特に空手をやっていた若者Aの方に強い疑いを向けて捜査をおこなっていたようじゃ・・・

事件当日の夜には2人が一方の自宅前で、何やらヒソヒソと話し込む姿なども目撃されており、かなり怪しげな行動も取っていたそうで、後日、この2人は警察に任意同行を求められ、取り調べも受けたと言う・・・

うわぁ・・・

事件当日に殺害現場となった山から、急ぎ足で逃げるように出て来たと・・・

しかも不審な男の内、ひとりは空手をやっていたのか~・・・

これってもう、その建設作業員の2人が犯人だったんじゃないの?(汗)

かなり疑わしい感じで身元も判明していたなら、逮捕することも出来たと思うけど・・・

何で警察は、この不審な男2人を逮捕しなかったのかなぁ?

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ(汗)

そうじゃの~(汗)

警察はのちの取り調べで不審な男AとBの事件当日のアリバイや、凶器となった包丁との関連を追及したようだが結局、2人が犯人であるとの確証を掴むことはできなかったそうじゃ・・・

その上、この男2人にはどうやら事件当日のアリバイもあったと言う・・・

そのアリバイを証言したのは彼らが働く建設会社の社長で、どうやら事件当日はほかの建設現場に働きに出ていたと言うようなことを証言したようじゃ・・・

おそらく警察もその証言の裏を取り、証言通りであったことを確認したのだろう・・・

最終的に警察は彼ら2人をシロと判断し、捜査対象から外したと言うわけじゃな(汗)

う~ん・・・そうか~・・・

かなり疑わしい感じだけど、アリバイが成立したなら犯人ではなかったと言うことかな?(汗)

そうじゃあ一体、犯人は誰だったのかなぁ?

ほかにも不審な人物の目撃情報があったりするの?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】不審人物の目撃情報2・・・怪しげなヒッピー風の男と、その連れ・・・

ワットポーの仏
ふむ!

まだまだ不審な人物に関する、目撃情報があるぞい?!

次に目撃された不審な人物は、どうやら事件現場となった山をうろついていたそうじゃ・・・

その不審人物に関して、付近の住民からはこんな目撃証言があったようじゃ・・・

「長髪でタオルを姉さん被りした、ヒッピー風の若い男ともう1人の男が終始、野山をうろついている・・・」

実はこの姉さんかぶりをしたヒッピー風の若い男は後日、身元が判明したとの情報があったようで事件当時、いくつかの新聞が匿名で男性の所在を大きく取り上げたと言う・・・

そのヒッピー風の若い男とされた人物の身元は、当時26歳の大工見習いの男性で事件当日は大工の親方と一緒に京都の宇治市の方で仕事をしていたと主張したそうじゃ・・・

おそらく、この主張の裏が取れ、アリバイが成立したため、この人物が逮捕されることはなかったのだと思うが・・・

しかし、ここで不可解な点がひとつあった・・・

それは、なぜか目撃証言にあったヒッピー風の男と一緒にいたと言う、もう1人の男についてが、どこの誰だったのか解らなかったと言う点じゃ・・・

そもそも、この大工見習いの男性は殺害現場となった野山に行ったことはあったそうだが、目撃証言にあったもう1人の男については心当たりがないと供述していたようじゃ・・・

そこで後日、一部でこんな噂がささやかれることになったそうじゃ・・・

その噂とは・・・

「警察がヒッピー風の若い男として特定した大工見習いの男性は、実は人違いだったのではないか・・・?」

と言うものじゃ・・・

つまり警察が事情聴取した大工見習いの男性は、事件現場である野山で目撃されたヒッピー風の若い男ではなかったのではないかと言うわけじゃ(汗)

実はそもそもヒッピー風の若い男の身元が大工見習いの男性であるとの情報は、どうやら最初は一部の新聞報道で憶測として流れたもののようで、その報道を警察が鵜呑みにして取り調べをおこなったとする話もあるようじゃ・・・

何とも言えないところではあるが、もしも本当に人違いだったとしたら、この時に目撃されたヒッピー風の若い男と、もう1人の男が犯人だった可能性も残ることになるぞい(汗)

うわぁ・・・

目撃されたヒッピー風の若い男と間違われて、大工見習いの男性は警察に事情聴取されてしまったのかも知れないわけか~(汗)

もしもそうだとしたら、そんな人違いをしてしまうなんて警察は相当、あせってたんじゃないかって気もするね~(汗)

これだけの凶悪な事件なら当時、世間の注目度も高かったはずだし、警察としては早期に解決したいと思っていただろうしね(汗)

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】不審人物の目撃情報3・・・まるで被害者の主婦2人のあとを追うかのように山に入った怪しげな2人組・・・

ワットポーの仏
そうじゃの~(汗)

警察も焦りがあったのは、たしかだろうな(汗)

それでは次の目撃情報について伝えるぞい?!

次に目撃された不審な人物は、なんと殺された明石英子さんと水野恵子さんが山に入った直後に、同じように山に入っていったそうじゃ(汗)

その不審人物を目撃したのは、近くの竹やぶで作業をしていた山林所有者だったようだが、その者の証言によれば・・・

「被害に遭った主婦2人が山に入った、約10分後の午前11時半頃、2人組の男が山に入って行くのを見た・・・」

「その2人組の男は年齢25~30歳くらいで、白いシャツとジーンズのようなズボンを履いており、手荷物は持っていなかった・・・」

「見たところ山歩きをするような格好ではなく、とてもハイカーには見えなかった・・・」

とのことじゃ・・・

何とも言えないところではあるが、この不審な2人組の男はもしかしたら、どこかの段階で偶然見かけた被害者の主婦2人に目を付け、あとを追って山に入っていったのかも知れないぞい?!(汗)

手荷物がなかったところを見ると、おそらく何かを採りに山に入ったと言うわけでもなく、ハイキングを楽しむと言った感じでもなかっただろう・・・

そうなると、この2人組はかなり怪しい感じではある・・・

当時はこの目撃情報についても、新聞や週刊誌などで報道されていたことから、この時、目撃された本人たちも自分たちのことかも知れないと気付いたと思うが・・・

その後に、その不審な2人組の男からは特に捜査協力の申し出などはなく、結局、彼らの身元が判明することもなく正体不明のままとなってしまったようじゃ・・・

うわぁ・・・

軽装のまま、手荷物も持たずに山に入ったわけか(汗)

それだと、たしかにハイカーには見えないね(汗)

山に何かを採りにいくなら、それを持ち帰るための入れ物くらいは持っていくと思うけど・・・

そう言ったものもなかったとなると、山に入った目的は何だったのか・・・

もしかしたらこの不審な2人組の男は被害者の主婦2人を狙って、山に入っていったって気もするねぇ(汗)

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】不審人物の目撃情報4・・・家族と山に来ていた主婦に、包丁片手に声を掛けた不審な男・・・

ワットポーの仏
ふむ・・・

山に入った目的も良く解らず、しかも被害者の主婦2人が山に入った直後に、この男たちも山に入っている・・・

何とも言えないところではあるが、たしかにかなり怪しい感じではあるの~(汗)

それでは次の目撃情報を伝えていくぞい?!

次の不審な人物が目撃されたのは、ちょうど事件が起こる前年の同時期・・・

つまり事件の前の年の5月頃と言うことじゃな・・・

その目撃証言を寄せたのは、殺された明石さんと水野さんと同じ主婦だったそうじゃ・・・

証言をした主婦はその日、夫と子供と共に山へワラビ採りに来ていたと言う・・・

山に着いたあと、その主婦はさっそくワラビ採りを始めたようだが彼女はその時、夫と子供から少し離れた場所でワラビ採りをしていたそうじゃ・・・

しばらくは、そのままワラビを採り続けていたが、ふと気付くと目の前に・・・

『長さ30センチほどの包丁を持った男・・・』

が立っており、その主婦にこんなことを尋ねてきたそうじゃ・・・

「奥さん、ワラビ採れますか・・・」

そう声を掛けられた主婦は、包丁を持ったその男の様子に異様なものを感じたのだろう・・・

そこから70~80メートルほど離れた場所でワラビを採っていた、夫と子供のところまで走って逃げたと言う・・・

目撃した主婦によると、その不審な男の特徴は・・・

「年齢40~45歳くらい、身長約170センチ、ねずみ色の上下の作業着姿・・・」

だったようじゃ・・・

また、その不審人物が現れた場所は、長岡京ワラビ採り殺人事件で犠牲となった主婦2人が殺害された現場から、西南へ約300メートルのところに位置する雑木林だったそうじゃ・・・

殺害現場にこれほど近い場所で目撃された、この不審な包丁を持った男・・・

かなり、疑わしくはあるが・・・

結局、この男がどこの誰だったのか、身元の特定は出来なかったようじゃ・・・

う~ん・・・

この作業着姿の不審な男が持つ、包丁の長さは30センチほどだったと・・・

たしか水野恵子さん殺害に使用された包丁も、全長30センチだったよねぇ・・・

しかも刃についていたキズの具合から、どうやら凶器の包丁は山でワラビやタケノコを採るのに使われていたとも推測されていたわけだし・・・

これって、ただの偶然なのかな・・・?

どうも引っかかるねぇ(汗)

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】不審人物の目撃情報5・・・事件の6日前に目撃された不審な男、この男もまた主婦に声を掛けていた・・・

ワットポーの仏
ふ~む(汗)

そうじゃの~(汗)

この不審な男が現れた場所殺害現場から、かなり近かった・・・

さらに犯人が凶器として使っていたのと同じ、包丁を手にしていた・・・

しかも、どちらの包丁も長さ30センチほどだったと言う点も一致している・・・

おそらく、この包丁を持った不審な男もワラビあるいはタケノコなど山に自生する何らかの山菜を採りに来ていたのではないかとも思われるが・・・

そうなると男が手にしていたと言う包丁にも凶器と同じような、刃に対して垂直なキズがついていた可能性もある・・・

ここまで来ると、この男が犯人であったのではないかとも思えるが・・・

実はの~・・・

この時に目撃された不審な包丁を持った男と良く似た男が、長岡京ワラビ採り殺人事件が起こる少し前にも現れていたかも知れないのじゃ?!

ここから、その不審人物についても伝えていくぞい?!

その不審な男が目撃されたのは、長岡京ワラビ採り殺人事件が起こるちょうど1週間ほど前のことで、その日は事件当日と同じく平日だったようじゃ・・・

目撃したのは、やはり山にワラビ採りに来ていた主婦で、なんとその不審な男は・・・

「ワラビ採れますか・・・?」

と、事件の1年前に現れた不審な男と同じことを、その主婦に尋ねたそうじゃ・・・

目撃した主婦によると、声を掛けて来た男の特徴は・・・

『年齢40~45歳くらい、スポーツシャツにズボンという軽装でサラリーマンタイプ・・・』

さらに事件の1年前に現れた男とも良く似ていたと言う話もある・・・

また、どうやらこの不審な男は度々、山に現れていたようで、この証言をした主婦以外にも同じ男と見られる不審人物の目撃情報が全部で3件寄せられたようじゃ・・・

その同一人物の可能性もある男が現れるのは、決まって水曜日か木曜日で事件が起こった1979年5月23日とは曜日的にも一致していた・・・

警察はその後、この不審な男の似顔絵を作成し、公表もしたようじゃ・・・

その似顔絵と言うのが下記のものじゃ・・・

ワットポーの仏
おそらく警察もこの時、目撃された男が怪しいと思ったのだろう・・・

事件が起こった3ヶ月後にこうした似顔絵を作成し、この似顔絵に似た人物に関する情報を広く求めていたようじゃ・・・

その結果、数件、似顔絵に似ている男を知っていると言う情報が警察に寄せられたと言う・・・

しかし残念ながら、それらの情報はすべて、目撃された不審な男とは違っていたようで・・・

結局、この似顔絵の男どこの誰だったのかは、解らずじまいになってしまったようじゃ・・・

うわぁ・・・

年齢的な特徴が一致していて、目撃された場所や時期、曜日までもほぼ一致していたわけか~・・・

事件の1年前に現れた包丁を持った男・・・

そして事件直前に現れた不審な男・・・

何とも言えないところではあるけど、どちらも主婦に声を掛けている点なんかも考えると、同一人物だった可能性もありそうだよねぇ(汗)

それじゃあ、ほかには何か手掛かりになりそうな情報があったりするのかなぁ?

アスラパット

【長岡京ワラビ採り殺人事件】その他の情報・・・事件現場には平日にも関わらず、不特定多数の人間が出入りしていた・・・

ワットポーの仏
ふむ・・・

そうじゃの~・・・

直接事件に関係があるかは解らないが、その他の情報についても、まとめて伝えておこうかの!

まず、長岡京ワラビ採り殺人事件が起こった、現場周辺の山林内道路には、その当時、暴走族がたびたび走り回っているのを目撃した住民が多数いるようじゃ・・・

そのことから警察は殺された主婦2人は・・・

「暴走族の不良グループに襲われた可能性もある・・・」

と見て捜査をおこなったようじゃ・・・

結局、この線からは有力な容疑者は浮上しなかったようだがの~(汗)

また現場一帯の竹林には、鋭利な刃物で切り取られたとみられるタケノコの痕が多数みられたと言う・・・

どうやら、これはタケノコを土中から掘り起こすのではなく、地上に出ている部分を刃物で切り取り持ち去ると言う手口でのタケノコ泥棒の仕業だったようで、竹林の所有者から警察に被害届が提出されていたようじゃ・・・

しかし不可解なことに、それだけ頻発していたタケノコ泥棒が事件後、捜査員が山に入るようになってからはプッツリと被害がおさまった言う・・・

そのことから、このタケノコ泥棒が・・・

「被害者の主婦2人に窃盗を咎められたことが原因で殺してしまったのではないか・・・?」

と言う説がまことしやかに噂されたことがあったようじゃ・・・

だが良く考えれば、警察がウロウロしているような場所で、窃盗など出来ないだろうし、やろうともしないだろう・・・

そのため、この説の通りタケノコ泥棒が犯人であったかは、何とも言えないところではあるがの~(汗)

その他、事件が起こった5月23日は平日ではあったが、ちょうど山菜採りには絶好のシーズンであったこともあり、事件当日は・・・

「15~16人の人間が山に入っていた・・・」

との情報もあったようじゃ・・・

そして殺された主婦2人も自転車を停めていた、山のふもとの寂照院近くの空き地には・・・

「乗用車やライトバンなど5~6台の車が停められていた・・・」

と言う目撃情報もあったそうじゃ・・・

またその後、河陽ヶ丘2丁目と呼ばれる、山のふもと付近一帯の地域では当時、宅地造成工事がおこなわれており、事件当日には大阪の豊中市や西成地区から作業員などを手配する手配師によって、四十数名ほどの土木作業員が送られていたと言う・・・

ここでひとつ不可解な点として・・・

「事件当日、この宅地造成現場で働いていた作業員の中には事件が起こって以降、現場に来ない者がいた・・・」

と言う事実があったようじゃ・・・

その数はどうやら20人ほどもいたようじゃ・・・

そして、その中でその後に身元の特定が出来た人物は、半数程度の10人ほどとなり・・・

「なぜか残りの10人ほどは、どこの誰だったのか不明のままとなってしまった・・・」

と言うことがあったようじゃ・・・

なぜ作業員の身元を特定出来なかったのか・・・?

何とも言えないところではあるが、作業員を集めた場所に大阪西成地区が含まれいるところを見ると、おそらく作業員を手配する手配師がロクに身元も確認せずに日雇いで労働者を雇ってしまったためだったのではないかと思うの~(汗)

つまり手配師が身元もハッキリしない、その日暮らしの日雇い労働者を集めて、河陽ヶ丘の宅地造成現場に住み込みで働く労働者として送り込んだ・・・

その労働者たちの中で事件後、巻き込まれるのを嫌った者たちが、現場を勝手に逃げ出し、来なくなってしまったのではないかと言うことじゃな(汗)

今では考えられないことだが、当時は割とこう言ったずさんな雇用の仕方も多かったようで、身元があやふやな人物でも平気で雇うことがあったと言う・・・

おそらく警察も、そのためにそれらの人物の特定が難航してしまい、最終的にどこの誰だったのか解らなくなってしまったと言うことだろうの~(汗)

うわぁ・・・

事件当日、山には15~16人の人間が入っていたわけか~・・・

おそらく、その数は確認が取れた人数だろうから、ほかにも山に入っていた人間もいそうだようねぇ(汗)

その中には、もしかしたら付近の宅地造成現場で働いていた土木作業員がいた可能性もあるよねぇ?(汗)

何とも言えないところだけど、その中に犯人がいた可能性もある気がするけど、どうなんだろうね?(汗

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ・・・

たしかに、その中に犯人がいた可能性も残るだろうの~・・・

あるいは地元の人間で、事件当日にワラビを採るために山に入っていた者による犯行の可能性もある・・・

実は、この長岡京ワラビ採り殺人事件との関連が噂されるいくつかの別の事件が、この周辺の地域では起こっていたりもするようじゃ(汗)

それら事件の被害者の中には、あくまで都市伝説的にではあるが殺された明石さんと水野さんの同僚だったのではないかと言う噂のある人物もいるそうじゃ・・・

ここから、その辺の長岡京ワラビ採り殺人事件との関連が噂される、周辺地域で発生している別の事件についても、伝えていこうと思うが・・・

今回はここで一旦、切らせてもらい、それについてはまた次回、伝えていくぞい?!

↓↓↓ 続きはこちら! ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件3】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【関連が噂される別の事件】

【長岡京ワラビ採り殺人事件2】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【目撃証言】:あとがき

ワットポーの仏
さて、どうじゃったかの?

この『長岡京ワラビ採り殺人事件』では多くの不審な人物に関する目撃情報が出て来ていたわけだが・・・

最終的に身元が解らずじまいになってしまった者もいたわけじゃ(汗)

何とも情けない話だが、当時は警察の捜査力も今ほど強くはなかったのだろう(汗)

そうねぇ(汗)

何とも言えないけど、当時は防犯カメラの設置台数も少なかっただろうし(汗)

結局、地道な聞き込みが捜査のメインになっていただろうから、仕方ない部分もありそうだけどね(汗)

てか、長岡京ワラビ採り殺人事件との関連が噂される事件ってヤバイね(汗)

本当に関連があったとすれば、その犯人は連続殺人犯の可能性もあるわけだしね(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~(汗)

実はそれらの関連が噂される事件には、かなり近い場所で発生しているものもあるのじゃ(汗)

次回はその辺について、じっくり伝えていくからの!

それでは!

次回も引き続き『長岡京ワラビ採り殺人事件』について記事にしていくよ!

事件との関連が噂される、別の事件とはいかなるものか?!

実はその中には、日本屈指のシリアルキラーが引き起こした事件も含まれているようだよ~?!(汗)

と言うことで!

次回も絶対、見に来てくれよな!

アスラパット
ハヌマーン
記事が気に入ってくれたら、ツイッターなどのSNSでシェアとフォローよろしくお願いしますじゃ!

ブログランキングにも参加中ですじゃ!

↓良ければポチッとお願いしますぞ!


オカルトランキング

書き続けるためのモチベーションアップにつながるので、是非ともよろしくですじゃ!

 

↓↓↓次にオススメの記事!↓↓↓

【名古屋妊婦切り裂き殺人事件1】日本屈指の未解決猟奇殺人事件【序章】

【石井舞ちゃん行方不明事件1】自宅で行方不明になった少女【未解決事件】

【日航機墜落事故の闇1】最悪の航空事故に潜む黒い噂とは?!【序章】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルトミステリー・未解決事件ファイル, 長岡京ワラビ採り殺人事件?!残虐なる暴行強姦の末に殺害された主婦2人・・・そこには謎のメモが残されていたが?!
-, , , ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.