オカルト・都市伝説 人類の進化・起源はどこにあるのか?!

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!2

2019年10月22日

https://yukilifeblog.com

この記事ではこんなことが書かれています。

・日本ではほとんど知られていないけど、最近ダーウィンの進化論を否定する研究成果発表されたってホント?

・人類の進化の過程において、ダーウィンの進化論が当てはまらない理由って何?!

・実はダーウィンの進化論が人類の進化には、当てはまらないと当事者のダーウィン自身が言っちゃってたりするの?!

・なぜかいまだに学校では人類は猿から進化したと教えられている理由ってなんだろう?

ワットポーの仏
よ~きたの~(笑)

この記事を見ていると言うことは、おまえさんも気になったんじゃな?

「オイオイ?!学校で当たり前のように教えられてきた、ダーウィンの進化論が間違ってるってどう言うことだよ?!」

わかる!わかるぞよ~!!!

最初は著者もあまりに眉唾な話に思いっきり疑っていたのじゃ(汗)

しか~し?!

少し調べて見ると、そもそも科学者の中にすらダーウィンの進化論を否定する者がいることや、実はダーウィン自身も人類の進化は進化論では説明できないなんてことを言っていたのじゃ!

そこにきて、今回のダーウィン進化論を否定する研究成果の発表じゃろ~?

これはガチかも知れないと思ったわけじゃな(汗)

これには仏もビックリじゃ~い!(汗

仏~(汗)

大丈夫か~?

この手のぶっ飛んだ話持って来ると、いろいろ批判だけが集まって終わっちゃう気がするけど~?(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
まあまあ、子ザルよ(汗)

わしも都市伝説やら、そっち系の記事は初めてだから、ちょっと心配ではあるが、とりあえず頑張ってまとめて見るから、まずは話を聞いておくれ~(汗)

※このテーマはちょ~っと長くなりそうなので、3つに分割して書きます。

第2回目の今回はダーウィンの進化論が間違っている様々な理由についてお伝えします。

※なお、途中でブラウザーのバックボタンを押すと、あなたの夢に悲しげに泣く仏さまが出て来て眠れぬ夜を過ごすことになりますので、ご注意ください。(適当)

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!2

ワットポーの仏
さあ、子ザルよ!

さっそく、前回の続きを始めていくが、その前に少し前回のおさらいをしておくぞい!

まずダーウィン進化論では、生物はひとつの種から枝分かれして、進化していくとされているの?

となると、その進化の過程には必ず、中間となる種がなければならないことになる

おそらく、それを調べた研究者もその中間種を発見するために、500万にのぼる生物種遺伝子『DNAバーコード』を調べたはずじゃ!

進化論が正しいのであれば、本来ここで中間種が見つからなければおかしいはずじゃ!

しかし結果はまったくの逆だった?!

なんと遺伝子レベルで中間種がいないことがわかってしまったんじゃな~(汗)

しかも、どうやら現在の生物は10万~20万年前に発生しており、それ以前の生物とは何ら、繋がりがないこともわかってしまったわけじゃ~(汗)

前回はそのニュースについて説明したわけじゃな!

前回の記事↓

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!1

そうそう~!

そうだったよね~!

でもそれだけだと、ちょ~っと、まだ進化論を否定するには弱い感じだから、今回はもう少し突っ込んだ話をしてくれるんだよね?

じゃあ~、さっそく話してもらうよ~!

アスラパット
ワットポーの仏
うむ!わかっておる!

まず分かりやすいところで、進化論を人類の進化過程に当てはめて、その矛盾をあげていくぞい!

【進化論の否定】分かりやすいところで、人類の進化を例に挙げてざっくりと進化論否定論者の主張はこんな感じ!

ワットポーの仏
まずざっくりと進化論の矛盾点をあげていくぞい!

進化論を否定する人たちの主張は、おもに下記のような感じじゃ!

・猿とヒトの間であるとされる原人とヒトとの差があまりにも大きすぎるんじゃない?

進化の過程で自然に淘汰されたにしては、差が大きすぎるでしょ~?

進化論が正しいなら、もっと明確に進化の過程が分かるたくさんの中間種がいなきゃ変だよね?

やっぱ進化論おかしくない?

・進化の過程で急激に環境に順応できちゃった突然変異種が現れて、しかもその個体がなぜか複数の異性と交配を繰り返して爆発的に数を増やせたってこと?

そんな都合の良いことばっかり起こったってわけ?

そもそも突然変異した種って、自然界では弱い存在のはずなのにいきなり凄い能力持てちゃったわけ?

ちょっとおかしくないかい?

・進化論ではざっくり分けて、猿⇒猿人⇒原人⇒旧人⇒ヒトって流れのはずだけど、この中の猿人って発見されてすらいないよね?

そもそも進化論では自然淘汰されながら、環境に適応した種が生き残っていくんだよね?

と言うことは、現在、猿が生き残っているなら、その間に猿とヒトの特徴を持った中間種も生き残ってなきゃおかしいよね?

なのに何で中間種がいないの?やっぱり進化論って間違ってんじゃないの~?

・ネアンデルタール人が猿とヒトの間の中間種なんて、言ってる人もいるけど、ネアンデルタール人って、そもそも普通に2足歩行してたヒトだったんじゃね?

脳の容量はむしろネアンデルタール人の方が今のヒトより大きかったって言われてるよね?

身体的特徴が多少違ってたとしても、それってアジア人と欧米人の違い程度なんじゃね?

それって中間種なんじゃなくて、単に人種の違いってだけなんじゃないの?

進化論を正当化するために、無理やり中間種に仕立て上げてないかい?

・そもそも人類以外に、他の生物でも進化論はおかしくないかい?

海から地上にいった生物がいて、それが進化論では昆虫になったり、哺乳類になったり、その他、無数の種に分かれたって言ってるけど、その間の中間種もロクに見つかってないよね?

進化論が正しいなら、途中で羽が生えるとか、目が発達するなんて、細かい進化過程でも、そこに中間種であろう存在がある程度の個体数を持って発生してるはずだよね?

なのに化石すら見つかってないってのはおかしいよね?

進化論肯定論者は、ちょっとづつ、たまたま奇形が現れて、その中で環境に適応できた種が何億~何兆分の1の確立で現れて、それがトライアンドエラーを繰り返して自然淘汰されていったなんて言うけど、それならなおさら中間の種が大量に発見されてなきゃ変だよね?

なんで発見されてないの?

昆虫とか特に化石になりやすいんだから、もの凄く明確に進化の過程が分かるくらい、大量の中間種が発見されてなきゃおかしいじゃない?

な~んでそんなに中間種すっ飛ばした化石しか発見されてないわけ~?

中間種だけ都合良く化石にならなかったとでも言うのかい?

やっぱり進化論って間違ってんじゃないの?

う~む、これは(汗)

こうやって列挙してみると、たしかに進化論が否定されるのもわかる気がするかも(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃろ~?

もちろんだからと言って、いわゆる『インテリジェンス・デザイン説』に代表されるような、ヒトも生物も神さまが作ったんだ~!と言う意見もどうかとは思うがの(汗)

それでは、ここからひとつひとつ上記の進化論が否定される根拠について、もう少し詳しく解説していくぞい!

【進化論の否定】中間種とされる原人から旧人、ヒトとの差が大きすぎる

う~ん?

これはどう言うこと~?

そもそも原人ってのが良くわからないのだけど(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
うむ!

まあ原人とは要するに猿からヒトへの進化の過程で現れた中間の種とされているものじゃな。

え~?中間種いないって言ってなかった~?
アスラパット
ワットポーの仏
いやぁ、それがな~。

ぶっちゃけ言うと、どうやら中間種と無理やり言ってはいるが、あまりにも今のヒトとの差が大きすぎるんじゃな~(汗)

特に脳の大きさに開きがあり過ぎると言うことらしいのじゃな(汗)

ワットポーの仏
たとえば原人の1種でおよそ200万年前にいたとされる『ホモ・ルドルフエンシス』の脳は約700~800グラムだったと言われている。

240万~140万年前にいた原人で『ホモ・ハビリス』もだいたい700~800グラムじゃな~。

そこから次に旧人に進化していったことになっているが・・・

たとえば旧人の1種とされているネアンデルタール人の脳は1450グラムほどと言われている(汗)

そして今の現生人類の脳は1350~1500グラムじゃ(汗)

ワットポーの仏
ここからが少し核心なのだが、原人の中で1番脳容量が多いとされている種でもせいぜい900グラム前後じゃ。

その原人の脳容量から旧人に進化する過程で、一気に数百グラムも脳が大きくなっていることになる。

不思議なのは、そこまで進化した期間はわずかにせいぜい300万~400万年ほどしかないのじゃ(汗)

猿から数えても600万年ほどじゃ(汗)

わずか600万年の間に人類の進化はすべて完了したことになっている。

これは明らかに変だろ~!と言うのが、進化論を否定する人たちの主張じゃな(汗)

ん~?と言うと?
アスラパット
ワットポーの仏
ダーウィンの進化論では、自然淘汰がなされながら、少しづつ変異が起こって今の状態になったとされている

ちょっとした変化なら、その程度の期間で種が入れ替わることもあるかも知れない

しかし毛むくじゃらで木の上にいた猿が地上に降りてきて、道具を使い、複雑な言語を話すほどまでに脳の容量を増やした期間がたったの600万年と言うのは、いくら何でも早すぎると言うわけじゃな~(汗)

現在、ネアンデルタール人は旧人と言う扱いがされているが、そもそも旧人なんてものも進化論を肯定するために、無理やり作り出したジャンル分けではないの~?との意見も一部にある(汗)

もちろん、原人と旧人、さらに現生人類との間にいた中間種が、まだ発見されていないだけだと言う見方もできる

しかしそれにしたって、たった600万年の間に一体、何が起こったの?と言う疑問を払拭することはできないわけじゃな(汗)

ワットポーの仏
この辺もダーウィンの進化論が否定される理由のひとつにされているの~(汗)

ちなみに原人の1種とされるホモ・ハビリスの容姿はこんな感じだったそうじゃ~。

ちょっ(笑)

これ猿じゃん(笑)

これって、単に太古に絶滅した猿の1種なんじゃないの?(汗)

アスラパット

【進化論の否定】ネアンデルタール人が進化の過程の中間種って言ってるけど、これもうヒトだよね?(汗)進化論肯定論者の無理やり感ヒドくね?(汗)

ワットポーの仏
やっぱりそう言う感想を持っちゃうよね(汗)

ちなみに原人のすぐあとに進化した旧人の1種と言われていたネアンデルタール人はこんな感じじゃ。

進化論が正しいとすれば、原人から旧人に進化した期間は600万年間よりさらに短い期間で一気に進化したことになる(汗)

ちょっ(笑)

いきなり人間に進化しちゃったじゃん(汗)

猿まるだし状態から、なんでこんな一気に人間っぽくなっちゃうのさ~?!(汗)

てかネアンデルタール人は、なんで旧人の扱いなわけ~?

現生人類とほとんど変わらないし、単に人種の違い程度としか思えないんだけど(汗)

学者の無理やり感、ハンパね~な(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そう言う感想持っちゃってもしょうがないよね(汗)

こんだけあからさまに進化論を否定する口実を与えちゃったらね(汗)

当のダーウィン自身も人類の進化は、進化論には当てはまらないって言っちゃってるしの~(汗)

ワットポーの仏
ちなみにネアンデルタール人は、かつて進化論肯定論者の人たちからはこんな風な見解で説明されていたようじゃ~。

『前かがみで、ひざをひきずり、毛深く、ぶつぶつ声を出し、骨高の額、そしてその下のくぼんだ眼窩から外をのぞきながら、何か獲物はないかと歩いている類人である』

ワットポーの仏
ネアンデルタール人は、もろに原始的な生き物扱いされていたと言うことじゃな(汗)

これは進化論が正しいものだと言うことを広めたい人たちによって、やや大げさに誇張されていたふしもあったようじゃ(汗)

のちで研究でネアンデルタール人の脳の容積は現代人のものよりも多少、大きかったとさえ言われ、また4足歩行に必要な肩から首にかけて盛り上がるようにして走っていた筋肉もなかったようじゃ(汗)

こうなるとネアンデルタール人は単に現生人類と比べて、人種が違っていた程度の違いしかなかったとの見方が有力になって来る(汗)

アメリカの考古学者であり、神経科学者でもあるジェフリー・グッドマンと言う博士はこう主張している

「ネアンデルタール人が肩を曲げ、かがんだ形で、あまり賢くない動物と考えるのは、主に初期研究者たちの先入観による間違った固定観念である」

ワットポーの仏
この主張に対して、進化論を肯定する人たちは、「こいつは嘘つきだ~!そんなものは疑似科学だ~!」とまあ、子供のように非難する人もいたようじゃ~(汗)

ちなみに有名な『クロマニョン人』にいたっては、多少、頑丈で筋肉が発達している点を除けば、ほぼ現生人類と区別できない状態だったようじゃ(汗)

こちらも人種の違い程度の違いしかないため、人類進化の過程の中間種とするには、無理があるようじゃな~。

うわぁ~(汗)

ここまで来ると、むしろ進化論の方が眉唾な感じになって来たね~(汗)

アスラパット

【進化論の否定】突然変異を繰り返して進化していったとする説は矛盾が大きすぎる

ん~?

突然変異を繰り返して、どんどん進化していったとすることのどこに矛盾があるの~?

割とありそうな話だと思うけど~?

アスラパット
ワットポーの仏
うむ!

実はの~、進化論肯定論者の主張には、生物が進化する過程には、突然変異が何度も発生しており、そこから環境に適応できた種だけが生き残ったのだとするものがあるのじゃ~。

たしかに一見、理にかなっているような感じもするが、実はこの主張に真っ向から異を唱える学者がいるのじゃ~(汗)

ジョンホプキンス大学のリー・スペットナー博士は自身の研究から、こう主張している

・「突然変異では情報が失われる。

そのため突然変異によって、より多くの情報が組み立てられることはあり得ない。

企業が少しづつお金を失っていけば、お金を儲けることができないのと同様である。」

ワットポーの仏
これは要するに突然変異によって、遺伝子情報が増えることはなく、むしろ減って退化していると言う主張じゃな!

つまり突然変異によって、色くらいは変わるかも知れないが、急に羽が生えたり、エラ呼吸から肺呼吸に変わったりはしないと言うことじゃな~。

また突然変異を繰り返して、個体数を増やすにはピンポイントに突然変異した個体が死に絶える前に交配を繰り返して、数を増やさなければならない

しかし、そうそう都合良く、何度も自然に突然変異個体が増える条件が整ったとするのも無理があるのでは?と言うことじゃな!

しかもこれを人類に当てはめた場合、いきなり短期間に脳の容量が倍近くなり、容姿も猿からヒトへ急激に変わったことになる(汗)

これを突然変異だけで説明するのは、さすがに無理があると言うことじゃな(汗)

なるほど(汗)

言われて見れば、無理がある気がするね(汗)

奇跡的に突然変異でうまくいったとするなら、それこそ神さまが~!なんて意見を肯定することにもなっちゃいそうだしね(汗)

アスラパット

【進化論の否定】人類の進化過程に存在していたとされる猿人が発見されてない

ワットポーの仏
進化論が否定される根拠となっている、次の主張はこれじゃな~。

実は猿からヒトへの進化の過程にいたとされる猿人の存在がまだ、確認されいないのじゃ~(汗)

え~?

たしか学校では、アウストラロピテクスって言うのが、猿人って言われてた気がするけど~?

違うの~?

アスラパット
ワットポーの仏
う~む・・・

実はどうやら違うみたいだったんじゃな~(汗)

古人類学者の家柄で、その道ではまさにエリートファミリーで名が通っているリーキー家出身の学者でリチャード・リーキーと言う博士がいる。

その人物が「アウストラロピテクスは2足歩行をしていなかった」と結論づけているのじゃ!

さらに著名な人類学者であるラトガース大学のアシュレー・モンテギュー博士はアウストラロピテクスについて、こう述べている

アウストラロピテクス類はヒトの直接の祖先にも、ヒトに至る進化の系列にもなり得ない

さらにさらに!

解剖学と人類学のチャールズ・オクスナード博士が、1975年の発表でこんなこと述べている!

「アウストラロピテクスは、ヒトでも類人猿でも、またその中間の移行型でもなく、まったく異なったものであることを示している」

との見解を述べているのじゃ~。

え?そうなの?!

それってつまり学校で人類進化の中間種とされていたアウストラロピテクスは、実は人類の進化とはまったく関係なかったってこと?

そんな前に分かってたのに、何で学校で猿人とか教えちゃってるわけ~?

アスラパット
ワットポーの仏
不思議じゃの~(汗)

猿人とされたアウストラロピテクスは現生人類のように2足歩行していたとする前提が崩れた(汗)

さらに猿とヒトとの中間種と言われていたが、実はまったく関係ない古代に絶滅した猿の1種だったことがわかった(汗)

むしろ普通に猿やゴリラに近い生物だったようじゃな(汗)

ちなみにアウストラロピテクスはこんな感じだったらしいの~。

これは~・・・

猿だね(汗)

しかも2足歩行してなかったとなると、もう完璧に猿以外のなにものでもない感じだね(汗)

むしろゴリラやオランウータンに近い感じがするよ(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
うむ(汗)

一応、他にもアウストラロピテクス属に含まれるとする種もいくつかあるが、結局、どれも確実に人類の祖先である証拠はないようなんじゃな~(汗)

さも人類進化の中間種のように扱われているが、実はなんの確証もなく単なる仮説のまま主張されているに過ぎないと言うことのようじゃ~(汗)

少しいじわるな見方をすれば、ほかに進化論を肯定できる有力な発見もないから、無理やり主張しているようにも見えるの~(汗)

【進化論の否定】ダーウィン進化論の弱点

ワットポーの仏
そもそもダーウィン進化論には大きな弱点がある

人類の進化がその最たるものじゃな~。

ダーウィンの進化論によると、猿などの生物から突然変異したものが生まれ、そこからさらに突然変異種が生まれていき、枝分かれしながら現在のヒトにたどり着くことになる。

仮に絶滅してしまったとしても、その過程には数多くの中間種がいるはずじゃな~。

なら化石くらいは見つかってもおかしくないのに、一向に見つかる気配がない

猿がいて、人間がいるのだから、もっと移行過程がわかる中間種がボコボコ見つかってても良いはずなのに、明確に途中経過がわかる種がすっぽり抜けているのもおかしな話なんじゃな~(汗)

一応、こう言う抜けている部分を『ミッシング・リンク』なんて言うが、進化論では、このミッシング・リンクの存在をまったく説明できないのじゃな(汗)

ん~?ねーねー!

そのミッシング・リンクって言うのは、人類の進化過程に限ってのことなの~?

アスラパット
ワットポーの仏
いやぁ~、実は違うんじゃな~(汗)

他の生物についてもこのミッシング・リンクが多発しているのじゃ~(汗)

【進化論の否定】ついに地球外生命体まで引っ張り出す事態に陥る進化論(汗)

オイオイ~?!

地球外生命体が進化の過程に絡んでくるっての~?!

はい~?!一体、どうなってんだよ進化論(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
いやまあ、進化論うんぬんってわけではないんじゃがな(汗)

要するにあらゆる生物に進化論では説明できないミッシング・リンクが多すぎて、何とかその部分を説明するために彗星によって『地球外生命体』が運ばれた結果、地球のあらゆる生命誕生の引き金になったと言う説が出て来たわけじゃ(汗)

ワットポーの仏
この研究はおもに地球上にいる昆虫についてなされている。

地球に昆虫の祖先が発生したとされるのは、今から3億7000万年くらい前のデボン紀とされている。

その昆虫の祖先は体長3ミリ以下しかない『トビムシ』と言う種のようじゃ~。

そのトビムシから7000万年と言う時間を掛けて、地球の石炭紀、二畳紀と言われる時代までの間に巨大なトンボやらゴキブリやら爆発的に20種類以上の昆虫が登場したとされているが~・・・

たったの7000万年の間に、3ミリのトビムシからそこまで枝分かれして、生物が誕生したとすること自体、どうやら懐疑的な見方をされているようじゃ~(汗)

その上、7000万年の間に枝分かれしていった中間種の化石も発見されていないらしい(汗)

昆虫は外側を「クチクラ」と言う成分で覆われていて、水分が入りにくい構造をしているようじゃ~。

だから化石になりやすいみたいだが、なぜかそれでも中間で進化した種が発見されていないのじゃ(汗)

ん~?

それって、トビムシから徐々に進化したわけじゃないってこと~?

つまりトビムシから進化したわけじゃないから、最初から中間種なんて存在してないってこと?

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ~、要するにそう言うことなんじゃが~・・・

そうするとなぜ多様な生物が誕生したのかがまったく説明できなくなってしまうわけじゃ(汗)

なぜ化石になりやすい昆虫さえも、進化の中間種が発見されないのか

やっぱり進化論って間違ってるんじゃないの~?

と言うわけじゃな~。

そこで出て来たのが、地球生命進化の鍵になったものは、地球外生命体だったとする『地球外生命体飛来説』じゃな!

ワットポーの仏
この説は結構、真面目に研究されていたようじゃぞ!

この説を提唱しているのは、イギリスカーディフ大学の名誉教授フレッド・ホイル博士とインドの世界的天文学者チャンドラ・ウィクラマシンゲ博士と言う人物じゃ!

この説をざっくり説明するとこんな感じじゃ!

・2人の博士らは、宇宙空間にはいくつかの物質が存在していたが、それ以外に何か物質がないかスペクトル分析法と言う方法で調べてみた。

・その結果、今まで発見されていないかった未確認の物質が発見された。

・その物質についてさらに調査を進めていくうちに、ある仮説にたどり着いた、その仮説とは「宇宙にバクテリアが存在しているのではないか」と言うことだった。

つまり新たに発見した物質は、宇宙にただようバクテリアだと主張した。

これが「地球外生命体」と言うことになる。

・そうなると、ここでひとつの疑問が湧き上がる。

それは「宇宙にバクテリアが死滅せずに存在できるのか?」と言う疑問が発生。

・その疑問を解き明かすため、1989年に日本の東京工業大学生命理工学部の小池惇平博士が宇宙空間におけるバクテリアやカビの生存実験をおこなった。

宇宙空間を再現する装置を作り、その中にバクテリアやカビを入れ、さらに宇宙空間で浴びる宇宙陽子線240年分を照射した。

・その結果、バクテリアやカビの50パーセント近くが生き残っていた。

この結果からバクテリアやカビは宇宙空間でかなりの長期間生存できることが判明した。

・こうなるとフレッド・ホイル博士たちが発見した物質は、宇宙にただようバクテリアであった可能性が高くなり、これらのバクテリアやカビ、さらにバクテリアが生存できるならウイルスも生存できるのではないかとの見解がなされた。

・こうして宇宙空間にいるウイルスなんかが、地球に飛来する彗星に乗って運ばれ、地球に近づいた時に地上にばら撒かれ、もともと地球にいた単純な生物に感染し、それによってその生物は突然変異を起こして、多様な生物が生まれることになった。

う~ん(汗)

たしかにもっともらしい説ではあるけど、そもそも宇宙空間はおろか、地球以外の惑星でも地球外生命体が発見されたなんてニュースはないよね?(汗)

それって、もうこの説を根本から台無しにしちゃうと思うんだけど?(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうなんじゃな~(汗)

NASAから地球外生命体が発見されたなんて発表もないし、何年か前に日本の小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワから少量の物質を持ち帰ったが、その中から地球外生命体が発見されたなんてこともなかったようじゃ~(汗)

もしも地球外生命体が発見されれば、またたく間にそのニュースが世界中を駆け巡るだろうから、すぐに分かるはずだしの~(汗)

今のところ、この説も仮説の段階を出ていないの~(汗)

ワットポーの仏
まあ要するに進化論が正しいとすれば、当然、進化の過程にあるはずの中間種が見つかっているはず!

しかし見つかっていない

こんな中間種が見つからないミッシング・リンクだらけなもんだから、ついに地球外生命体が飛来したなんて説が出て来てしまったと!

どうすんのさ、進化論さんよ~?!

あんたホントに正しいのかい~?と言うことじゃな(汗)

ちなみにこの「地球外生命体飛来説」については、動画で説明しているものがあったから、興味があれば見てみると良いぞい!

【進化論の否定】地球外生命体飛来説を扱ってる動画

【進化論の否定】ダーウィン進化論では説明できないことだらけ(汗)

進化論・・・かなり頼りない説になって来ちゃったね~(汗)

これは本格的に進化論間違ってるのかもと思えて来ちゃったわ(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうなんじゃよな~(汗)

著者も初めはまさかそんなわけないっしょ~?って思ってたみたいじゃが、調べて行くうちに、どんどん進化論を否定する人たちの方が正しいのかもと思えて来てしまったわけじゃな~(汗)

あれだけ学校でさも進化論が万能で正しい見たいに教えてたクセに、実際は矛盾てんこ盛りの穴だらけだったなんて、普通は考えもしないからの~(汗)

学校で教えられていることが、すべて正しいと思ってはダメってことが良くわかったの~(汗)

う~ん?それじゃあ、何で学校では進化論が正しいものとして教えられているの~?

もちろん神が創造したなんていう、創造主論もどうかとは思うけど(汗)

でも間違っている可能性がある進化論をそのまま教えるってのも、どうかと思うなぁ~(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~(汗)

まあちょっと長くなってしまったから、次回にその辺の生物や人類の起源について、進化論が正しいとされてしまう理由について解説してみようかの!

と言うことで、今回はこれで終わりじゃ!

いよいよ次回でこの話題はラストじゃぞい!

 

↓↓↓ 続きはこちら!↓↓↓

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!3

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!2:あとがき

ワットポーの仏
『【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!2』はこれで終わりじゃ~!

どうじゃったかの?

次回は進化論が正しいと主張され続ける理由について解説していくぞい!

進化論には矛盾が多いし、少なくとも完璧ではないはずなのに、なぜまことしやかに正しいとされるんだろう?

この辺についても、大胆な仮説を立てつつ、解説していくよ~!

だから次回もまた!絶対見に来てくれよな!!!

アスラパット

 

ワットポーの仏
記事が気に入ってくれたら、ツイッターなどのSNSでシェアとフォローよろしくの~!
ハヌマーン
ブログランキングにも参加中ですじゃ!

↓良ければポチッとお願いしますぞ!


オカルトランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルト・都市伝説, 人類の進化・起源はどこにあるのか?!
-, , , ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.