オカルト・都市伝説 人類進化の鍵はアヌンナキ?!謎に満ちたシュメール文明

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】人類とアヌンナキの歴史とは?!【3】

2019年11月6日

https://yukilifeblog.com

あなたは人類が太古の地球に飛来した宇宙人アヌンナキによって、創造された可能性があると言ったら、信じるだろうか?

そして聖書や各地の神話に伝説として描かれる事件のいくつかは、実際に起こった可能性があり、それらにも宇宙人であるアヌンナキが関与していたかも知れないと言ったら、信じるだろうか?

アヌンナキとは古代シュメール文明の神話に人類を創造した神として描かれる存在です。

この記事では古代シュメール文明の神話に記された神アヌンナキが人類の起源であるとする説について書かれています。

ワットポーの仏
古代シュメールの神話に登場するアヌンナキとは、ただの伝説なのか?

人類の起源が古代シュメールに描かれた神アヌンナキにあるとは一体、どう言うことなのか?!

今回はこの謎について、迫って行こうと思うぞい!

仏さ~ん?

大丈夫なのかい?

アヌンナキなんて、ただの神話のおとぎ話じゃないの~?

アスラパット
ワットポーの仏
たしかに、ただのおとぎ話の可能性もある。

しかし、シュメールの遺跡から発見された粘土板には現代の科学に匹敵する知識が記されていたりする

特に天文学・医学・数学や社会システムについては現代の科学や知識にもピタリと符号するものがあるのじゃ?!

類の進化過程に当てはめて見ると、さらに符合する点も多い

これをただの神話として片付けて良いものなのか?!

これらのことを見ていくと、ただのおとぎ話として切り捨てられない部分も多いのじゃ!

古代シュメール文明とアヌンナキ人類起源説については少々、長くなってしまうので記事を全3回に分けて解説して見たいと思います。

第3回目の今回の記事では、アヌンナキ人類起源説の後半部分、宇宙人であるアヌンナキたちが古代人類史にどう関わって来たかについて、お伝えしたいと思います。

※なお、途中でブラウザーのバックボタンを押すと、あなたの夢に悲しげに泣く仏さまが出て来て眠れぬ夜を過ごすことになりますので、ご注意ください。(適当)

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】人類とアヌンナキの歴史とは?!【3】

画像引用:YouTube

ワットポーの仏
それじゃ~、はじめるぞい!

まずは簡単に前回までの記事についておさらいしておくからの!

アヌンナキ人類起源説の根拠となっているのは、おもにシュメール文明の神話じゃ!

第1回目の記事では、不可解な謎に包まれたシュメール文明の衝撃の事実を伝えたの!

まだ見てない人は、あとからでも見ておくのじゃぞ!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】シュメール文明衝撃の事実6選【1】

ワットポーの仏
シュメール文明には高度な暦、天文学、数学、社会システム、医療、工業技術、極めつけはDNAの構造を理解していたのではないかと思わせる記録まで残っていたぞい!

アヌンナキ人類起源説を提唱するゼカリヤ・シッチンや、その他、オカルト・都市伝説界隈の人たちは、世界最古の文明らしからぬ、このシュメール文明の知識や技術は、この神話に出てくるアヌンナキが与えたものではないか?

そしてアヌンナキの正体は、古代の地球にやって来た宇宙人ではないかと主張しているぞい!

ワットポーの仏
そして第2回目の記事では、アヌンナキたちの故郷である惑星二ビルについてと、なぜアヌンナキたちが地球に来ることになり、どうして人類を創造するにいたったかの経緯と方法について伝えた!

こっちも、まだ見てない人はあとからでも良いから見るのじゃぞ~!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】神の正体は宇宙人だった?!【2】

ワットポーの仏
アヌンナキの母星である惑星二ビルでは、深刻な大気の損傷が起こってしまった?!

その損傷を修復するために、貴重な鉱石である金が必要だった!

しかし、アヌンナキの母星二ビルでは、金の埋蔵量は少なく、とても大気を修復できるほどの金はなかった?!

そこでアヌンナキたちは、二ビルと同じ太陽系の惑星で金を探し求めた結果、ついに地球に豊富な金が埋蔵されていることを突き止めた

それがアヌンナキたちが地球に来た目的じゃ!

地球に来たアヌンナキたちは、しばらくペルシャ湾近郊やエジプトの金鉱で、順調に金を採掘していたが、あまりに過酷な労働条件に金採掘に従事していた、労働者階級のアヌンナキたちが反乱を起こしてしまった?!

その解決手段として取られたのは、新たな労働力の確保だった!

そして!その労働力として、アヌンナキに新たに作られたのが、現在の人類である!

と言うことじゃ~!

前回はここまで伝えたから、今回はその続きから話していくぞい!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】人類と言う労働力を手に入れたアヌンナキは順調に地球の金を採掘していたが?!

ワットポーの仏
よーし!それじゃ~、続きを話していくぞい!

前回伝えたように最初の人類であるアダマとティアマト(聖書のアダムとイヴ)の創造に成功したアヌンナキたちは、その後、労働力としての人類をどんどん増やすために、今度は人類同士での繁殖を試みた

その試みは当初、失敗することもあったが試行錯誤の末、ついに成功し、まずアダマとティアマトに生殖能力を完備させた!

さらにアダマとティアマトを作った方法で繁殖可能な人類を男女7人づつを生みだした

そこから人類はねずみ算式に、どんどん数を増やしていくことになった

人類もこれでついに奴隷か~(汗)

過去に欧米の白人たちがアフリカ人をはじめとした、他人種を奴隷にしてた時代もあったみたいだけど、その時の奴隷の扱いもヒドかったらしいよね~(汗)

この頃の人類もやっぱり扱いはヒドかったのかな~?

アスラパット
ワットポーの仏
当時の人類がどう言った扱いだったかは確認しようがないが、少なくともかなり過酷な労働に従事させられてたとは思うの~!

もともと金採掘に当たっていたアヌンナキ鉱夫たちが反乱を起こすくらいだからの(汗)

人類が新たな過酷労働の担い手になったあと、どうやら基本的に労働者階級のアヌンナキたちも、支配者階級として地球人類の監視や管理をおこなっていたのではと言われているぞい!

そのことは、シュメールやエジプトの文明遺跡に残された粘土板なんかの遺物にも記されているようじゃ!

下記画像はその一部じゃ!

画像引用:YouTube

画像引用:YouTube

これって~・・・

なんか後ろ手に縛られてたり、思いっきり人類が奴隷労働に従事させられてる感じに見えるね・・・。

これを見る限り、やっぱり半ば強引にアヌンナキたちに管理統制されながら、人類は支配されてたのかな?(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そのようじゃな(汗)

シュメールではのちに崇拝のことをAVOD(アボッド)と呼ぶようになるが、これには仕事と言う意味も含まれており、要するに人類は神の労働力として働く=崇拝と転じていったようじゃ~。

おそらくアヌンナキたちは、ある種、宗教のように自分たちに奉仕することで幸福になれると言ったような、教えで人類をコントロールしていたんじゃないかと思うが、これがのちにアヌンナキ=神として崇拝する宗教的信仰に繋がっていったんじゃないかと思うぞい!

メソポタミア、アッカド、エジプトなど、アヌンナキ支配時代以降、後世に出現する文明には支配者階級を神の代弁者として崇拝させるケースもあったようだが、もしかしたらこれはアヌンナキ統治時代の名残なのかも知れないの~(汗)

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】反抗的な人類に危機感を募らせるアヌンナキ?!

画像引用:YouTube

自分たちを崇拝させるか(汗)

それって何か当時の人類が、恐れを抱くような科学的な何かを見せたり、時には見せしめに処刑したりもしたのかな?

アヌンナキって、ちょっとエグい感じだね(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃな~(汗)

だが、奴隷労働に従事させられていた人類の中にはアヌンナキの支配に反抗的な態度を示す者もいたようじゃ~(汗)

そのことでのちに、アヌンナキのエンキとエンリル兄弟の間でいざこざが起こってしまったようじゃ~(汗)

ん~?

いざこざ~?

一体、どう言うこと~?

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ~・・・

実は人類を創造する過程で、その事業の責任者エンキと科学者ニンマー、ニンギシュジッダはアダマ(アダム)とティアマト(イヴ)に生殖能力以外に知恵と言うものを授けてしまったらしいんじゃな~。

つまり何かを考えたり、覚えたりするために脳の容量を多くして、頭を良くしたようじゃ!

これによって、人類に金採掘の作業をスムーズに覚えさせられる利点はあった

しかし、人類の頭が良くなった副作用で中には従順にならず、反抗的な態度を取る者も現れてしまったようなのじゃ!

アヌンナキはそれをとりあえず力によって押さえ付けようとしていたらしい~。

その様子もシュメール遺跡には残されていたようじゃぞい!

画像引用:YouTube

ん~?

でもこれって、単に奴隷にムチ打って、働かせようとする支配者階級の人類なんじゃないの~?

なんでアヌンナキたちだって、わかるの~?

アスラパット
ワットポーの仏
それがの!

どうやらアヌンナキと人類では、決定的な違いがあったようなのじゃ!

その違いとは大きさじゃ!

シュメール遺跡に残された壁画を見るとわかるが、どうやら人類にくらべ、アヌンナキたちの体格は大きかったようじゃ!

そのことはシュメール以外にも、エジプト文明なんかに残された神(アヌンナキ)を見てもわかるようじゃ!

すべて人間よりも大きく描かれているらしい!

偶像的にまつられる石像なんかは別だが、円筒の石柱や壁画などに描かれるアヌンナキはだいたい人類より1.5~2倍くらいの大きさで描かれていることから、おそらくアヌンナキの体長は3メートル前後だったのではと言われているの!

上の画像に描かれたアヌンナキも人類よりも大きいじゃろ?

ほかにもいくつか遺跡に残されたアヌンナキの大きさを物語る壁画なんかを載せておくぞい!

・シュメール遺跡に残されたアヌンナキと人類を描いた壁画

(やはりアヌンナキは人類よりも大きく描かれている)

 

・エジプト遺跡に残されたパピルスに描かれる神(アヌンナキ)の図

(やはり人類よりもデカく、大きさもシュメールのアヌンナキと同じくらいで描かれている)

 

ワットポーの仏
こう言ったアヌンナキと人類の体格の違いもあって人類の数が少ないうちは、まだ力で押さえ付けることもできた!

しかし人類の数が次第に増えていくと、それも難しくなるかも知れないとアヌンナキたちは思ったようじゃな~(汗)

特に地球の統治をアヌンナキの王であるアヌから託された息子のエンリルが、そのうち数を増やした人類が本格的に反抗して来るのではと恐れたようじゃ(汗)

そのことでエンキとエンリルはのちにたびたび対立することもあったようじゃ!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】あくまで奴隷として人類を見ていたエンリルと人類に肩入れし、発展させようとしたエンキ一派?!

画像引用:YouTube

ワットポーの仏
アヌンナキによって作られた人類は、その後、奴隷労働に従事させられながらも、エンキやアヌンナキ科学者ニンマー、ニンギシュジッダによって、様々な知識や知恵を授けられていったようじゃ!

そして次第に人類の数が増えることによって、各地に人類独自の文明が誕生するまでになったそうじゃ!

どうやらその中にはのちにアトランティス大陸に文明を気づいた種族もいたようじゃ~!

そうか~、こう言った経緯で人類は高度な知識を身に付けていったわけか~。

だからシュメール文明は、文明進化の段階を経ずに、いきなり高度な文明を持って出現したってことね!

それにしても、エンキ一派はなんで、人類にそんな肩入れしたのかな?

アスラパット
ワットポーの仏
それはおそらく、自分たちが使ったからじゃないかの~。

人類はエンキと科学者ニンマー、ニンギシュジッダが作り出した、言わば彼らの子供のようなもんじゃからの(汗)

いくら労働力として作ったとしても、少しは肩入れもしたくなると思うぞい!

その後、エンキは人類との間に子供まで作っているしの!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】大洪水が地球を襲う?!惑星二ビルの接近で

画像引用:YouTube

ワットポーの仏
その後、いろいろあったが、全部話すと長くなってしまうから、ちょっと端折って、一気に時代が飛ぶぞい!

地球の金を採掘し、惑星二ビルの危機を回避することができたアヌンナキたちは、その後も地球支配を続けていた!

アヌンナキたちの中にはエンキのように、地球人類と深い関わりを持つ者たちもいた

中には人類との間に子供を作り、子孫を残すアヌンナキもいたようじゃ~!

そんなこんなで地球に暮らしていたアヌンナキたちと人類であったが、ある時、地球に破滅的な大災害をもたらす事件が起こったのじゃ?!

え?!大災害?!

なんで、そんなことになっちゃうのさ?(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
ふむ!

まず惑星二ビルが3600年周期で地球に近づいてくることは話したじゃろ?

実は地球に惑星二ビルが近づいて来ると、二ビルの引力によって、地球に大災害が発生してしまうらしいのじゃ(汗)

そして紀元前13000~20000万年頃・・・

今までもたびたび、惑星二ビルは地球に近づいて来ていたが、今回は各太陽系惑星の周回軌道が、一致してしまったことで、かつてないほど近くまで惑星二ビルが地球に近づいて来てしまったようなのじゃ!(汗)

その結果、今までとは比較にならないくらい大きな大災害が地球にもたらされることになってしまった?!

そのことをいち早く察知したアヌンナキたちは、大災害に備えて二ビル星に帰る者もいた

しかし人類と深い関係を持ってしまった者たちは宇宙船で一旦、地球を離れ、上空で様子を見る者もいたようじゃ!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】大災害の前に残された秘密の箱?!これが聖書に出て来る契約の箱?!

画像引用:Wikimedia Commons

ワットポーの仏
またシュメールの粘土板には災害が起こる少し前に、万が一のことを考えたアヌンナキのエンリルとエンキが、今までのことを書いたタブレットと秘密の道具を黄金の箱にしまい隠しておいたと言う記述もあるそうじゃ!

ゼカリヤ・シッチンによると、これが聖書に出てくる契約の箱だそうじゃぞい!

おお?!契約の箱?!

それって、映画インディージョーンズの「レイダース/失われたアーク」に出てきた箱だよね~?

ホントにあったとしたら、ちょっとわくわくするね(笑)

でもホントにそんなもんあったのかな?

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~、都市伝説界隈では昔からどこかに隠されているはずだ~!とか言われているが、実際にどこにあるのかは誰にも分からないようじゃぞい(汗)

今はどこにあるのかの~?(汗)

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】大災害襲来でめちゃくちゃくになる地球?!

画像引用:YouTube

ワットポーの仏
惑星二ビルが地球に大接近したことにより、地上では噴火が相次ぎ、地表にマグマが流れ出たそうじゃ!

その熱の影響で南極の氷が溶けてしまい、大洪水も発生したらしい?!(汗)

これが聖書や、その他、世界各地の神話や伝承に残る洪水伝説だと言うことのようじゃ!

この時、アヌンナキの王であるアヌと地球支配の司令官だったエンリルは、地球の人類を滅ぼそうとしていたようじゃ(汗)

おいおい?!

今まで散々、こき使ってたくせにここに来て、人類見捨てちゃうのかよ?!(汗)

アヌンナキってば、酷すぎるな(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃの~(汗)

しかしそんな酷いアヌンナキたちの中にも人類を助けようとする者もいたぞい!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】人類救済を試みるアヌンナキのエンキ?!聖書のノアはアヌンナキの付き人だった?!

画像引用:Wikimedia Commons

ワットポーの仏
アヌンナキの中で人類を救済しようとしていた者は、今までもたびたび人類に肩入れしてきたエンキと科学者ニンマー、そしてニンギシュジッダたちだったそうじゃ!
おお~!

やっぱり自分で作り上げて、文明の礎になる知識まで授けた人類を見捨てることができなかったわけだね~!

アスラパット
ワットポーの仏
そうかも知れんの~!

どうやらシュメール遺跡に残された記録によれば、エンキは自分の忠実な付き人であったデュースダラと言う地球人類に船を作るように伝え、設計図を渡したそうじゃ!

その後、南極の氷が溶け始め大洪水が発生し、地球上の人類や動物たちの多くが死んでしまったようじゃ!

しかしデュースダラが作った船に乗っていた数人のアヌンナキたちとデュースダラの家族、そして可能な限り載せることができた動物たちは難を逃れて、助かったようじゃ!

あれ?

それってどっかで聞いたような話だけど、もしかして聖書のノアの箱船の話か~?!

アスラパット
ワットポーの仏
どうやらそのようじゃぞ!

つまりエンキに船を作るように言われた、付き人のデュースダラが聖書のノアだそうじゃ!

こうしてデュースダラの船に乗っていた者たちは、助かったわけだが、この大洪水にほとんどの人類と、それまでに築かれた文明は壊滅してしまったらしい。

だがデュースダラたち以外にも、少数の人類や生き物は生き残ることができたようじゃがの!

ちなみに、この洪水でアトランティス大陸に築かれていた文明も消えてしまったそうじゃ~(汗)

画像引用:YouTube

 

ワットポーの仏
一説にはアトランティス大陸の文明は、アヌンナキたちから独立し、最盛期にはアヌンナキをしのぐ勢いがあったとも言われている

そう言ったこともあって、アヌンナキの王アヌやエンリルたちは、人類を滅ぼそうとしたのかも知れないの~(汗)

アトランティス大陸か(汗)

それすらも都市伝説なのに、なんだかアヌンナキ人類起源説は、いろんなものにリンクしてて、かなり壮大な感じになってきたね~(汗)

アスラパット

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】その後の文明につながるアヌンナキの人類復興プロジェクト?!

ワットポーの仏
そうじゃの(汗)

かなり壮大な感じになって来たの(汗)

それじゃ~!続きいくぞい!

人類に救いの手を差し伸べたエンキたちは、その後、エンリルに怒られてしまった

しかし良く考えて見れば、少数の人類が生き残ったことで、今後もアヌンナキたちが地球で活動できることと、人類がこの先、自分たちで文明を築き、働くようになれば、アヌンナキたちとも良い関係が築けるかも知れないと思うようになったそうじゃ!

そしてアヌンナキたちは、人類を復興させる計画を立てたようじゃ!

このアヌンナキたちの助けがなければ、人類が復興するまでには、何億年も掛かってしまったかも知れないとも言われているぞい!

自分たちにたて突く人類勢力がいなくなって、少しアヌンナキのエンリルも考えが柔軟になったってことかな?

とりあえず復活できて良かったね(汗)

アスラパット
ワットポーの仏
そうじゃな~(汗)

ちなみにこの人類復興計画では、4つの地域に文明を作り復興させることにしたようじゃ!

その地域が・・・

・メソポタミア

・エジプト

・インド

・シナイ半島

だそうじゃ!

なんか見事にその後に文明が発生した地域ばかりだね(汗)

それってつまり~?

アスラパット
ワットポーの仏
うむ!そうかも知れないの~!

それからのちの歴史で現在に繋がると言うわけじゃな!

ちなみにアヌンナキたちは、金採掘の目的はこの時点でとっくの昔に達成していたようじゃ~。

そして、ある程度、人類復興のめどが立ったあとは、惑星二ビルに引き上げていったようじゃぞい!

ただ一説には地球人類に介入することはしなくなったが、今でも何らかの形で監視はしていると言う話もあったの~!

まあその辺のことは、どうだかわからんが中にはプレアデス星人やシリウス星人という宇宙人まで巻き込んで、銀河系惑星の間で地球に関する協定が結ばれたと言う話もあった(汗)

まあほとんどが完璧に都市伝説だから、信じるか信じないかは人それぞれだがの!

【都市伝説アヌンナキ人類紀元説】人類とアヌンナキの歴史とは?!【3】:あとがき

これがアヌンナキ人類起源説か~!

いやあ~、だいぶ長かったけど、ようやく終わったね~(笑)

まあこの都市伝説を

「信じるか信じないかはあなた次第です!」

と言った感じだけど、なかなか面白かったよ(笑)

アスラパット
ワットポーの仏
読者のみんなはどうじゃったかの?

楽しんでもらえたかの?

これからもどんどん、面白い都市伝説ネタを書いていくよ~!

だから!次回も絶対、見に来てくれよな!

アスラパット
ワットポーの仏
記事が気に入ってくれたら、ツイッターなどのSNSでシェアとフォローよろしくの~!
ハヌマーン
ブログランキングにも参加中ですじゃ!

↓良ければポチッとお願いしますぞ!


オカルトランキング

↓↓↓ オススメ記事! ↓↓↓

【都市伝説】死の病ガンの治療法が発見されていたのに抹殺された?!【前編】

【進化論の否定】え?ダーウィン進化論は間違ってるってホント?!1

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

はじめまして。 当ブログへようこそ♪ このブログでは、おもに宇宙・仏教の教え・都市伝説・オカルト・歴史、不定期でタイ旅行の情報などの記事を書いています。 どれも著者が好きなものです。 割とあまのじゃくなので、普通じゃない何かをやってやろうと必死こいてますが結局、空回りしてあさっての方向に行きがちです。 あさっての方向には、何があるのかはわかりませんが、進んだ先に行き着く場所が気になる方の為に、このブログは存在しているのかも知れません。 予想ではきっと、素晴らしいあさっての世界が待ち受けているはずです。 さあ、ご一緒にあなたもあさっての世界にまいりましょう。

-オカルト・都市伝説, 人類進化の鍵はアヌンナキ?!謎に満ちたシュメール文明
-, , ,

Copyright© Yuki life blog♪ , 2020 All Rights Reserved.