オカルト・怖い話

『神様に愛されるということ』怖い話シリーズ92

2020年10月11日

某有名掲示板に投稿された怖ろしい話・・・

『神様に愛されるということ』

占い師に「長生きできんね」と言われた・・・

「あんた、大陸に行ったことあるだろう?」

「悪霊なんてもんじゃない・・・神に近い・・・」と言われ・・・

今回は怖ろしい怪談話『神様に愛されるということ』をお伝えします。

怖異 恐子
皆さん、こんにちは・・・

毎度おなじみ心霊界の石原さとみこと、コワイキョウコです・・・

神様、仏様~・・・って、祈ることありますけど・・・

良く考えたら神様って、何者なんですかね?

宗教の教祖的な人を神様と言っていたり・・・

日本だとあらゆるものに宿るとかとも言うし・・・

まったく謎な存在ですよね(汗)

それでは怖い怖い怪談話・・・

『神様に愛されるということ』

どうぞお楽しみください・・・

※このお話は5分ほどで読むことができます。

『神様に愛されるということ』怖い話シリーズ92

 

私も占い師に「長生きできんね」と言われたことある。

理由も聞いた。

 

「あんた、大陸に行ったことあるだろう?そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず払えないし、どこに行っても障ることを恐れて何もできないよ。」とか・・・

 

確かに、仕事で中国に数年住んでいた。

 

「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝することだ。・・・それと、叔母さんかな?修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを守っているよ。・・・でも、あと数年だね。」

 

息子、もう15歳なんですが。

あと5年でこの世とさよなら?

それを何故断言できる?

私の不審そうな顔に、占い師は続けた。

 

「あんた、過去に手の筋切って何かできなくなってない?」

 

確かに。ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、交通事故の後遺症で今、左手があまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。

 

「それは持って行かれたんだよ。でも命だけは、あんたを守る人たちに救われた。でも、次は全て取る、と言っているよ。・・・ごめんねえ、不快な事ばかり言って。」

 

占い師はそう言って、私から料金を取らなかった。

あと5年でこの世から去る?

にわかに信じられなないし、今も信じてない。

ところが、その占い師は「当たる」と評判だそうだ。

割と高額な見料も、あんなに長時間話したのに「残りの人生に使いなさい」と貰わなかった。

 

帰宅後、夫と子供に話した。

信じてないけど、と言いつつ・・・

 

「私が死んだら、あななたちが心配で・・・」と言ったら、夫も子供も・・・

「それは自分たちが乗り越えること。おかんは心配しないで、残りを好きに使っていいよ」と・・・

 

今のところ病気などは無い。

でも人は何で死ぬか解らない。

ちなみに、後日、ある有名神社にお払いの相談をしたら占い師の言ったとおり・・・

 

「神様にはできる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」と・・・

「すいません、どんな神様が憑いてるって?」

「・・・地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。・・・日本の神様ではありませんね。」と。

 

回避方法無しと言われたのだが、神主さんには・・・

 

「でも基本的に自分はあまり信じてないんです。私には見えませんから。」と言ったところ・・・

「そういう強い気持ちも大事ですよ。」とか。

「なんで私なんでしょう?」

「人と同じですよ。好みなんです。昔から、神様に愛されると長生きできないと言いますね。あれと一緒ですよ。」

いや、そんな若くも無いですしと言ったら、「寿命からしたら充分若いですよ。」と。

 

実家のお稲荷様と、近所の将門神社には毎日詣でている。

でも、最近、右肩が重いことに気がついた。

そして、もともと夢などあまり見ないのに、夢を見るようになった。

どこかの屋敷で、ピアノをずっと弾き続けている夢。

動かない左手が動くのは気分がいい、ずっとここにいたいと思う。

「ずっといてもいいんだよ」と、背後から右肩に手を置かれ、めが覚める。

いつかこのまま、目を覚まさなくなるのだろうか。

 

実話なんだけど、信じてないと言い切りたいが、全くの他人二人に言われるとちょっと怖い。

まああとは人に迷惑をかけない死に方ができるように、かな。

一応死後は墓には入りたくないので散骨をおねがいしてる。

そんなもん。

(献体とか臓器提供も遺言にあるのだが、夫と息子が嫌だと言ってるので多分無理)

 

でもさあ、神様が連れて行くならもっと高名なピアニストとかじゃないのー?と。

それすら好みなのか?

そのあたりがワカラン。

そこまで愛されるほどの容姿とも思えないしなあ。

ま、5年たってぴんぴんしてたら、その占い師と神主にはケチつけに行きますわw

でも信じて無くても、「もうすぐ死にますよ」ってのは、精神的に堪えるね。

 

心配下さってる方、ありがとう。

ここに書けば何か対策でもあるかなー?という気持ち半分と、自分もまるきり信じているわけではないのでどうなのかな?という気持ちと半々なんだよね。

 

臓器移植は確かに憑いていくとまずいかもしれませんね。

やめておきます。

臓器の健康にはすっごい自信があるので勿体ない気もするけど。

 

他の占い師に、顔見るなりに「帰ってくれ、悪いけど見られない」と言われたこともあるので、じわじわ怖くなってきている。

でもあと5年と言われたところで病気でもないし、じゃあ何をするかというと、日常を淡々とこなしていくしかないんですよね。

 

実家では、私が交通事故にあったときに、仏壇の観音様がまっぷたつに割れたそうです。(修理済み)

実家については占い師さんの言ってることは全て大当たりです。

なんだかあっちこっちに守って貰ったり連れて行かれそうになったり。

まあ、本当に夢を見ながらそっと死ねればいいかなあと思う反面、絶対五年後に生きてるぞ!

このエセ占い師め!とそこに怒鳴り込むwことも考えています。

 

マサさんは高額そうだし、系統が違うみたいなのでちょっとw

五年後、生き抜けたらここに宣言しに来るので。では・・・

 

スレ189の239ですが、覚えている人らっしゃるかな

(占い師に、とりついているもののせいで長生きできないと言われた者です)

 

最後に書き込んだのが多分2009年の夏頃だったと思うのですが無事生きています。

(医療裁判も示談で話がつきました)

そして、自分でもびっくりなんですが、来年成人する息子の下に、もう一人男の子が生まれました。

高齢出産ながら安産で、いま三ヶ月の赤ちゃんも健康優良児です。

右肩も相変わらず重く、左手は以前のまま。

赤ちゃんを抱っこするのにも気をつけないといけないんですが、無事です。

 

相談していた神主さんに昨年の震災の後の妊娠を告げたときに、「寿命が延びましたね」と言われました。

もしかして、もう一人「息子」が生まれたから、「息子が成人するまで」の期限が延びたってことなのだろうか?と思ったが詳細確認しませんでした。

神主さんが言うには、「母親って強いんだけど、子供が小さければ小さいほどパワー全開だから、病気とか事故とか物理的な災難はどうしようもない

けれど、この手のものは大概はじくよ」だそうで。

 

夢は見続けていますが赤子の夜泣きで中断されることも多く、舌打ちされます。

夢は思い込みじゃないのかなあ?

本当は夢に意味なんかないんじゃないのかなあ?

と思うけど、夢の中では両手が動いてとても気分がよく、もうあんなに弾けるはずないのにまだ腕が落ちていない気がしたりしてる。

でも、絶対に来年に死ぬ気はしなくなってきた。

気にしていてくれた人が何スレか前にいたので、無事出産を待っての報告でした。

 

レスくれた人ありがとう。来年の2月に生存報告に来ます。

それで最後にしますね。

死んでたら報告できないんで、「死んだら頼む」の人はすみませんです。

その後・・・

覚えている人がいるか解りませんが、書き込みにきました。

「あと五年の命」と言われた者です。

まとめサイト等でも探せませんでした、すみません。

 

五年以上たちましたが、ぴんぴんしております。

とりあえずご報告まで。

五年の期限をすっかり忘れていて、いま六年目くらいと思います。

とりあえず元気です。

 

連投スマン

まとめサイトは多分この話かと・・・

「神に愛されるという事」

http://○○○○○-2ch.net/blog-entry-○○○

 

まとめサイト、それです。

「来年の二月に」って書いているのに再来年になってしまったorz

下の子が小さいんで、あっぷあっぷしているたのと、昨年のちょうど今頃、胆石の手術で入院したりばたばたしてしまったので、月日がたってしまいました。

左手のリハビリは続けていますが、元通りにはほど遠いです。

夢も見ますが、頻度は下がってます。

 

本やで「師匠シリーズ」の本を見て、「あ!もしかして今年?!」と思ったら去年だったという。

まとめサイト見たら、生存報告待ってるってあったので本当にすみません。

 

あと、神主の「寿命が延びましたね」は、高齢で妊娠した人へ言うお祝いの一種みたいな言葉で、古い言い回しだけどうちの地方ではまだ言う人がいますとの事で、「息子が成人するまで」云々はわたしの思い込みでした。

でも、今実際生きているんで、もう思い込みでもなんでもいいやー!!と。

 

あと、将門様については、とある禁忌を犯してしまったのでもう守られていないのかもしれないです。

でもそのへんは、たたられさえしなければOK!の気持ちでいます。

息子の成人に関してなら次はだいたい18年後なんで、さすがに書き込みはしないです。

ていうか、忘れてしぶとく生きていこうと思います。

まとめサイトの方も後でレスしておきます。

まとめの「名有り」さんがちょっと気になってしまって。

 

では、とりあえず占い師に一言文句言いにそのうち行ってきます。

 

『神様に愛されるということ』怖い話シリーズ92

怖異 恐子
いかがでしたか?

お楽しみいただけましたか?

よろしければ、こちらをポチッと応援よろしくお願いします・・・


オカルトランキング

↓↓↓ 次にオススメの記事 ↓↓↓

【長岡京ワラビ採り殺人事件1】残虐なる未解決暴行強姦殺人事件【序章】

【名古屋妊婦切り裂き殺人事件1】日本屈指の未解決猟奇殺人事件【序章】

【日航機墜落事故の闇1】最悪の航空事故に潜む黒い噂とは?!【序章】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルト・怖い話
-, ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.